« 雨の赤城山慕情・・・ | トップページ | 野辺山ウルトラ※応援 »

2012年5月16日 (水)

★晩春 尾瀬の番組

基本的にテレビはほとんど見ないのですが・・・録って見る派 tv

山ヤには結構知られている名物番組 『絶景百名山』(BSフジ)で、今週金曜日は晩春の尾瀬至仏山、待ってました sign03

Shibutu2011_2002

↑至仏山イメージ ※写真は番組とは一切関係ありません・・・

◆BSフジ 「絶景百名山」 第18回至仏山

2012年5月18日(金)22:00~22:55

http://www.bsfuji.tv/tabinojikan/hi/zek100_18.html

↑このサイトの番組タイトル「第18回開聞岳」って・・・間違ってますよぉ~

------------------------------------              

◇ 番組サイトから

「夏が来れば思い出す…」と歌われる尾瀬。その象徴に、水芭蕉の群落と、尾瀬ヶ原を挟んでどっしり構える二つの百名山がある。ひとつは福島県側の燧岳(ひうちだけ)。そしてもう一つが今回ご紹介する群馬県側の至仏山(2228メートル)。花々に癒されながら木道をゆったり歩くイメージの尾瀬だが、それは夏。今回は、道路が開通し、至仏山が植生保護のため登山禁止となるわずか10日間だけ見ることのできる、希少な早春の尾瀬に足を踏み入れる。

登山規制に入る直前の至仏山は、多くの登山者でにぎわう。その半数以上が、至仏山の斜面を縦横無尽に滑降しようというスキーヤーやスノーボーダーたち。晴れれば尾瀬ヶ原を眼下に爽快な滑りを楽しむことができる。尾瀬ヶ原は、見渡せばまだ豊富な白い雪が有名な湿原をおおおっている。木道も雪の中。しかしこの雪のある季節だからこそ原を好きなように歩け、またこの早春の尾瀬だけが見せてくれる絶景が待っていた。

今回、尾瀬を案内してくれるのは、地元で旅館を営むご主人で、ガイドでもある萩原勲さん。代々尾瀬と共に生き、尾瀬に行かないと落ち着かなくなる“尾瀬病”だと笑う。

雪の至仏山の豪快なスキー登山、尾瀬ヶ原で出会ったのは、この10日間でしか出会えないカラマツの大木、可愛らしいミニチュア水芭蕉、夏期には絶対見ることのできない逆さ至仏山、雪解け水を集めた豪快滝、凍った尾瀬沼の大横断など、春の息吹を感じながら、まさに地元のガイドだけが知る奇跡の絶景めぐりの山旅となった。

------------------------------------       

                     

実は、今年も連休に尾瀬行きを計画、しかし、変な気象の日が続くので早々に尾瀬は中止になってしまった。

至仏山は6月末まで入山禁止、毎年5月から6月には尾瀬周辺の残雪に行くパターンが続いているので、今月末に水芭蕉を見に尾瀬沼あたりに行ってみましょう、そうしましょう。

             

◆晩春の尾瀬 参考(山行) ※新しい順 晩春以外は除外した 

四郎岳・燕巣山 2011.5.31  ・なぜか同日で温泉ケ岳 2011.5.31

仏に至る名山だ! 2011.4.29 ☆☆☆

Shibutu2011_1311_3

↑至仏山イメージ ※写真は番組とは一切関係ありません・・・

残雪多し鬼怒沼山 2010.5.30

富士見下→尾瀬ヶ原 2009.6.3

※南は雪解けでも北側斜面は遅くまで雪が残るので道迷い注意です!

        

先日、安政遠足が無事に済み、今週末の長野のショートレースを終えれば6月は参戦予定がない・・・。

ぐんま百名山」未踏となっている景鶴山(尾瀬)は今年連休には行けずのまま登山期終了でまた一年先送り・・・

笠が岳(尾瀬)は夏山に持ち越すとして、「錫ヶ岳」は日照時間が長い6月にふさわしいか・・・。そのほか、天丸山(上野村)も新緑? 平ケ岳・大水上山・丹後山はどうか?

残務バタバタと忙しい昨今、今こそ攻めの気持ちでオフ(=山系)を楽しみたい。 

                                 

|
|

« 雨の赤城山慕情・・・ | トップページ | 野辺山ウルトラ※応援 »

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

今週末はなんの種目に参加ですか~?
私は土曜のMTBエンデューロ&トレランエンデューロです。日曜も会場には行く予定です。
ぜひ会いたいので携帯にメール下さい(^O^)

投稿: mazi | 2012年5月17日 (木) 18時41分

日曜日の種目は野辺山応援クラスです・・・ウソです。
富士見高原でトレイル16km(10時40分スタート?)に参戦して、その足で野辺山に応援に入る計画ですが、そううまくいくのか・・・

小淵沢は群馬からは遠回りの感じなので、無事にスタート時刻に間に合うように、同行の皆さんの迷惑にならないようにするのが精一杯!
参加費1,000円はある意味DNSしやすくて、自分にカツです。


携帯アドレス控えましたので、現地でメールしますね!ワクワクlovely

投稿: 山系ENJOY | 2012年5月17日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の赤城山慕情・・・ | トップページ | 野辺山ウルトラ※応援 »