« 花の夜叉山(神流町) | トップページ | 修験者的映像特集! »

2012年4月22日 (日)

外秩父七峰縦走だ!

外秩父七峰縦走ハイキング大会に初参加(去年は仕事でDNS)。

先月から平日は仕事で遅くてグッタリ・・・

実は、「日曜日は雨確実」の天気予報に正直ニヤリ・・・雨なら不参加の理由ができる、この際、雨でなくても不参加にしちゃおうか・・・  とかなり弱気でいたが、結果的にはありがとう東武鉄道!と感慨深い無料イベントだった。

Nanamine2012_014

睡眠時間3時間で4時半に前橋を出て、5時20分の寄居駅始発の東武東上線にギリギリで駆け込み乗車。駅員さんの計らいに感謝。

後から思えば、これに無理して乗れたことで今日一日がとても充実した日になった。

始発車両も実に満員電車!しかも、小川町駅に着いた途端、ホームを駆ける人々・・・意味がわからず呆然としていたが、スタートの列にいち早く並ぶ人たちの行動だった。ちなみに、池袋方面からの始発より20分近く早いのでスタート順も前になるらしかった。

Nanamine2012_003Nanamine2012_005

二番電車到着のころには行列は商店街の奥にまで数百メートルか?ローソンもファミマも行列の前に店を出す。

Nanamine2012_008Nanamine2012_012

で、6時30分スタートを切り上げて、6時5分過ぎに規制解除され、一斉スタート。受付票を提出してスタンプカード入りの参加賞を手にして三々五々スタート。6:10

先頭陣もさすがに勢いがある。

Nanamine2012_016Nanamine2012_018

里の家々の間を山にむけて進む。いろいろな花が咲いていて遠足気分。走らないこと!

Nanamine2012_021Nanamine2012_023

第1チェックポイント「菅の倉山」の登りに入る。まだまだ序の口の序の口。菅の倉山山頂手前でハイキングコースが左にそれるが、巻き道だろうと解釈してせっかくなんで山頂を踏む。

Nanamine2012_025Nanamine2012_029Nanamine2012_032

そしたら、巻き道ではなくて左への下山ルートで自分は大きく道を外れる・・・。結局、東武竹沢から来たBコースの人々に吸収されて行く手を阻まれる。

チェックポイント到着。7:05

Nanamine2012_035Nanamine2012_036      

次の目的地、東秩父村「和紙の里」まで車道を競歩風に歩いて、その後は林道で標高をあげる。林道の競歩は足に応える感じでまいる。

Nanamine2012_037Nanamine2012_040 

林道の長い登りですっかり疲れたところで、続いて、「笠山」への上りが待ち受ける。といっても、この時点でも自分はコースの概要が頭に入っていないので、正直よく分からないまま進む。だから精神的にも結構辛い。

Nanamine2012_045Nanamine2012_047Nanamine2012_049Nanamine2012_050

道も不案内で力の抜きどころがわからず参っているところへ、小川町の走友会という方と併走させていただき、「笠山だけがきついよ」のアドバイスを受けてその後も話しながらいいペースで進む。ありがたい救世主。

おかげで笠山チェックポイントで「25番くらい」と言われ、初めて結構な位置取りにいることを知る。 9:00

Nanamine2012_056Nanamine2012_057Nanamine2012_062Nanamine2012_064

ガス模様になってきたが、雨でもなく、駆け足ハイキングにはちょうどいい気候。このあたりから白石峠までは人もまばらになり、マイペースで楽しく「歩ける」。やっぱりいいトレーニング日和だ。来てよかったぁ!

Nanamine2012_067Nanamine2012_069

この辺で本日二人目のナンパ、オトコ。朝霞のラン系の方もこの大会常連とのことで、コースの状況を事細かに教えてくれて非常~に助かる。救世主その2。

並走して情報交換していると、うれしいことに笠山から先、「堂平山」「剣が峰」とチェックポイントがコンスタントに続くのでちょっとお得。

「堂平山」 9:24 「剣が峰」 9:30

Nanamine2012_071Nanamine2012_073_2Nanamine2012_075

サイクリストで賑わう白石峠あたりから、途中参加のハイカーが合流して賑わう。下りでペースが落ちるので、自分もブレーキを欠けて下るが、その時に大腿四頭筋(両足)がプルプルでヤバイ・・・。久しぶりの山での疲労にたじろぐ。

