« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

鯉の神流町下見紀行

「ねぇ、鯉のぼりを見に行ってみない?」とゴールデンウイークの神流町へドライブに誘ってみる。ちょこっと山登りも含めて・・・。

以下、自分用のメモの領域・記録上、主観を含みマス pencil

Kanna_2012koi_035

              

◆塚山下見

藤岡市(旧鬼石町)の神流湖最後の「太田部橋」から対岸の埼玉県秩父市(旧吉田)と神川町の境あたりに渡る。

Kanna_2012koi_021Kanna_2012koi_020

近くには「塚山」の登山口があるはずで、西の湖畔公園ではなかったが便所がきれい。

Kanna_2012koi_008Kanna_2012koi_001

東から吉田太田部の標高が高い集落にお邪魔する・・・と、そこにはたくさんの人家と小学校(分校)もあり、かつては賑わったであろう集落にノスタルジー想う。

Kanna_2012koi_025Kanna_2012koi_027

しかし、結局、ココという登山口は判明せず目星だけつけて戻る・・・尋ねようものにも、坂の手前の公園で住民総出でお花見会をしていて、実にのどかなところだった。

ちなみに、ココ(厳密には楢原地区)は、かつてNHKの放送で話題となったムツ婆さんが暮らした地として結構有名(らしい)。ご存知?

      

◆ドーンと鯉が泳ぐ鯉のぼり祭り会場へ

次に、鯉のぼり祭りで賑わうコイコイへ。観光協会に挨拶して例の「山マップ」の追加分をもらい、河川敷の特設会場を散策、知り合いにご挨拶も忘れずに・・・

幸せそうな家族連れ、普通の人々・・・いつもとはまた違う雰囲気に、正直「アウェイ」感も否めず、早々に撤収する自分。目当ては鯉のぼりではなかったのか!

Kanna_2012koi_030Kanna_2012koi_033Kanna_2012koi_034

※鯉のぼり祭りは残り5月3・4・5・6日とイベント目白押し、特にお子様にもオススメ!

第30回記念鯉のぼり祭り 開催プログラム PDF

しかも、鯉のぼり降納は5月13日なのでたっぷり楽しめそう!

 

◆桜満開の持倉集落

実は車では一度も行ったことがない「持倉」にようらく釣堀の道を上る。途中の車道も新緑やツツジ・山桜・アカヤシオの花々がとてもきれいだった。

持倉で満開の桜と芝桜を拝んでから、林道を西に抜ける(通行車両は一台も会わず)。

Kanna_2012koi_042Kanna_2012koi_044Kanna_2012koi_047 

                

◆サスの峰下見

林道途中から、「サスの峰」登山口を慎重に探って発見・・・

旧中里地区周辺はこうした林道もかなり整備されていることを知るも、人通りが極端に少ないので完全に獣地域と思え、ここの山は一人ではやめておこうとメモ・・・。

Kanna_2012koi_049Kanna_2012koi_050Kanna_2012koi_051Kanna_2012koi_055 

               

◆城山・栗原山

一旦国道まで下ってから、旧中里役場先から右に林道に入り、東福寺隧道(トンネル)から「城山」下見・・・

横田氏の『群馬300山』ではココの唐沢橋からの入山記録があるが、このルートは完全にヤブのようなので別が良さそう

Kanna_2012koi_056Kanna_2012koi_058

林道で標高をあげて、ついでに「栗原山」登山口も下見・・・

Kanna_2012koi_062Kanna_2012koi_063

        

◆10日前に続いての夜叉山

その後「瓔珞(ようらく)橋」に駐車して、躊躇する相方を巧みに口説いて夜叉山へ。

アカヤシオは前回4/20からの間でかなり散ってしまった様子。元々今年はあまり咲いていないという。

【参考】 花の夜叉山(神流町) 2012.04.20

Kanna_2012koi_081Kanna_2012koi_082Kanna_2012koi_091 

アブナイ・コワイ・ヤメテクレ(ダマサレタ)・・・と少々大げさに大声で盛り上がっているところへ、珍しく後続のハイカーが6人も来た。

東の展望台にも寄る予定は時間があまりないのと、上からの落石情報を聞いてビビリ、今日はやめにする。

Kanna_2012koi_087Kanna_2012koi_099

            

◆南小太郎山登山口と小豆の滝

林道をさらに進んで「南小太郎山」登山口下見・・・瓔珞橋から登ってぐるり周回して下山するとココに出る(らしい)。林道歩きもそこそこ距離ありそう。

この辺の山も細かな標識があるので注意していけば何とかなりそう。

Kanna_2012koi_104

その後、なかなか迫力ある「小豆の滝」往復25分、ここは雰囲気がよくて人もまずいないのでいいところ。大きな熊鈴を二つ持参して入渓。

Kanna_2012koi_106Kanna_2012koi_113

10日前より新緑が進んでいて、水量も増えている印象。(※写真左下に人がいるので落差の迫力が伝わる?)

Kanna_2012koi_134

滝つぼの手前を簡単に横断できて、少し上まで上がれそう。

Kanna_2012koi_139Kanna_2012koi_153

縦の写真で一枚。見上げると迫力ある。

Kanna_2012koi_129_2

水辺でいろんな花が咲いていてきれい。名前は自信ないので省略。ニリンソウでしょ?

Kanna_2012koi_110Kanna_2012koi_111Kanna_2012koi_013

            

◆冬期閉鎖解除したみかぼスーパー林道

冬期閉鎖は解除したが、下仁田の崩落箇所の復旧は未定・・・そして、塩の沢峠旧道にて「桧沢岳」下見して、帰路に着く・・・。一日、完璧な下見が出来た。Thank You!

Kanna_2012koi_165

      

<おまけ>

高崎で放置してもらい、昨日に続いて帰宅ラン15km・・・。最近、5月13日(日)の「仮装マラソン」のために、重い腰をあげて、半月限定のロード練習に入っている。

しかし、今日は朝からお米を食べていなかったせいか、途中で完全にスタミナ切れ、コンビニでおにぎりほか補給できて事なきを得たが、危うく、となりのすき屋で牛丼するところだった・・・全然ダメダメ。

      

----------------------

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (2)
|

2012年4月24日 (火)

☆カモシカの根本山

日曜日の七峰縦走のダメージが抜けないまま、平日休みの火曜日・・・。

42km歩いたせいか足がボロボロで、おまけに「競歩」による股関節後遺症なのか、ぎっくり腰風にもなってしまい、お気に入りの「ハリックスEX」で処置している始末。

【参考】 湿布の良し悪し 2010.05.27

           

日頃からお世話になっているお友達との約束を守るべく、熱血おじさんと水入らずで桐生市山奥の根本山へ疲労抜き登山に行く。

去年のGWに初めて行ったらアカヤシオが見事で虜になった。今日はどうか?早いだろ?

