« ☆カモシカの根本山 | トップページ | 山の番犬 JRO(ジロ) »

2012年4月30日 (月)

鯉の神流町下見紀行

「ねぇ、鯉のぼりを見に行ってみない?」とゴールデンウイークの神流町へドライブに誘ってみる。ちょこっと山登りも含めて・・・。

以下、自分用のメモの領域・記録上、主観を含みマス pencil

Kanna_2012koi_035

              

◆塚山下見

藤岡市(旧鬼石町)の神流湖最後の「太田部橋」から対岸の埼玉県秩父市(旧吉田)と神川町の境あたりに渡る。

Kanna_2012koi_021Kanna_2012koi_020

近くには「塚山」の登山口があるはずで、西の湖畔公園ではなかったが便所がきれい。

Kanna_2012koi_008Kanna_2012koi_001

東から吉田太田部の標高が高い集落にお邪魔する・・・と、そこにはたくさんの人家と小学校(分校)もあり、かつては賑わったであろう集落にノスタルジー想う。

Kanna_2012koi_025Kanna_2012koi_027

しかし、結局、ココという登山口は判明せず目星だけつけて戻る・・・尋ねようものにも、坂の手前の公園で住民総出でお花見会をしていて、実にのどかなところだった。

ちなみに、ココ(厳密には楢原地区)は、かつてNHKの放送で話題となったムツ婆さんが暮らした地として結構有名(らしい)。ご存知?

      

◆ドーンと鯉が泳ぐ鯉のぼり祭り会場へ

次に、鯉のぼり祭りで賑わうコイコイへ。観光協会に挨拶して例の「山マップ」の追加分をもらい、河川敷の特設会場を散策、知り合いにご挨拶も忘れずに・・・

幸せそうな家族連れ、普通の人々・・・いつもとはまた違う雰囲気に、正直「アウェイ」感も否めず、早々に撤収する自分。目当ては鯉のぼりではなかったのか!

Kanna_2012koi_030Kanna_2012koi_033Kanna_2012koi_034

※鯉のぼり祭りは残り5月3・4・5・6日とイベント目白押し、特にお子様にもオススメ!

第30回記念鯉のぼり祭り 開催プログラム PDF

しかも、鯉のぼり降納は5月13日なのでたっぷり楽しめそう!

 

◆桜満開の持倉集落

実は車では一度も行ったことがない「持倉」にようらく釣堀の道を上る。途中の車道も新緑やツツジ・山桜・アカヤシオの花々がとてもきれいだった。

持倉で満開の桜と芝桜を拝んでから、林道を西に抜ける(通行車両は一台も会わず)。

Kanna_2012koi_042Kanna_2012koi_044Kanna_2012koi_047 

                

◆サスの峰下見

林道途中から、「サスの峰」登山口を慎重に探って発見・・・

旧中里地区周辺はこうした林道もかなり整備されていることを知るも、人通りが極端に少ないので完全に獣地域と思え、ここの山は一人ではやめておこうとメモ・・・。

Kanna_2012koi_049Kanna_2012koi_050Kanna_2012koi_051Kanna_2012koi_055 

               

◆城山・栗原山

一旦国道まで下ってから、旧中里役場先から右に林道に入り、東福寺隧道(トンネル)から「城山」下見・・・

横田氏の『群馬300山』ではココの唐沢橋からの入山記録があるが、このルートは完全にヤブのようなので別が良さそう

Kanna_2012koi_056Kanna_2012koi_058

林道で標高をあげて、ついでに「栗原山」登山口も下見・・・

Kanna_2012koi_062Kanna_2012koi_063

        

◆10日前に続いての夜叉山

その後「瓔珞(ようらく)橋」に駐車して、躊躇する相方を巧みに口説いて夜叉山へ。

アカヤシオは前回4/20からの間でかなり散ってしまった様子。元々今年はあまり咲いていないという。

【参考】 花の夜叉山(神流町) 2012.04.20

Kanna_2012koi_081Kanna_2012koi_082Kanna_2012koi_091 

アブナイ・コワイ・ヤメテクレ(ダマサレタ)・・・と少々大げさに大声で盛り上がっているところへ、珍しく後続のハイカーが6人も来た。

東の展望台にも寄る予定は時間があまりないのと、上からの落石情報を聞いてビビリ、今日はやめにする。

Kanna_2012koi_087Kanna_2012koi_099

            

◆南小太郎山登山口と小豆の滝

林道をさらに進んで「南小太郎山」登山口下見・・・瓔珞橋から登ってぐるり周回して下山するとココに出る(らしい)。林道歩きもそこそこ距離ありそう。

この辺の山も細かな標識があるので注意していけば何とかなりそう。

Kanna_2012koi_104

その後、なかなか迫力ある「小豆の滝」往復25分、ここは雰囲気がよくて人もまずいないのでいいところ。大きな熊鈴を二つ持参して入渓。

Kanna_2012koi_106Kanna_2012koi_113

10日前より新緑が進んでいて、水量も増えている印象。(※写真左下に人がいるので落差の迫力が伝わる?)

Kanna_2012koi_134

滝つぼの手前を簡単に横断できて、少し上まで上がれそう。

Kanna_2012koi_139Kanna_2012koi_153

縦の写真で一枚。見上げると迫力ある。

Kanna_2012koi_129_2

水辺でいろんな花が咲いていてきれい。名前は自信ないので省略。ニリンソウでしょ?

Kanna_2012koi_110Kanna_2012koi_111Kanna_2012koi_013

            

◆冬期閉鎖解除したみかぼスーパー林道

冬期閉鎖は解除したが、下仁田の崩落箇所の復旧は未定・・・そして、塩の沢峠旧道にて「桧沢岳」下見して、帰路に着く・・・。一日、完璧な下見が出来た。Thank You!

Kanna_2012koi_165

      

<おまけ>

高崎で放置してもらい、昨日に続いて帰宅ラン15km・・・。最近、5月13日(日)の「仮装マラソン」のために、重い腰をあげて、半月限定のロード練習に入っている。

しかし、今日は朝からお米を食べていなかったせいか、途中で完全にスタミナ切れ、コンビニでおにぎりほか補給できて事なきを得たが、危うく、となりのすき屋で牛丼するところだった・・・全然ダメダメ。

      

----------------------

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« ☆カモシカの根本山 | トップページ | 山の番犬 JRO(ジロ) »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

私も同日神流町訪問です。初神流トレイルランにトライしてきました。私はショートコースを迷いながら・・・だったのですが、途中でお会いしたのは、スーパーロングコースを走ってやはり迷ってしまったというイケメンお兄さん。初めて走るコースは細いトレイルありとどきどきでした。次回はほとんど歩くではなく、ほとんど走るで行ってみたいです。すみません。ただの感想ですね。

投稿: ohisamaaki | 2012年5月 1日 (火) 22時30分

>ohisamaakiさん
コメントありがとうございます!同じ日に神流に行かれていたのですか!町は鯉のぼりで賑わっていましたね~。fish

神流のコースを体験ですね?整備が行き届いていて荒行マニア(自分)には物足りない感じですが、年に何度も練習やリフレッシュに通うにはちょうどいいコースですね・・・happy01
神流町も広いのでコース外の山々もオススメです。花や新緑や滝と盛りだくさん、都会の人には新鮮でしょう。

上州山楽走イベントの地ですから、お時間ありましたら清掃登山など出掛けください!

投稿: 神流系ENJOY | 2012年5月 3日 (木) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆カモシカの根本山 | トップページ | 山の番犬 JRO(ジロ) »