« ★晩春 尾瀬の番組 | トップページ | 金環のち谷川岳・・・ »

2012年5月20日 (日)

野辺山ウルトラ※応援

フルマラソン・ウルトラ・トレイルレース数多あれど、○人ランナーが憧れる代表格「星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン」・・・その応援のために早朝から信州入り。

※○人は「超人」です・・・確かにすごい人ばかりだった sign01 happy02

Photo_631_2

まず、午前中は近くの高原で開催される「ルイガノグリーンカップ」というイベントに参加、トレイルランニングの部(16km)を(自分としては珍しく)大人げなくムキになって走ってみた。

※午前の様子は最下欄をご覧ください

---      

そして午後は野辺山駅近くのウルトラ会場に合流し、山楽走・オレンジ組ほか、知り合いの選手を応援、もちろん、頑張っている一般選手にも激しく声援を送ってきた。

※写真は撮影ビデオからのキャプチャで不鮮明含む

自分は会場到着が15時ちょうどで、タイム10時間から制限時間14時間(午後7時)までの選手を中心に応援した。

東北から参戦のオーバーランさんは9時間45分という堂々の「サブ10」ですでにゴールしていたのはさすが。

そして、山女系姉ちゃんはぶっちぎりのタイムで入賞とは恐れ入りまシタ・・・立派にウルトラの母になったのはびっ栗!lovely

Cap044Photo_628Photo_641Cap187   

ウルトラの常連バンタムさんは余裕の表情で、ゴール後には深々とお辞儀が紳士的・・・。先週、安政遠足侍マラソンで好走したばかりの方々も野辺山でも健闘で素晴らしい。(仮装で登場の黄門様/いつも笑顔の148ベイスターズ) dash

Cap1212Cap1562Cap088Cap2382   

橙と黄緑の仲良し組の皆さんも100キロもの距離、お疲れ様。絆も一段と深まった様子。限界を通り越した極度の疲労の中にも、達成感が見て伺えたゾ。

Cap3102Cap3302Cap3532

自分も「ウルトラマラソン」の応援をするは初かな・・・?

時間をかけてゆっくりとゴールする選手達。丸一日、野辺山を走ってきた雄姿に拍手。scissors

※自分はこの日午前中の16kmレース参加で疲れたとかとても言ってられる雰囲気ではなかった confident

Cap268Cap254Cap3662Cap383 

会場に集まった大勢の人に迎えられて、関門時間14時間ギリギリでなだれ込むようにしてゴールした人たちは特に感動だった。お疲れ様でした~ sign03

Cap406Cap454

         

<振り返り>

肝心の山系親父は71kmの部、9時間ちょいで(想定内)余裕のゴールらしい。

ただ、60歳~70歳のベテランランナーも多いウルトラの真価はやはり100kmで問われると思うので、 来年チャレンジも期待したいが・・・。

自分・・・?当面は「応援の部」が向いているかな  sign02   

                     

---                

<おまけ> 「午前中のレース」風景 ※詳細後日?

午前中は野辺山の先の清里の先の小淵沢近く、富士見高原に行って、「ルイガノグリーンカップ」イベントに参戦してきた。もちろん初参戦で 黒沢組 に同行。

※通常、チーム名を「オレンジ組」と伏字するのですが、ルイガノで派手にPRしてきたので、検索ワード対策に公称挙げておきましょう、そうしましょう (なんじゃそりゃ)

ショートレースは久しぶりで、自分はファンランでいいかと考えていたら、宮地さん監修の16kmコースはアップダウン少ない「ほとんど走れるコース」とのこと、結局、カメラも水も何も持たずに空身でガチ参加となった・・・sweat01

Fujiminobeyama_011  

トレランとは何となく違ってロードレースの延長?で選手も結構競争心むき出しで挑んでくる。自分も負けじと、登りで抜いたり林道を激走したりしてほぼ全部走ることができて、1:27分くらいでゴール。心拍も上がりっぱなしでかなり疲れた。sad

※翌日公表されたリザルト見ると194人中の40番目くらいだ。

※ルイガノカップは元々自転車レース主体らしいが、トレランやファミリーバイクとかいろいろな種目があって、参加費も1種目1,000円で遊べてものすごい充実したひと時になった。

※ハングリートレラン荒行派とはちょっと違う雰囲気のバイクレース参加者(リッチ系?)に触れたのは自分としても新鮮だった・・・

Fujiminobeyama_001_2 

                                  

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

 

|
|

« ★晩春 尾瀬の番組 | トップページ | 金環のち谷川岳・・・ »

マラソン全般」カテゴリの記事

コメント

レース後お疲れのところ応援ありがとうございました♪
来年はパパと一緒に100Kmに挑戦して欲しいと重います。
達成感は抜群でしたが、私はやっぱりロードよりトレイルの方が好きかな?

あっ!ビデオ楽しみにしてまーす。ヽ(´▽`)/絵文字キライ?

投稿: 新月 | 2012年5月22日 (火) 23時30分

山系教授、写真たくさん載せて頂いて
ありがとうございます。
新月さんもコメしてるけど、来年ぜひ
100kmに出てください。
達成感すごいですから。

投稿: ACバンタム | 2012年5月23日 (水) 12時28分

応援他、毎度ありがとうございます。感謝!!
私にしては時間余らせた感がありますね~(笑)終わってみればあっっっという間、だけど振り返ってみればあれもこれもの盛りだくさん。私のような長旅も楽しいもんですよ!?

投稿: 上州ギリギリガール(ガール??) | 2012年5月23日 (水) 14時28分

>新月さん
入走おめでとうございました←ウルトラ男性陣もびっ栗!ゴール直前で僕らの熱い声援に一切おちゃらけようとしない「気力なし姉さん」には恐ろしさも感じました。coldsweats01
それと、新月さんから他の参加者の話を聞いて、ゴール後に数名会えましたのでありがとう!です

「初めてウルトラに出るなら野辺山」と初心者だった2007年(ある意味無謀)から毎年パンフレットを取り寄せていますがネ・・・自分も酒の勢いを借りずに冷静にエントリーができる日を待ちます。


>ACバンタムさん
なかなか濃い一日でしたね。皆さんの雄姿(姫の表彰台ノーカット収録heart04)はバッチリDVDに納めましたので安価でお譲りします、冗談です。昨晩発送済みですからね。
今度ウルトラランナーの極意を教えてください!


>ギリギリガールズ・・・って懐かしいな!?
今回は16分も時間余っちゃいましたね~でも100キロ完走はすごいです。途中でリタイヤと思った仲間が結構いたみたいだから、ど根性に脱帽・拍手です。
14時間関門の様子もビデオに納めましたので今回は上から目線でご覧ください。eye

投稿: 野辺山系ENJOY | 2012年5月24日 (木) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★晩春 尾瀬の番組 | トップページ | 金環のち谷川岳・・・ »