今日は空いている駐車場。ストレッチ中に都心の旅行社パーティが到着して、挨拶を交わす。

そして、「JAF公認ラリー『カーボンオフセットラリー』」とは何ぞや?深夜に何がおこなわれるというのだ? 興味津々。

Nemoto_kumataka2012_001Nemoto_kumataka2012_007 

林道ゲート脇の岩から入山、昨日までの雨で増水している根本沢コースを幾度となく渡渉する。

Nemoto_kumataka2012_014Nemoto_kumataka2012_020

と、入山10分で斜面に出たところで向こうの岩から視線を感じるゾ・・・・・・・

キ、キタ?キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! こういう2ちゃんねる的顔文字は軽蔑するので使いたくはないのですがね・・・この時の気持ちはまさにこんな感じだったので・・・

Nemoto_kumataka2012_023Nemoto_kumataka2012_025Nemoto_kumataka2012_026

草木を食む様子が実にかわいいし、このカモシカ、ちょっと太り気味でまん丸い。背中に乗ってしまいたい衝動・・・。カワイイ heart04

Nemoto_kumataka2012_028_2Nemoto_kumataka2012_032Nemoto_kumataka2012_031

見物ポイントを移動しながら、5分くらいカモシカの様子を眺める。口笛を吹くと耳がピクンと動くのでかわいすぎる。角が1本ない? しかし、コイツよく食うなぁ~。

Nemoto_kumataka2012_034Nemoto_kumataka2012_038

<カモシカ目撃ネタで盛り上がったところで・・・以下、足早に根本沢コース紹介>

右岸左岸・右左へと渡渉を繰り返すが、流されるほど危険な箇所はない。

Nemoto_kumataka2012_043Nemoto_kumataka2012_045

傾斜のきつい斜面の横断は落ち葉で滑りやすいので滑落に気をつける。

Nemoto_kumataka2012_049Nemoto_kumataka2012_064

道標・赤テープ・信仰者の印とかあるのでそれほど迷うコースではない。

Nemoto_kumataka2012_052Nemoto_kumataka2012_071Nemoto_kumataka2012_074Nemoto_kumataka2012_059

まずは目標の奥の院へ。ハシゴ・鎖を経て向かう。崩れそうな建造物だが、昔から人々に親しまれてきたことの証が多数あり。厳かに鐘をつく。

Nemoto_kumataka2012_085Nemoto_kumataka2012_095      

滑りやすい鎖場を10本近くパスして、稜線へ到着。そこから先、根本山頂へはもう一分張り。

Nemoto_kumataka2012_105Nemoto_kumataka2012_102      

駐車場から2時間で山頂へ・・・。東京からの旅行社パーティの方々と情報交換してからそのまま熊鷹山へ向かう。

Nemoto_kumataka2012_115

稜線では昨年も気になった木々の標識が気になって仕方ない。今年は白いビニール紐でぐるぐる巻きにする方策だ。これは林業か何かの目印なのか?不明。

それにしても、新手の新興宗教風なビニルテープは奇奇怪怪・・・一巻き二巻きでなく。ここまで巻く理由を知りたいな。

Nemoto_kumataka2012_117Nemoto_kumataka2012_119Nemoto_kumataka2012_122   

緩やかな稜線はトレラン練習に最適。熱血おじさんも思わず駆け出し、疲労蓄積の自分はついていけない・・・(以後、終点までおじさんペース)

Nemoto_kumataka2012_130Nemoto_kumataka2012_124Nemoto_kumataka2012_127Nemoto_kumataka2012_134 

熊鷹山山頂は開けていて見晴台で休憩。日光方面は男体山・日光白根山・錫ヶ岳(今年こそ登りたい)、皇海山・袈裟丸山、西には遠く心のふるさと赤城山がやや霞んで見える。

どうしても足が疲れてまいる。

Nemoto_kumataka2012_135Nemoto_kumataka2012_154Nemoto_kumataka2012_141Nemoto_kumataka2012_144 

当初計画では中尾根コースから下ることも考えていたが、時間が結構あるので、お初の丸岩岳に向かうことにする。下山路はこの時点では未定、熊鷹山鞍部まで戻り林道に下るか・・・。

この微妙な地図、なかなか的を射ている。

Nemoto_kumataka2012_161Nemoto_kumataka2012_159Nemoto_kumataka2012_160 

熱血おじさんのハイペース(ハイテンション)にまたもついて行けず・・・おじさんを制止してトレランを教えたりしてごまかしながらあっという間に丸岩岳。

Nemoto_kumataka2012_165Nemoto_kumataka2012_168

丸岩からの下山は、西斜面に見えた(気がする)ダート林道を予測して見事に下り、旧道に出る。栃木側には行ってしまわないように・・・。

根本山がよく見え、その手前が大規模な伐採の跡。

Nemoto_kumataka2012_180Nemoto_kumataka2012_181

その後、熊鷹山下で再び旅行社パーティさん達と情報交換して、林道を激走する。山慣れた女性ガイドさんと都会のハイカーさん12名・・・ほのぼのといい雰囲気でお疲れ様でした。

Nemoto_kumataka2012_183Nemoto_kumataka2012_185

林道にて、デカイ落石は二人で押したら若干動いたが谷に落とすわけには行かない。そして、相変わらずのビニールテープ。

Nemoto_kumataka2012_189Nemoto_kumataka2012_190

林道をテクテク歩いたり走ったりして興味を持ったのは「森林伐採事業」で、結構な斜面を大規模に倒している。

Nemoto_kumataka2012_193Nemoto_kumataka2012_194Nemoto_kumataka2012_196Nemoto_kumataka2012_197

この状況、お片づけできない子どものように倒しっぱなしで・・・これ、切り出すのは相当大変だろう、自分なら嫌になってしまうな。※もちろん、計画的な切り出しでしょうが。

Nemoto_kumataka2012_201    

と、麓まで来た地点の斜面で・・・

マタモ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! こういう2ちゃんねる的顔文字は軽蔑するので使いたくはないのですが・・・この日2頭目のカモシカは至近距離・・・

Nemoto_kumataka2012_219

先行の熱血おじさんは素通り、自分は「いかにも」な谷から視線を感じて彼らを見つける技が見について・・・やはり自分は沢を見る目がある思う。

見た目はこんな感じ(左)と、「何か用かい?」とアップで(右) 

Nemoto_kumataka2012_218Nemoto_kumataka2012_224 

その後は5分で駐車場に戻る。結局、途中で見かけたアカヤシオは一枝のみ。中コースは通っていないので不明だが、まだあと10日、連休末くらいでも十分楽しめそうな気がする。※推測の域

Nemoto_kumataka2012_227Nemoto_kumataka2012_232

<所要時間> ペースに個人差あり参考にならず 特に沢コース

駐車場10:20→根本沢コース入り口10:25→石段ハシゴ・奥の院の鐘つき12:05→鎖場数回→稜線→根本山頂12:45~55→十二神社→熊鷹山13:25~30→丸岩岳14:00→林道→駐車場15:10

<コース図>

<振り返り>

①根本沢コースは沢の高巻きとか岩肌とか上部は鎖もあり、普通に考えて、やはり上りに使うのが無難だと感じる

②根本沢は沢筋独特の雰囲気がいい。

③カモシカはとにかく可愛かった。

④去年今年と新緑前のアカヤシオ見物、次は紅葉期に来てみたいところ。

【参考】 昨年、ピンク色満開の根本山 2011.05.04

⑤気になって調べた「カーボンオフセットラリー」はなかなか奥が深い自動車競技らしい・・・思いっきり深夜の林道走行だ。コースは林道3本のタイムトライアル?

