« フラフラの富士登山 | トップページ | 続・灼熱の野沢温泉 »

2012年7月14日 (土)

★野沢温泉へ出発!

月曜日の富士登山以来バタバタしていて、週末の野沢温泉トレイルレースへの意気込みも整理しないまま、前日を迎えてしまった・・・

第2戦・SUZUKI X-adventereトレイル シリーズ
SALOMON The4100D マウンテントレイルin野沢温泉

2012年7月15日7時スタート

http://www.salomon-trail.com/nozawaonnsen/index.html

Top_image

 

◆コースの概要と自分なりの作戦はほぼ昨年通り・・・

記事アップが大会前日で時間的に何の参考にもならないので申し訳ないデスconfident

ストックの活用/エイドで休み過ぎない/装備切り替えのタイミング/公設エイドに頼る/ナイトランへの心構え/熊との遭遇・・・ほか もう一度確認だsign03

【参考】 野沢温泉へ向けて 2011.7.11

 

ちなみに、選手も運営側も右も左もわからなかった第1回大会(2010年)の戦績が14時間10分台、作戦を練りに練った第2回大会(2011年)が約2時間も更新して12時間20分台でのゴールだった。

【OFFICIAL RESULTS】 2010年   2011年

 

酷暑炎天下での去年の感想からすると、気象条件次第ではもう少し更新が望めそうな感触が強くあった。

特に、地図を見る限りそれほど距離がなく軽く見てしまいがちな「第2セクション」=小菅神社、そして、残り30キロほどになる「第3セクション」をいかに踏ん張るかで大きくタイムが短縮できそう・・・

Nozawaonsen_lmap

【参加記】  灼熱の野沢温泉 2011.7.17  2010年は昨年記からリンクでどうぞ

で、装備の面ではあまり準備ができていない感じもあるが、1月の館山若潮マラソン以降、多少効果を感じている経口補水液「OS-1」を3本ハイドレーションに流し込む。

メダリスト・ムサシ・ポカリ+αは今回はどれも見送る・・・・

Os1_5


そして、足の攣り対策にはいつもの漢方「芍薬甘草湯」を大量に携行する

Rrr_2
            
以上を踏まえ、対前年比1時間の短縮を目指して調整してきたつもりだが、春以降あまり練習できていないので、1時間は無茶じゃないか?の気持ちもある。clock

少なく見積もって「ベスト更新~30分短縮」を目標にしつつ、自分にとっては今年で最後の参戦となるであろう野沢温泉トレイルを満喫しましょう、そうしましょう!

 

<おまけ>

7月の海の日連休に開催される大会・・・

例年同様、土曜日仕事のためやむを得ず知人に受付をお願いして、夜遅くに「大会参加義務」の宿に到着・素泊まり宿泊して早朝出走・・・・がどうも解せない3年目突入。

齢(よわい)30過ぎて楽しむトレイルランニング人生・・・働き盛りの世代、仕事や家庭の調整も大切で、連休3日間を自由奔放に遊べる人ばかりではないって・・・

せめて、前泊または「後泊」でも認めてくれるか、そもそも「大会参加義務」が前面になければもう少し気持ちよく野沢入りできるし、別シーズンで「家族で野沢に泊まってみたい!」と思えるような気がする。

トレイルランニングレース開催による地域活性化、地元の協力は欠かせないという事情は十分理解しつつ、この手の地元宿泊が必須要件のレースを避けてしまう自分は心が狭いのか?(いや決して少数意見ではないゾ・・・)

強気の心意気で頑張れ、自分!

 

|
|

« フラフラの富士登山 | トップページ | 続・灼熱の野沢温泉 »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

教授ファイト!!
スカイツリーから神流の道中
パワーを送ります。
自己記録更新祈ってます。

投稿: ACバンタム | 2012年7月14日 (土) 18時14分

>ACバンタムさん
土曜出勤から今一時帰宅してこれから野沢に出発です!(退勤直行だと車の中の食糧が腐りそうなので…)

江戸から神流町までのランですか…イベントでもなくsweat01
http://oikos.weblogs.jp/mammut/2012/07/etk-1.html

親父が鬼石あたりから参加するらしいですが、そもそも車道を走る人が少ないところは交通事故にマジで気をつけてくださいねrvcar
楽しんできてください!

投稿: 野沢系ENJOY | 2012年7月14日 (土) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラフラの富士登山 | トップページ | 続・灼熱の野沢温泉 »