« 鰻食べて…富士山へ | トップページ | ☆猫氏のメッセージ »

2012年7月27日 (金)

富士登山競争2012

3年連続で富士登山競争の応援に参加。 ※すべて応援です cat

朝から快晴の富士山、風もなくてとても素晴らしい一日だった、ナイス!

Cimg4866

↑下山後の五合目の様子・・・原宿竹下通りのようなものすごい賑わいデシタcoldsweats02

 

前夜、猛暑日の関東地方から避難して、午後11時にスバルライン五合目に着くと、すでに駐車場は満車で1km手前の路肩に駐車することとなった rvcar

例年はこの時間は駐車場に入れるので、入山者(山小屋泊・夜行登山者・登山競争応援者やスタッフ)がかなり増えているということか?

標高2300Mの駐車場、長袖長ズボンで毛布被って○体のように横たわって寝たが、朝3時半に寒くて目覚めたが、熟睡できたのは後々考えればかなりよかった。

車中ラジオで聞いた男子サッカー勝利も万歳 soccer

準備して4時に入山・・・車道を駐車場まで1kmほど余分に歩かなければならない。あたりはどんどん明るくなり始める。

P1150809P1150811_2

六合目の先でご来光を見る。山頂に比べて標高は1000M低いが、下の山並みが見渡せてきれいなので、この位置でのご来光も悪くないsun

P1150817P1150820

ちょうど雲がいい感じに残っていて、富士山4回目のうちで最も幻想的な日の出だった。

P1150833

半月前に来たばかりなので、今回はあまり写真を撮らずに先を急ぐ。

【参考】 フラフラの富士山 2012.7.9

この日の富士山、強力照度のヘッドライトを使っている人やなかなか抜かせない人、ランニングシューズ履いている人は紛れもなく登山競争応援者だと推測する。

途中の山小屋でNTTドコモ提供の入浴剤をもらう。ヤッタネ!

Cimg4691Cimg4696Cimg4697Cimg4693

と、途中の山小屋で見たことある仲間(身内含む)に遭遇・・・happy02

語り合いながらしばらく同行したのち、お先に山頂まで単独先行させてもらう。

Cimg4698Cimg4692 Cimg4699Cimg4704

今回の富士登山、体が妙に軽くて調子がいい。fuji

やはり睡眠をしっかりとれたことと、心拍計つけて意識して登ってきているので自分なりにはある程度ペース配分ができている実感がある。

加えて、ボッカ歩き(腕を組む・腕を後ろに組む・・・)とトレラン歩き(太ももに手を当てる・・・)と試しながら行く。ある程度の荷量がある今回、腕を組むのは一定ペースを保てて効果的だった。

Cimg4712Cimg4717

心拍はだいたい130~155くらいで落ち着く。年齢から逆算して自己の推奨値は140前後だから悪くない値だし、第一体がラク。heart02

※高度計プロトレックと心拍スントt3cを併用していているケチぶりには触れないでください(あるものは買わない主義。通常は両手に時計してマス)

Cimg4724

8時前に山頂到着。さすがに直下の岩場は混んでいて、フラフラの人や倒れているハイカーも多かった。子どももたくさんがんばっていた。

Cimg4762Cimg4732_2

ここで遇った香港だか台湾だかの若者グループさんの記念撮影に応じながら、「富士登山競争ゴール」の真っ赤な横断幕を前に思い切って話しかけてみた・・・dash

実は、先日に一緒に富士山に登ったけんけん240君が富士山で遇う外人さん(欧米系・ネパール系・中国韓国系問わず)に片っ端から独特の人懐こっさで、(ある意味流暢に)話しかけて打ち解ける姿を見て唖然としたので・・・ちょっと見習ってみる。pencil

【参考】 けんけん240君の国際交流 in 富士登山 の様子

<山系> 適当English編

※学生時代に中国へ語学研修経験ありますが、この際中国語はなかったことにしました

Today mountain marathon here・・・ Goal point hre

7:00 start Fujiyoshida station・・・・ 3,000M, high!high! 
 

(※本当は「駅」スタートではないのですが、「市役所」が思い浮かばず、適当な似たようなところでお茶を濁す)

Time limit 11:30 (4hour30minutes)

Japanese famous runner  & 3000persons  run run run ・・・・・!!

Cimg4730

で、若者たちはなかなか驚きの表情で応えてくれたのでまあよし。山頂でも再び挨拶して別れる。paper

Cimg4734Cimg4737

山頂は大勢のハイカーでにぎわう。数がすごい。山小屋の出店もすごい。

Cimg4739_2Cimg4741 Cimg4742_2Cimg4740

時間の都合で剣ヶ峰・お鉢回りはやめて、小屋の裏でお鉢を見ながら休憩、メールしたりfaceBookあげたりして30分くらいゆっくり・・・sleepy

適当にザックリと布団を干す小屋の兄さんからもいろいろ話が聞けた。

応援用に勝負服「上州山楽走(さんがくそう)」に着替える。

Cimg4745 Cimg4752Cimg4749

普段はあまりスキンケアのことは気にしない性分だが、あまりの日差しの強さに一抹の不安を覚える・・・。sun

と、途中で拾ってきた舶来のNIVEA製品・・・全部英語なので何なのかもわからないが、「モイスチャーサンスクリーンローション」「ベリーハイプロテクション」とあるのだから、推測するに「強力な日焼け止め」なのだろう、いや、そうに違いない。sun