公式HPとルート図 http://www.n-mosco.com/co2off/

要項 http://www.n-mosco.com/co2off/pdffile/rally_guide_1_12.pdf

⑥七峰縦走ハイキング後、ダメージ後の「軽く疲労抜き」と位置づけた割りにはハードな登山となったが、マジで「疲労抜き」になった気がする・・・もうけたぞ、自分!!

          

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009,9)

                

| | コメント (0)
|

2012年4月23日 (月)

修験者的映像特集!

あらあら・・・「七峰縦走」のワードでのブログ訪問者が急増している。

昨日は山楽走Tシャツ着て派手にPRして来たつもりが、ハイカーさんに紛れては結構浮いていたし、「あのオトコ(存在が)迷惑ね、通報しましょ」なんて・・・ブログ炎上しないかしら心配。

で、そんな時は初心に返って荒行系のハイビジョン映像を楽しむべし。テレビは基本的に見ないので、山系番組をHDD録画でまとめて保存だ。

---                

◆NHK-BSプレミアム 「BSプレミアムアーカイブス」

「羽黒修験 秋の峰 〜死と再生の九日間〜」 2004年放送

4月25日(水)午前9時00分〜11時00分

再放送 4月26日(木)午前1時30分〜  

※この日の前半の部は田舎相撲系の別番組構成みたい

Nhk

山形県出羽三山には古くから羽黒修験と呼ばれる修験道が残っている。その最大の行が秋の峰。修験者は死から再生を体験することで悟りを開いていく。修行は他言無用とされ数々の秘儀が伝えられてきた。とりわけ「紫燈護摩」や「南蛮いぶし」は秘中の秘とされ、これまで公開されることはなかった。修験者が死から修行を通し徐々に悟りを開き再生していくまでの9日間を、秘儀の様子も紹介しながら羽黒修験の世界を描く。

---

                
この番組そのものは見たことがないのでオススメ度は未知数だが、以前に同じNHKで見た大峰山の奥駆け行は急峻な岩場を駆け巡るとんでもない映像だった。

また、BS 「熱中人」の修験者先生はやはり出羽三山で修行していて、修験者の下り方の極意はなかなか参考になった。(両手を上に上げてバランスをとりながらホイホイ下る) 

修験者から多くのことを学び、己も心身ともに成長しましょう、そうしましょう。

        

<おまけ>

それはそうと、今朝のナベツネ新聞群馬版ご覧になりましたか?「鏑木毅さん」一面(地方版)トップですよ。

トレイルラン 国内第一人者 鏑木毅さん 43

「でこぼこ道 人生と同じ」

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/feature/maebashi1335107341018_02/news/20120423-OYT8T00043.htm

※上のリンクはしばらくするとリンク切る模様 印刷か保存がベスト         

地元誌、北関東新聞(違う・・・上毛新聞)でのトレイルランニング情報が最近増えていると思ったら、いよいよ読売もです。

3月から本誌で連載している『時代の証言者』「三浦雄一郎」も20回を越えて大詰めで核心を突いてきたゾ。ナイス、ナベツネ新聞!

【参考】 三浦雄一郎に学ぶ

           

                 

| | コメント (0)
|

2012年4月22日 (日)

外秩父七峰縦走だ!

外秩父七峰縦走ハイキング大会に初参加(去年は仕事でDNS)。

先月から平日は仕事で遅くてグッタリ・・・

実は、「日曜日は雨確実」の天気予報に正直ニヤリ・・・雨なら不参加の理由ができる、この際、雨でなくても不参加にしちゃおうか・・・  とかなり弱気でいたが、結果的にはありがとう東武鉄道!と感慨深い無料イベントだった。

Nanamine2012_014

睡眠時間3時間で4時半に前橋を出て、5時20分の寄居駅始発の東武東上線にギリギリで駆け込み乗車。駅員さんの計らいに感謝。

後から思えば、これに無理して乗れたことで今日一日がとても充実した日になった。

始発車両も実に満員電車!しかも、小川町駅に着いた途端、ホームを駆ける人々・・・意味がわからず呆然としていたが、スタートの列にいち早く並ぶ人たちの行動だった。ちなみに、池袋方面からの始発より20分近く早いのでスタート順も前になるらしかった。

Nanamine2012_003Nanamine2012_005

二番電車到着のころには行列は商店街の奥にまで数百メートルか?ローソンもファミマも行列の前に店を出す。

Nanamine2012_008Nanamine2012_012

で、6時30分スタートを切り上げて、6時5分過ぎに規制解除され、一斉スタート。受付票を提出してスタンプカード入りの参加賞を手にして三々五々スタート。6:10

先頭陣もさすがに勢いがある。

Nanamine2012_016Nanamine2012_018

里の家々の間を山にむけて進む。いろいろな花が咲いていて遠足気分。走らないこと!

Nanamine2012_021Nanamine2012_023

第1チェックポイント「菅の倉山」の登りに入る。まだまだ序の口の序の口。菅の倉山山頂手前でハイキングコースが左にそれるが、巻き道だろうと解釈してせっかくなんで山頂を踏む。

Nanamine2012_025Nanamine2012_029Nanamine2012_032

そしたら、巻き道ではなくて左への下山ルートで自分は大きく道を外れる・・・。結局、東武竹沢から来たBコースの人々に吸収されて行く手を阻まれる。

チェックポイント到着。7:05

Nanamine2012_035Nanamine2012_036      

次の目的地、東秩父村「和紙の里」まで車道を競歩風に歩いて、その後は林道で標高をあげる。林道の競歩は足に応える感じでまいる。

Nanamine2012_037Nanamine2012_040 

林道の長い登りですっかり疲れたところで、続いて、「笠山」への上りが待ち受ける。といっても、この時点でも自分はコースの概要が頭に入っていないので、正直よく分からないまま進む。だから精神的にも結構辛い。

Nanamine2012_045Nanamine2012_047Nanamine2012_049Nanamine2012_050

道も不案内で力の抜きどころがわからず参っているところへ、小川町の走友会という方と併走させていただき、「笠山だけがきついよ」のアドバイスを受けてその後も話しながらいいペースで進む。ありがたい救世主。

おかげで笠山チェックポイントで「25番くらい」と言われ、初めて結構な位置取りにいることを知る。 9:00

Nanamine2012_056Nanamine2012_057Nanamine2012_062Nanamine2012_064

ガス模様になってきたが、雨でもなく、駆け足ハイキングにはちょうどいい気候。このあたりから白石峠までは人もまばらになり、マイペースで楽しく「歩ける」。やっぱりいいトレーニング日和だ。来てよかったぁ!