Nanamine2012_078Nanamine2012_081

そして、休憩地点 「定峰峠」へ。自転車・バイク・ドライブ・七峰縦走・・・なんでもありの名所で賑わう。車に轢かれそうになる。

便所休憩して軽くおにぎり食べて、飲料500ML購入してすぐリスタート。すごい数のハイカが合流。この峠は二年目参加の人の名所らしかった。

Nanamine2012_084Nanamine2012_089Nanamine2012_098Nanamine2012_091

もう半分は過ぎているハズ・・・霧で展望がないので方角が曖昧になってしまい、いつの間にか逆Uの字に北に向かって戻っている様子。

この区間では秩父の常連さんと並走して情報交換・・・トレイルランニング大会とは一味も二味もちがうこの大ハイキング大会の醍醐味を知る。

ハイカーで賑わう大霧山チェックポイント。10:53 確か7番くらいと聞かされる。 

Nanamine2012_105Nanamine2012_103

ここまで来れば先はもう見えている、と今日並走した方々が口を揃えていっていた。適度のアップダウン(ダウン中心)を繰り返していくと、急に開けてそこは牧場。

おまけに朝霞のラン系の方が追いついてきた!去年の自己タイムを手に追い込みながら走る・・・さすが。

モーモーハウスでソフトクリーム食べたいが、腹が下ると困るのでやめる。

Nanamine2012_110Nanamine2012_117Nanamine2012_115Nanamine2012_119 

この先のロードでウルトラ系のランナー氏と並走する。笠山から10km以上抜きつ抜かれつしてきて、話を聞いてみると御年68歳ときき、二度びっくり。

ウルトラではなくてマラソン中心というが、登りロードで離され、下りで追いつきを繰り返し、皇鈴山まで頑張る。 皇鈴山 11:47

Nanamine2012_121Nanamine2012_124Nanamine2012_125Nanamine2012_126      

いよいよ、チェックはあと一つ、登谷山のみ。その先の釜伏神社から先はロード10KM弱の下りだといろんな方から聞いてきた。よし。

依然として先をいくマラソン系のおじさん。タフ。 登谷山12:03

Nanamine2012_129Nanamine2012_132Nanamine2012_137Nanamine2012_139

いよいよ、「お楽しみ」という「日本水(やまとみず)の接待」エイドに到着。ここで頂いたなら漬けが麹?が効いていてとても美味しかった。

Nanamine2012_143Nanamine2012_144

残りの下り、なるべく調子よく進む。ロードの下り坂でトレランシューズのソール磨耗が気になるが、この際そんなこと言ってらんない。

途中の峠から参加されているハイカーさんの激励を受けながらもう少し頑張ってゴールの鉢形城跡を目指す。

Nanamine2012_149Nanamine2012_153

と、なんと、コースは城跡を素通り・・・今年のゴールはもっと先みたいだ!

で、荒川の橋を渡って、右に進んで、最後は酒造会社の庭にゴール。競技ではないので意外とあっけないゴールだった。ゴールは再び追い上げてきた朝霞のラン系の方と同着だった。並走ありがとうございました。

Nanamine2012_158Nanamine2012_159Nanamine2012_160Nanamine2012_161      

<所要時間> ※時刻 ※次回出走の参考にしたい

小川町駅6:10→菅の倉山→7:05→笠山9:00→堂平山9:23→剣が峰9:30→大霧山10:54→皇鈴山11:47→登谷山12:03み→ゴール13:05

Nanamine2012_162          

<成績> ※大ハイキング大会であって競争ではないが・・・

小川町駅発一日完歩の部、7位入賞 !びっくり

→ほぼ公式/ただし競技ではないのでそんな賞はない。ただ、参加定員が7000名で、あちこちの登山口から集まるから全体人数不明だが、仕事疲れ・寝不足にしては上出来の結果だった。

<振り返り>

①ちなみに、無茶な「ハイキング」をしたわけではありません。ゴミも結構拾ったし、多少の「駆け」は人様の迷惑にならないようにしまシタ。

②途中、併走した数名のオトコの方々に助けられ、とてもいいペースを保つことが出来た。この点もトレイルランニングを始めたころの初心に通ずるものがあり、新鮮だった。

③42キロのコースは標高はそれほどでもないけどアップダウンがあり、露骨に走れないということで、「競歩」か「急坂ブレーキ風」で行くので、かえって前後の大腿筋にかなり刺激がきていいトレーニングになった。

④冒頭にもあるとおり、雨ならやめよう、雨でなくても見送るか・・・とさえ思っていたが、前夜22時過ぎまでの仕事の疲れはどっかに行った。やはり平日の疲労と休日のじっと休息は別問題。荒行でリフレッシュして発散。

⑤何はともあれ、すべては始発に飛び乗れたおかげでなんとも充実した一日だった。

ありがとう東武鉄道!ボランティアスタッフの皆さんにも感謝!

----------------------    

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

        

|
|

« 花の夜叉山(神流町) | トップページ | 修験者的映像特集! »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

ゴール時間からすると雨が降る前に完歩ですね。
やっぱり6時過ぎにスタートできるのは大きいですねー。
自分は6:30スタート組だったんですが、もう渋滞が半端でなく途中うんざりしました(笑)

自分は雨のことを考え、登山靴での参戦でしたが下りがハンパなくきついですね。
次は晴れた日にトレランシューズで行って妙かと思っています。

投稿: bagel_w | 2012年4月23日 (月) 10時15分

>bagel_wさん
お疲れ様でした。知り合いには誰にも会えませんでした、というか途中まではウエア着込んで黙々と「歩き」に徹していました。

自分も雨を意識してゴアテックストレラン靴だったんですが、重くて苦戦でした。

40km超、時間も8時間~10時間以上想定されるだけに、補給としても芍薬甘草湯やメダリストとか、それなりのアイテムを持っていくべきでした。久しぶりに足がボロボロになりましたが心地いいなぁ

投稿: 秩父系ENJOY | 2012年4月24日 (火) 01時41分

お疲れ様でした。ご一緒させていただき、ペースメイクが出来ました。帰宅後直ぐにブログにアップさせるとはランだけでなく、仕事のスピードも速いのでしょうね。私は月曜日から出張でしたが、ブログを拝見して、やっぱり日曜日は楽しかったと思いました。GWは、飯能近辺でトレランと荒川でロードバイクの予定です。また機会がありましたら、ご一緒したいですね。有難うございました。

投稿: 朝霞ラン系 | 2012年4月26日 (木) 08時08分

>朝霞ラン系さん
はじめまして(ではないですね・・・)。お待ちしていました!写真を載せさせていただき感謝です。
同じ位置取りで歩いた七峰常連の方々に支えられてモチベーションアゲアゲで頑張れました。あの時間に鉢形に着けるとは、また来年も挑戦したくなる気持ちもよく分かりました~。

またどこかでお会いできることを楽しみにしています!上州にも遊びに来てくださいマセ。scissors

投稿: 秩父系ENJOY | 2012年4月27日 (金) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の夜叉山(神流町) | トップページ | 修験者的映像特集! »