※強力な日焼けクリームだったら困るsun

Cimg4750_2Cimg4753

時刻は8時半、自分の応援予定箇所は七合目から八合目の岩場付近で、早い選手は9時過ぎには八合目に上がってきてしまうので急いで下らなければいけない。

本来の下山はブルトーザー路であるが、今日は選手応援が目的、上りハイカーに配慮しながら急いで岩場を下る。

途中で知り合い数人に遇う・・・ここは一体どこなんだ?という感覚。

Cimg4765Cimg4766 Cimg4768Cimg4776

さて、本題へ・・・・・ 

9時過ぎにサロモン所属の外国人選手がダントツのトップで上がってきたのを皮切りに、徐々に選手が来る。

トップ選手の走り・歩きを間近で見ながら、全選手の様子をビデオに録りながら、上りハイカー・選手の配慮しながら下る。

Cimg4777Cimg4781_2

八合目付近で仲間内ではトップのたかやんの好走を見送り、その後148ベイスターズさん、hotさん・オカピさん・マカロニさん・・・・・・・・・と激走に声援を送る。

自分が岩場にいたこともあり、選手の多くは下を向いて必死に登っていて、その他数名のお仲間には会えず・・・だった。despair

Cimg4788Cimg4798 Cimg4811Cimg4827_2

それにしても、ゴツゴツした岩場を選手たちがフラフラと歩いてくる姿を見て毎回感じるのは、「地獄絵図」のイメージ・・・

頑張りに拍手は当然として、それぞれ何を思って登っているのか?毎年チャレンジするのか・・・かなり興味がある。

Cimg4805

第65回のこの大会、中高年ランナーの姿が一般のレースより割合が多い印象があり、若いころから参加している方が継続して挑戦しているのだろうか。

Cimg4820_2

アルパイン鹿沢の方、「しお!さとう!みず!(※女性だけ?)」の名物おじさんの応援姿を見ながら下山を急ぐ。horse

Cimg4824Cimg4832 Cimg4837Cimg4840

六合目に下りてきて、これから山に登る大勢の団体ツアーさん・馬に揺られるのどかな観光客などいつもの光景の一方で、山頂まで激走してもまだ物足りないランナーはものすごい勢いで砂の下山道から駆け下りて走っていく。

Cimg4849

自分も少し時間に余裕があり、佐藤小屋方面に下り、五合目コースのゴール地点を目指す。こちらはこちらで激走してきたランナーが沢山、ゴール後も列をなす。

Cimg4852Cimg4855 Cimg4859Cimg4860

山頂コース、五合目コース・・・3,776名のランナーの皆さん、暑く熱い一日、お疲れ様でした!また来年 scissors

<所要時間> 自分用備忘録

駐車地点4:00→スバルライン駐車場・登山口4:20→六合目管理事務所トイレ(ご来光)4:45~5:00→七合目日の出館5:30→八合目太子館6:20→八合目元祖室6:45→九合目7:25→山頂奥の院7:45→お鉢休憩7:50~8:35→下山中応援→駐車場12:15

 

<振り返り>

①夜のスバルラインは鹿が多くて異空間。衝突注意。

駐車場で車中泊(または休憩)でエンジン駆けたままはナンセンス・・・左右の車うるさくて眠りに入れず。ただでさえ標高高いのだから冷房不用、山に親しむならそのくらい配慮しないと・・・・。

②四度目の富士登山、その全部がスバルラインから入山となると山系の名が廃るか・・・・せめて一合目からとか、別ルート須走・御殿場・富士宮ルートとかバリエーションを考えないと・・・fuji

③できれば、八月の富士登山駅伝の応援にも行きたい。大砂走りの激下りは中々見応えがあるらしいのです。以前はフジテレビで中継していたが今はやらない。マラソンブームの今やったら結構ウケルのに・・・。

Title

http://city.gotemba.shizuoka.jp/sightseeing/tozanekiden/

④全選手をビデオ撮影してきた件、驚きの展開

『その1』 誤ってフォーマットした!

サロモン選手の見事な走りから山楽走仲間のたかやんさんまでのトップ200人くらい?の走りを撮った部分(=ビデオHDD録画)と、その後のランナーは外部SDメモリに撮った。

帰宅後編集操作で、SDフォーマットのつもりが、何を血迷ったのか、HDDを一気にフォーマットしてしまい残念sign01

というか、それ以前に、うちの相方からの借り物ビデオ、趣味のフラメンコ記録(5,6年位前からの多数)が全部消えたcrying よって、そっちのほうが申し訳なくて合わせる顔無し。そして、これにより上下関係がますます致命的なことになったか。

『その2』 見ると具合悪くなる?

かろうじて生き残ったSD記録部分の動画、仲間が多く映り、今年も楽しめそうだが、何分、下山中の動画撮影につき、手振れがひどいかも・・・自分で観ていて気持ちが悪くなった。視聴時注意が必要かも・・・です。movie

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

 

|
|

« 鰻食べて…富士山へ | トップページ | ☆猫氏のメッセージ »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

私は今年も山頂コース(3回目)に挑戦しましたが、八合目で4分40秒オーバー、またも関門通過できませんでした。五合目直下の渋滞が堪えました・・・
上州山楽走のシャツの人とも途中まで前後してましたが。

投稿: Hocke | 2012年8月 3日 (金) 19時57分

Hockeさん>
遅ればせながら富士山お疲れ様でした!いつもの黄門様姿なら自分も山楽走もすぐに声を掛けられたと思うのですが衣装盗難紛失?でしたか?

関門は残念ですが繰り返して参加される意気込みはさすがです。映っているかはわからないのですが今週中にはビデオ送りますね!

※昨日、山ヤも憧れる谷川岳馬蹄形縦走に行ってきました!が、後半で心折れて不安になったリ…もうしばらくはいいかな。

投稿: 山系ENJOY | 2012年8月 6日 (月) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鰻食べて…富士山へ | トップページ | ☆猫氏のメッセージ »