Nanamine2012_067Nanamine2012_069

この辺で本日二人目のナンパ、オトコ。朝霞のラン系の方もこの大会常連とのことで、コースの状況を事細かに教えてくれて非常~に助かる。救世主その2。

並走して情報交換していると、うれしいことに笠山から先、「堂平山」「剣が峰」とチェックポイントがコンスタントに続くのでちょっとお得。

「堂平山」 9:24 「剣が峰」 9:30

Nanamine2012_071Nanamine2012_073_2Nanamine2012_075

サイクリストで賑わう白石峠あたりから、途中参加のハイカーが合流して賑わう。下りでペースが落ちるので、自分もブレーキを欠けて下るが、その時に大腿四頭筋(両足)がプルプルでヤバイ・・・。久しぶりの山での疲労にたじろぐ。

Nanamine2012_078Nanamine2012_081

そして、休憩地点 「定峰峠」へ。自転車・バイク・ドライブ・七峰縦走・・・なんでもありの名所で賑わう。車に轢かれそうになる。

便所休憩して軽くおにぎり食べて、飲料500ML購入してすぐリスタート。すごい数のハイカが合流。この峠は二年目参加の人の名所らしかった。

Nanamine2012_084Nanamine2012_089Nanamine2012_098Nanamine2012_091

もう半分は過ぎているハズ・・・霧で展望がないので方角が曖昧になってしまい、いつの間にか逆Uの字に北に向かって戻っている様子。

この区間では秩父の常連さんと並走して情報交換・・・トレイルランニング大会とは一味も二味もちがうこの大ハイキング大会の醍醐味を知る。

ハイカーで賑わう大霧山チェックポイント。10:53 確か7番くらいと聞かされる。 

Nanamine2012_105Nanamine2012_103

ここまで来れば先はもう見えている、と今日並走した方々が口を揃えていっていた。適度のアップダウン(ダウン中心)を繰り返していくと、急に開けてそこは牧場。

おまけに朝霞のラン系の方が追いついてきた!去年の自己タイムを手に追い込みながら走る・・・さすが。

モーモーハウスでソフトクリーム食べたいが、腹が下ると困るのでやめる。

Nanamine2012_110Nanamine2012_117Nanamine2012_115Nanamine2012_119 

この先のロードでウルトラ系のランナー氏と並走する。笠山から10km以上抜きつ抜かれつしてきて、話を聞いてみると御年68歳ときき、二度びっくり。

ウルトラではなくてマラソン中心というが、登りロードで離され、下りで追いつきを繰り返し、皇鈴山まで頑張る。 皇鈴山 11:47

Nanamine2012_121Nanamine2012_124Nanamine2012_125Nanamine2012_126      

いよいよ、チェックはあと一つ、登谷山のみ。その先の釜伏神社から先はロード10KM弱の下りだといろんな方から聞いてきた。よし。

依然として先をいくマラソン系のおじさん。タフ。 登谷山12:03

Nanamine2012_129Nanamine2012_132Nanamine2012_137Nanamine2012_139

いよいよ、「お楽しみ」という「日本水(やまとみず)の接待」エイドに到着。ここで頂いたなら漬けが麹?が効いていてとても美味しかった。

Nanamine2012_143Nanamine2012_144

残りの下り、なるべく調子よく進む。ロードの下り坂でトレランシューズのソール磨耗が気になるが、この際そんなこと言ってらんない。

途中の峠から参加されているハイカーさんの激励を受けながらもう少し頑張ってゴールの鉢形城跡を目指す。

Nanamine2012_149Nanamine2012_153

と、なんと、コースは城跡を素通り・・・今年のゴールはもっと先みたいだ!

で、荒川の橋を渡って、右に進んで、最後は酒造会社の庭にゴール。競技ではないので意外とあっけないゴールだった。ゴールは再び追い上げてきた朝霞のラン系の方と同着だった。並走ありがとうございました。

Nanamine2012_158Nanamine2012_159Nanamine2012_160Nanamine2012_161      

<所要時間> ※時刻 ※次回出走の参考にしたい

小川町駅6:10→菅の倉山→7:05→笠山9:00→堂平山9:23→剣が峰9:30→大霧山10:54→皇鈴山11:47→登谷山12:03み→ゴール13:05

Nanamine2012_162          

<成績> ※大ハイキング大会であって競争ではないが・・・

小川町駅発一日完歩の部、7位入賞 !びっくり

→ほぼ公式/ただし競技ではないのでそんな賞はない。ただ、参加定員が7000名で、あちこちの登山口から集まるから全体人数不明だが、仕事疲れ・寝不足にしては上出来の結果だった。

<振り返り>

①ちなみに、無茶な「ハイキング」をしたわけではありません。ゴミも結構拾ったし、多少の「駆け」は人様の迷惑にならないようにしまシタ。

②途中、併走した数名のオトコの方々に助けられ、とてもいいペースを保つことが出来た。この点もトレイルランニングを始めたころの初心に通ずるものがあり、新鮮だった。

③42キロのコースは標高はそれほどでもないけどアップダウンがあり、露骨に走れないということで、「競歩」か「急坂ブレーキ風」で行くので、かえって前後の大腿筋にかなり刺激がきていいトレーニングになった。

④冒頭にもあるとおり、雨ならやめよう、雨でなくても見送るか・・・とさえ思っていたが、前夜22時過ぎまでの仕事の疲れはどっかに行った。やはり平日の疲労と休日のじっと休息は別問題。荒行でリフレッシュして発散。

⑤何はともあれ、すべては始発に飛び乗れたおかげでなんとも充実した一日だった。

ありがとう東武鉄道!ボランティアスタッフの皆さんにも感謝!

