« 続・灼熱の野沢温泉 | トップページ | 草津白根山の妖精 »

2012年7月16日 (月)

持久力 限界に挑む

私、この番組、録り忘れていました・・・tv crying

7月16日(月)の夜に放送されたらしく、何やらとてもいい番組だったとラン系の人たちで話題に・・・いま話題の「つま先走り」の極意が見られるとか・・・本当か?

---

NHKスペシャル Miracle Body ミラクルボディ 

マラソン最強軍団 ~持久力の限界に挑む~ 

 

NHK総合テレビ 7月22日(日)午前2時30分~ ※再放送

つまり今晩深夜で時間がない・・・まぁいずれ再々放送とかあるだろう

http://www.nhk.or.jp/special/miraclebody/index.html

Marason

-----番組予告から-----

陸上種目の中で最も過酷な競技といわれるマラソン。その世界記録は、100年の間に1時間近く短縮された。 今、その高速化を牽引しているのが東アフリカのランナーたちだ。男子マラソンの歴代記録は1位から10位までを 東アフリカ勢が独占している。人類初の2時間3分台を記録した“皇帝”ことハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)。去年、その記録を一気に21秒も短縮した現在の世界記録保持者パトリック・マカウ(ケニア)。

そして、マカウの記録に4秒差にせまるウィルソン・キプサング(ケニア)。現在、マラソンを2時間3分台で走りきった人間は、世界でこの3人しかいない。今回、彼らの驚くべき省エネ走行フォームの秘密を徹底分析。

さらに最新の医療機器も駆使して、驚異的な“心肺機能”の秘密に迫る。それらの分析結果からは、酸素を効率的に 利用できる能力の秘密が浮かび上がってきた。さらに、ロンドン五輪・マラソン男子の日本代表に決まった山本亮も 番組に参加。走行フォームなどの分析から、アフリカ勢との違いを突きとめ、日本のマラソンが再浮上する鍵を探る。 人類は果たして2時間の壁を破れるのか?

アフリカ最強軍団の秘密に迫る中で、人間の持久力が持つ可能性を見つめる。

--------ここまで--------

なんと男子マラソン界の「皇帝」といわれるゲブラシラシエ様もご登場だ!!

早くも再放送決定、興味がある方は短距離編(ウサイン・ボルト)※再放送も終了済みか・・・男子体操編(内村航平)もどうぞsign03

News

 

そして、先日の番組の感想をわかりやすくまとめてくれたHockeさんのブログ記事・・・私、これ読んでものすごく興味がわきましたので・・・

◆本当のフォアフット走法! 

http://blogs.yahoo.co.jp/pf_tanakaz/63369258.html

※黄門様、27日(金)富士登山競争も頑張ってくださいね fuji

 

<おまけ>

つま先走りといえばミニマス・・・ニューバランスからモニターで頂いたMT00に加え、今月から仕事用にMT20を履いているのだけど、これが普段履きにもすこぶる調子が良いです。

身も心も足もフットワークが軽くなる、これ本当good

【参考】 ミニマスの試着レポート!!  2012.1.8

↓左が超軽いMT00 さすがに仕事では履けないので追加購入MT20(右)

31912439   Sportsdiary_nbmt20gd_2

                   

|
|

« 続・灼熱の野沢温泉 | トップページ | 草津白根山の妖精 »

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・灼熱の野沢温泉 | トップページ | 草津白根山の妖精 »