----------------------    

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

        

| | コメント (4)
|

2012年4月20日 (金)

花の夜叉山(神流町)

一足早くアカヤシオの様子を見に神流町山奥へ向かう。

今日は湯ノ沢トンネル経由、み○ぼスーパー林道(※冬期閉鎖解除は「明日」だった!)を申し訳なく通らせていただき、崩落箇所の状況を確認して、林道で瓔珞橋(ようらく)を目指す。

Ysha_002Ysha_004

下仁田の崩落現場復旧は当分先ですな。ざっくり落ちてしまった道路にはようやくコンクリートを打った状態のまま

Ysha_008Ysha_011Ysha_025Ysha_018 

かなり高地(持倉より奥になる?)の林道があちこちに通り、いにしえの集落跡を見たり、何度か道を間違えながら、途中、「小豆の滝」の看板を見て寄り道・・・

Ysha_021

車から10分程度で到着する小豆の滝はとても素晴らしかった。栗木平からの早滝もとてもいいが、落差があるこちらの滝もかなりの絶景ポイント。

Ysha_031Ysha_034Ysha_053 

新緑や紅葉の時期は遠景で迫力ある写真が撮れそうで、春夏秋冬通いたい所。ただし、後々、観光協会で聞いてみると熊出没がかなり多いらしいから要注意。

真冬は来るまで上がってくるのが相当たいへんで事実上無理なのか?歩き?

Ysha_051

林道を一本間違えて八倉へ下ってしまい、「大杉」を眺めて、再び小豆の滝に戻って「瓔珞(※読めない=「ようらく」らしい)橋」を目指す。

Ysha_060Ysha_064 

瓔珞橋に駐車すると目の前に立派な赤テープ、その先の木々に赤ペンキが多数確認できる。しかし、沢伝いに明確にペイントされた赤印と林間のトレイルは、実際には登山道ではなかった。先入観で沢の傾斜道に進んでしまい、これには猛反省。

30分くらい道迷いの末、何のことはない、上の「神社」を目指すということで、車道脇の昔の林道を通る道があり、しばらくすると天狗の祠到着。

Ysha_068Ysha_069Ysha_077Ysha_080

萱の平では朝からの濃霧が一層濃くなり、時間的にも南小太郎山方面はまたの機会とする。
たまたま見かけた「夜叉山」「アカヤシオきれい」の手書き看板にひかれて夜叉尾根へ。

Ysha_081Ysha_083Ysha_084

これは熊の糞ではないのか?と。

Ysha_086

ここの岩山、標高900Mちょっとだけど、アカヤシオもボチボチ咲いていて、雰囲気もとても素晴らしかった。

Ysha_090Ysha_097Ysha_100_2 

今年は花数は少ないと聞くが、これだけあれば十分十分。きれい。

Ysha_109Ysha_132Ysha_135 

景色はガスで見えないが、左右が切れている岩もあり少し緊張。なかなかの山で予想外の達成感がある。ちょっとビビル。

Ysha_114Ysha_130Ysha_138 

林道から車に戻って中里に下り、コイコイ駐車場で満開の桜を眺めて挨拶して帰路へ・・・。神流町は桜満開、ツツジもほかの花もきれいだった。

Ysha_147Ysha_154

高台からのぞむ中里の町と叶山

Ysha_158

コイコイの桜も満開できれい

Ysha_162Ysha_164

4月22日(日)はいよいよ、鯉のぼりの放流(掲揚)だそうです。マッテマシタ!

<所要時間>

まずはじめに小豆の滝へ 往復+休憩で20分程度 オススメ

瓔珞橋(ようらく)→登山道入り口間違え→萱の平方面登山口13:25→天狗の祠13:40→夜叉山13:55~14:05→林道14:20→瓔珞橋14:35

<貴重な情報>

不肖山系 →「瓔珞橋から赤テープ・ペイント見て先入観で結構な傾斜の沢を突き進んでしまいました・・・登山道でなくて測量か林業かのしるしなんでしょうか?反省しました・・・これだから里山は危険たくさん」

山狸氏→「 赤ペイント(ソフトバンクのマークみたいな)は林業の印です。実は瓔珞橋の右手の藪尾根を適当に登ると、凄まじいアカヤシオ畑の中に突入となります・・・」

やっぱり・・・・知らないことは多い。また一つ勉強になった。ご教授ありがとうございます。

----------------------    

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (1)
|

2012年4月19日 (木)

「壁を乗り越える」ゾ!

冒頭 お花オススメ情報 : 仙人ヶ岳のアカヤシオ 見頃を迎えた様子です!cherryblossom

ttp://akagiyama.lets-sports.net/syoko5/sennin120418/sub3-615.htm

---

気候が暖かくなって、アウトドアスポーツも本番といったところか、上毛新聞でそれ系の情報が多い・・・ナイス eye

「得意の登り飛ばす」 トレイルランニング栗原さん(榛東)

 → 「苦手の登り飛ばせない」(某市民ランナー)からはうらやましい限り

◆「一度の人生挑戦を」 鏑木さん母校で講演 2012.4.18

 → 桐生高校生徒さんに向けて タイトルは「挫折を力に!」

Kaburaki_jomo2_2

本当は許可なく記事転載如何なものか・・と思うがなにとぞご了承ください

<本題>

◆「地域ご意見番」として定期的に記事が掲載されるのが、アドベンチャーレース(AR)・マネジメントに関する田中正人さんの「チームイーストウインド」の方のコラム。

これがまた、自分のような「人生迷える子羊」にはなかなか読み応えのある内容で、毎回、結構心に響く。

銀行の窓口待ち時間に食い入るように読み漁り、相当怪しい・・・ scissors

Tew20120418_2

本当は許可なく記事転載如何なものか・・と思うが、ネットにもあるので載せさせていただきマ

http://www.raijin.com/news/kikaku/opinion2012/opinion20120418.html                      

パタゴニア2012の様子は、みなかみ町のシンポジウムの後の懇親会で田中正人さんから詳しく話を聞く機会を頂いた。

その田中さんのお言葉をお借りして・・・「信頼と自己責任を胸に、目指す方向に一途に進むだけ」を真剣に考えたりする。

人間、他者への転嫁は簡単だが、それでは一向に成長できないのだ。「それはわかっている、でも・・・」 とあれこれ言い訳をする蒼い自分は人生ARなら速攻リタイアか・・・?ハイ。

         

我が家では心に響く「深いい話」を個室(=便○)の壁に貼って無言の情報共有を図る習慣があり、毎度毎度、早速こちらのコラムを張らせていただいた。う~ん・・・。

              

【参考】 

◆前回のオピニオン21記事 「誇りを持てる仕事」 これまた深いい内容!

http://climb100.cocolog-nifty.com/akagi/2012/02/2012-0400.html

            

| | コメント (0)
|

2012年4月17日 (火)

マロンさん☆上毛新聞

マラソン応援好きの知り合いの熱血おじさんから熱いメール(マロンさん情報)heart02 をいただき、ご指示のとおり 「上毛新聞」(2012/4/17)を開くと・・・

ニヤリ・・・lovely                  

●トレイルランニング国際大会に出場 榛東の栗原さん

http://www.jomo-news.co.jp/news/a/2012/04/17/news05.htm

Kuriharasan_4

5月5日にフランス・エクスレバンで開かれるトレイルランニングの国際大会「ニヴォレ・リバード大会」に、本県から招待選手として栗原孝浩さん(36)=榛東村広馬場=が出場する。同大会に本県選手が招待されるのは昨年の横山忠男さん(前橋市)に続いて2人目。

欧州のレースは初めてという栗原さんは「欧州で自分がどこまで通用するか試したい」と気合十分で練習を続けている。

栗原さんは昨年11月、神流町が行ったトレイルランニング大会「神流マウンテンラン&ウオーク」の、スーパーロングペアクラス(50キロ)に小川壮太さん(34)=山梨県=と組んで出場、見事優勝してともに派遣選手に選ばれた。

ニヴォレ・リバード大会はニヴォレ山とリバード山を結ぶ尾根を伝う51キロのコース。

毎年フランス国内外から約700人がエントリーする同国有数のレースとして知られる。

栗原さんは伊勢崎市出身。農大二高、中央学院大で陸上の長距離選手として活躍、実業団の日野自動車に4年間在籍した。その後自衛官となり、3年ほど前から山道を走るのが好きだったことから本格的にトレイルランニングを始めた。

現在は自宅から近い渋川市の水沢山の登山道を使って、土日を中心に練習を重ねている。海外でのレースは昨年1月の香港以来。「言葉の壁や食べ物の違いなど難しいレースになると思うが、得意の登りで序盤から積極的に飛ばしたい」と決意をみなぎらせた。

本文も写真も転載はいかがなものか・・・と思いますが、上記サイトからの引用ということで元を明らかにしつつ、何卒ご容赦願いたい・・・デス

                                     

これはすごい。上毛新聞社のウェブニュースは当日のピックアップ記事(10くらい)しか載せないから、写真入で堂々とサイトにアップされているのですごい。

おまけに、別刷「スポーツ版」ではなくて、「地域情報版」(まぁ、早い話が見開きで「お悔やみ」の隣ページなんですが・・・) で大きく紹介。なかなか地域性があるとの評価・・・。

ちなみに、トレラン界の「ネ申」(こういうオタク表記は軽蔑するので使いたくないのですが・・・)のようなK様は、UTMB参戦や、観光大使任命の時など、たびたび別刷スポーツ面のトップを飾ることがある。

むむ?ご経歴を拝見すると・・・あれ?同期同級生ではないですか!

おフランス遠征のトップと、タイムが伸びなくて駄々をこねる市民ランナー・・・と雲泥の差、サラブレッドとポニーのような感じですが、同級のよしみで、ここはひとつ、タメ口で激しく応援しましょう、そうしましょう!

                

外国は「アウェイ」だけど、ラフマ本国のフランスはある意味「ホーム」?

ラフマ坊やの激走に期待!やればできる!!ワンツー!

      

【参考】

◆マロンさん 「お!フランス壮行会」 ※決意表明(ほか)あり

http://kuriharatakahiro.blog129.fc2.com/blog-entry-121.html

◆旨い青汁☆グリーンマグマ 山系ENJOY 

http://climb100.cocolog-nifty.com/akagi/2011/11/post-1777.html

Maguma01_2

            

| | コメント (2)
|

2012年4月14日 (土)

シンポジウム資料だ

某酒豪女史 : 「山系さん、この間のみかなみの話を詳しく聞かせてくださいよ」

山系 : 「内容が濃すぎて語るに語れないカタルシス・・・詳しくは資料で学習してみてください。お酒の話も語れません」 と先日神流ではごまかしてスミマセン scissors

---

3月22日(木)にみなかみ町で開催された「スノーカントリーカフェ2012」の講演資料が公開された。 

当日はとても興味深い資料が上映されていたが、字が細かく、手もとの配布資料も少なかったので、ネットに掲載されることを聞いて心待ちにしていた。

(翌々日24日にはアップされていた様子だが、雪国観光圏サイトでも紹介なく?掲載場所を見つけられなかった!なんと!)

Tanigawa201203_117

ちなみに、上毛新聞の報道記事はこちら↓

http://www.raijin.com/news/a/2012/03/24/news06.htm

               

しつこいようですが、今回の真面目なシンポジウム、                                    

 一体、「ロングトレイル」とはなんぞや?・・・・・

 山村を何とか「地域活性化」できないものか?・・・・・

 誰でもいいから観光客・(旅館の)宿泊客を増やしたい・・・・・

 官民(お役所と住民)の協調 ・・・・・・

 具体的に成功例を聞きたい、課題も知りたい・・・・・

こんなことに関心がある人にとっては、真剣に分析する価値のある、なかなか興味深い資料になっていてオススメ pencil

------------------------

スノーカントリートレイル構想、現状報告  PDF/3.1MB
(雪国観光圏スノーカントリートレイル準備室 田中正人)

山岳観光地におけるロングトレイルの展望  PDF/2.9MB
(国土交通省観光庁スポーツ推進室長 坪田知宏)

中央分水嶺高島トレイル2012  PDF/9.5MB
(高島トレイル 前川正彦)

資料はすべて下記サイトからダウンロードできます

http://snowcountrytrail.jp/infomation/403/

余計なお世話ですが、この手の大量ファイルを印刷する時は「両面」「割付(2ページを1枚に印刷」印刷が便利です。古典的な「いらない紙の裏紙利用」も可。

------------------------

上記お三方ともに、それぞれの観点からの理論的分析がいい感じ。

中でも、「スポーツツーリズム」を掲げる「観光庁」ロゴ付きの細かいスライドも、霞ヶ関お役人さんらしい見地で、「そこまで分析するか」的な統計は読み応えあり希少価値ありではないか。

あれ、中村さんとシェルパ氏のスライドがないじゃない・・・・?

個性豊かなお二人のお話も印象深かったが、レアな写真と楽しいトークが中心のため公開NGかな・・・

                

<おまけ>                      

それともう一つ、同サイトをよく見ると、「ロングトレイルを歩こう!体験スケジュールはこちら」とあるではないか。これだ、これ!

昨年も土合から清水峠越えイベントが盛況だったと聞くし、今年も数回に分けて「ロングトレイルのルート策定・体験ハイク」を企画するとシンポジウムで話があった。

◆スノーカントリートレイル http://snowcountrytrail.jp/

Banner_schedule1

新潟県側のなかなか山深い山地も含まれる魅力的なコース設定。自分のレース予定も考えながら、参加できる会があれば名乗り出てみたい。

ロングトレイル構想で盛り上がる(らしい)新潟県・・・

群馬県も盛り上がっていぎましょう、そうしましょう!! 

               

【参考】

◆ 山系ENJOY みなかみ町を満喫 2012.03.22

◆ 雪国観光圏 http://snow-country.jp/

◆日本ロングトレイル協議会 http://outdoor-ld.jp/lta/

                

         

| | コメント (0)
|

2012年4月12日 (木)

春山日記(下書き中)

うれしいことに、休みの日だけは何故か朝早く目が覚めて、清々しい春山にルンルン登っている・・・ lovely

近日中に公開するので、お先にヤマレコにアップした分からどうぞ・・・pencil

Banner_2 

            

◆その1 4月9日(月) 長野原方面の前から気になる名山へ

カモシカが待つ高ヂョッキ・丸岩 (八ッ場ダム現場を望む)

Mltimg003

◆その2 4月12日(木) 噂に聞きし仙人ヶ岳のアカヤシオ情報

アカヤシオ咲き始めた(足利)仙人ヶ岳・赤雪山 周回

Mltimg0022

     

◆やっぱり横田氏の「群馬300山」が気になる・・・西上州や吾妻の低山も多くとりあげられていて、しばらくは病み付きになりそう。

※ヤブ山・地図読み探索も多く収録されているので、山を選び、くれぐれも気をつけましょう、そうしましょう!

Gunma300

           

| | コメント (0)
|

2012年4月 7日 (土)

★マロンさん壮行会!

4月7日(土)、神流町の父不見山のコース(15キロ)にて行われたマロンさんの壮行会イベントに参加。久しぶりのトレランクリニックで吸収することも多かった!

コイコイアイランド会館の2階でオリエンテーションと準備体操ならぬ、準備運動

この「運動」が毎度毎度きつくて悶絶・・・wobbly

Soukoukai_011_2

出走前からすでに足腰をピクピクさせながら、父不見山へ向かって和気藹々に駆ける30名の参加者。トレイルランニングの「クリニック」は敷居が低くてすぐに打ち解けやすいので楽しいね。

Soukoukai_013

隊列がだんだん長くなり、ペースも結構早いために完全に「各自黙々」と「登山」の色彩が強くなる。「今日のペース結構早くない?」「ついて行けるかしら・・・」の雰囲気?

Soukoukai_015

坂丸の林道出合で期待通りスペシャルエイド登場。世話人は元気な山女系のお嬢さんと坊ちゃんたち。役場の方にも大変お世話になりました!

Soukoukai_021_2Soukoukai_022_2

さらに頑張って鉄塔コースをガンガン進む参加者御一行。心配された雪もなく、振り返ると赤久縄山~第一鉄塔(ミドル合流点)~オドケ山~西みかぼ山、手前に白石山・千軒山とかがきれい。

Soukoukai_023

長久保の頭手前でお待ちかねのクリニック開始。上りのコツを掴むべく、マロンさんほか早い人たちの見事な走りから学ぶことは多い。

Soukoukai_026Soukoukai_027   

そして、父不見山で休憩の後、再びクリニック(下り編)をして、後は残り7キロくらいを各自ガッツリ駆け抜ける。

Soukoukai_031Soukoukai_035

生利大橋を渡り、神流町の中心市街地を凱旋して、おじさんおばちゃんにも励まされながらコイコイに戻る。

Soukoukai_046Soukoukai_048 

コイコイにて締めの整理体操ならぬ「整理運動」にて再び悶絶。とはいえ、ラン前後のストレッチの重要性を感じたこともクリニックの成果の一つかもしれない。

「壮行会」本番=夜の部は情緒ある今井屋旅館にて・・・

Soukoukai_053

<所要時間>

コイコイ集合11:30~12:10→オリエンテーション・準備運動12:15~12:45→対岸のスタート地点12:15→黒田の登山口13:30→坂丸林道エイド13:50→坂丸峠14:10→長久保の頭14:45→父不見山山頂15:00~10→生利大橋16:10→コイコイ16:20

<本題>

第3回神流MR&Wスーパーペア優勝の栗原さんと小川さんの「フランス遠征」を応援しています!(気の効いた応援メッセージが言えずに恐縮です・・・)

マロンさんの宣言どおり「ワンツーフィニッシュ」で欧州勢をアッと言わせて下さい!

Soukoukai_005

現地サイトを乱読してますがどうにもなりません!レース状況の便利なリアルタイム速報なんてないのか?

http://www.nivoletrevard.fr/

Flyer2012

↑昨年のリザルトページにYokoyama Tadao さんのお名前も読み取れるのですが、ゴールタイムさえ判読できません。あ~仏語だけはダメデス。仏語「も」か?

            

<ご参考> ※ぜひこちらもご覧ください!

◆イベントの様子

 → マウンテンランナーマロン トレラン栗ニックin神流

 → 行け行けGOTTI!上州山学掃 in 東みかぼ山 

 → 新月のリズム 神流のいいとこ見ぃ~つけたっ!

                                             

| | コメント (3)
|

ご存知 トレラン王国

トレラン情報満載のお気に入りサイト 『トレラン王国』が熱い!

燃えよトレラン王国 bomb

いつもお世話になりマス

先日公開されたばかりのとあるコーナーで、山歩きを共にしている馴染みの方が紹介されていてとても親しみやすい。

岩壁の母・氷壁のママ・・・だ snow

小柄な容姿からはとてもとても感じられないほどストイックな練習姿勢には脱帽、とにかく勉強熱心、そして、大らかで広い心の持ち主・・・

自他共に求める「狭い心の持ち主」の自分と足して二で割りたい(マジ本音です) think

日頃から密かにものすごく刺激をもらいながら、今年も山系レースでのますますのご健闘(表彰台)も応援したい。scissors                  

        

<王国案内=まとめ>

Jjjjj_2

◆燃えよトレラン  ※意外と「見た・聞いたことがある人」が多い

http://www.trailrunning-ohkoku.jp/motivation/

◆トップランナー ※あの有名選手の素顔拝見・・・

http://www.trailrunning-ohkoku.jp/face/

第14回は我らが栗原さん!run

http://www.trailrunning-ohkoku.jp/face/2010/12/14.html

◆レースレポート(三浦半島編) ※桶川師匠・・・・・・sweat01

http://www.trailrunning-ohkoku.jp/race/1103/

◆おすすめブログ

・・・・・

                    

<おまけ>

編集長さんはじめ、「マロンさん」「★上州山楽走★」つながりもあり、実は意外と露出が多いのでサイトは要チェック。

レース会場で黄緑Tシャツ着て声をかけられたら、爽やかにね! happy02

                   

| | コメント (2)
|

2012年4月 4日 (水)

三浦雄一郎に学ぶ

相変わらずトホホな残業の日々・・・

現実逃避型その②、書物を乱読して気分だけ山に浸るゾ book

といっても、お昼休みに食い入るように読みふけるのは先日からナベツネ新聞で連載?されている『時代の証言者』で、最近は「三浦雄一郎」の回をやっている。

今日でちょうど10回になるが、79歳の三浦氏・・・その破天荒ぶりは圧巻だ。

000001_2

↑クリックで大きくなる

新聞記事をネットに転載するのは如何なものか微妙?アウトだと思うが他意はない・・・

幼少から学生時代、就職そしてプロスキーヤーに至るまで、自由奔放に我が道を行く姿は気持ちがいい。信念を曲げない頑なな姿勢、それに探究心はとても79歳という年齢を感じさせない。

いや、その精神が若さを保つ秘訣か sign02

どちらかというと、ややネガティブ系の自分にとっては松岡修造氏とならび憧れの存在でもある。

【参考】 松岡修造に学ぶ!   2012.01.23

       

記事の中で三浦氏は語る

人類は、あの山や海の向こうを見てみたい、空を飛んでみたい、といった冒険心があったからこそ生き延びてきた。

豊かさに安寧を覚え、リスクを恐れて夢を追うことを忘れたら、とうに滅んでいたでしょう。それは現代も同じです。

これから僕がお話しすることで、読まれた方が老若男女、自分も小さな夢に向かい、何かを始めてみようかと、思ってくださったらうれしい。

それが自らだけでなく、次の時代を拓く、一歩にもなると思うからです。

とは氏の弁。

山登りやスキーヤの超人的(○人的)功績はとても真似できないとしても、その心意気だけは見習いたい、見習いま しょう、そうしましょう!

 

<おまけ>

①80歳近いというのに日常生活でかなりの重さの「手かせ」「足かせ」(=ウエイト)を身につけて暮らしているという話は有名・・・。

②三浦雄一郎氏を読んで、すぐに頭をよぎるのはやっぱりこの方も・・・

Enjoytoremi06 激走モンブランDVD .

K様は「当たり前のことをやってたら、当たり前の成果しか出てこないから」と言ってマス。とても深い一言です。○人か・・・?

③読売の記事連載始まって以降、ネット(ツイッター・フェイスブック含む)でも三浦雄一郎関連で「刺激を受けた」「尊敬している」旨の書き込みが結構多い。

世の中にはそれだけ影響を受けている人が多い(らしい)。

④内々の話、日頃お世話になっている我が友の"熱血おじさん"(上州山楽走/応援部)も白髪でアグレッシブで妙なハイテンションぶりは三浦雄一郎氏に通じるものがあると以前から感じている。

こういう元気なおっさん達が身近にいると人生が明るくなるね up happy02

それに引き換え、同じ年代でも天下り上司たちときたら・・・ブツブツ、あっ!

いい加減大人になれ、自分!(でも、まだまだ蒼いそんな自分も大好き・・・)

                                 

| | コメント (0)
|

2012年4月 2日 (月)

エントリーの嵐 吹く

4/3 追記

アルパイン鹿沢「夏の陣」・・・6/24(日)、調整かなわず仕事が確定となりましたため、私参戦できません!楽しみにしていただけにとっても残念デス!ガーン shock

---

土曜休み山行(軽い雪遊び)予定は2週連続で雨でお流れ・・・誰だrain

新年度になれば少しは仕事も落ち着くかと思ったらなかなかそうもいかず、家に帰ってぐったりの日々・・・sad

               

で、行き詰った時の現実逃避作戦 開始

朦朧とした意識の中で、久しぶりにエントリーの嵐が吹く・・・typhoon

       

<1>第3回野沢温泉トレイル65K 7/15(日)-16(月)

http://www.salomon-trail.com/nozawaonnsen/

同日開催のおんたけウルトラも魅力ではあるが、自分にとってはタフな野沢も捨てがたい・・・それに、例年はテレビカメラが入るのも気になる。

第1回大会が14時間12分で、去年(第2回)がなんと2時間弱短縮の12時間24分。コースは熟知できていて、コースの短所長所もだいたい判ってきたので、今年はさらに1時間くらい短縮できたら素晴らしい・・・欲張りすぎか? scissors

ところで、今年からは運営会社も変更の様子・・・。

大会として何か目新しい取り組みもあるのか期待もするが、強固たる(?)「前泊必須条件」は相変わらずで、土曜日仕事して素泊まりしなくてはならないのかと思うと正直ちょっと憂鬱になる・・・せめて後泊の利用でも認めてくれないものか懇願したい。

※この辺の主張は「ハングリートレラン愛好家と対峙する前泊必須大会に関する一考察」(仮)で3年前から執筆中

Nozawa2011_348

【参考】 2010年参戦記   2011年参戦記

     

<2>おんたけスカイレース37K 8/26(日)

http://www.powersports.co.jp/osjtrail/12_sky/index.htm

こちらは木曽の御嶽山(おんたけ山)を駆け巡る修験の山、文字通り荒行。

今年で4回目になるが、出るほどに不思議とタイムに繋がらないのは気象条件が大きく左右する所以か?いや、OSJ特有のその年その年のコース変更も一因だったりする。

まぁこれは出走するだけで達成感大きいので今年も参戦したい sweat01

Ontake2010___295

【参考】 2009年参戦記  2010年参戦記  2011年参戦記

            

<3>おまけ とあるショートレース(16K) ¥1,000 

http://www.2012.louisgarneaucup.net/

16キロなんて初めて。御岳山トレイルラン以来かな?八ヶ岳の反対側に位置する避暑地・高原の地、小淵沢は群馬からは意外と遠い?でもそんなの関係ない。 rvcar

         

<4>おさらい

4/22(日) 外秩父七峰縦走ハイキング大会 42K 出走資料受領済み

5/13(日)  安政遠足侍マラソン「峠コース」 29K  ※申し込み済

5/20(日)  とあるショートレース 16K 

6/24(日)  アルパイン鹿沢「夏の陣」 リレー有志求む runrunrunrun

→私は不参加ですが、盛り上がってハッスルしてきてください!

7/15(日)-16(月) 野沢温泉トレイル ※上記

8/26(日)  おんたけスカイレース

9/9(日) 上野原トレイルレース ※検討中 ひさしぶりの初参戦だ

10/未定?

11/3(土) ぐんま県民マラソン ハーフ

11/11(日) 神流マウンテンラン&ウオーク SLP(ペア) 自己記録更新!

               

<おまけ>

出走予定は右フレームの「出場(予定)レース一覧」で随時更新中。

また、これからのレース、ご一緒の際には宜しくお願いします!

夏にかけて、なかなか予定が立たない事情もあるが、まずは趣味も大切に、激しい夏を迎えましょう、そうしましょう!

    

| | コメント (2)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »