« 「バカ尾根」ならず・・・ | トップページ | 下半期のレース予定 »

2012年8月19日 (日)

水の塔・篭ノ登山へ

浅間山バカ尾根撤退の後、転んでもただでは起きないの精神でそのまま車坂峠へ(車で)林道を進む。

峠に着くと、あたりは黒斑山や周辺の山に登るハイカー、写真愛好家、家族連れの車でにぎわい、駐車場も満車。

間近に見える水の塔山~東篭ノ登山の稜線は8年くらい前に2回登った記憶があるが、ブログの山行記録にはないので、この際ちょうどいいのでこちらに行くことに決めた。

【参考】 ぐんま100名山リスト 山系編 

Cimg5475_2Cimg5474_2

ランプの宿高峰温泉手前の路肩スペースに駐車して、まずは水の塔山に向けて入山。西には篭ノ登山に続く稜線がよく見える。

Cimg5477Cimg5302 

早くも高山植物がきれいでマツムシソウ・ホタルブクロが沢山咲く。

Cimg5310Cimg5316

岩場で有名な水の塔山の東斜面を登る。振り返ると、黒斑山から高峰山がきれい。登山口のランプの宿もよく見渡せる。

Cimg5318Cimg5329 Cimg5331_3

山頂から西に東篭ノ登山に続く稜線はそれほどアップダウンはないが、ガレ場・ヤセ部もあって、状況によっては注意が必要。

実感はないが、このあたりの標高は2000Mで、谷川岳山頂より高いを越えていて、すぐにガスが立ち込めたりする。

Cimg5335Cimg5338 Cimg5345Cimg5349

触るといい香りがするイブキジャコウソウ。この日はあちこちで癒された。

Cimg5346_2Cimg5343

東篭ノ登山から水の塔山を振り返る。今日は群馬県側(尾根左)の天気があまり良くないのか、ガスがここではっきりと分かれている。

それにしても、マツムシソウがきれいだな。

Cimg5350 Cimg5355Cimg5359

ハイカーで混雑する東篭ノ登山をパスして、「西篭ノ登山」に向かう。こっちは確か行ったことがないかと・・・ついでの縦走。

左手に池の平湿原を眺めながら多少のアップダウンを繰り返して「西」山頂。

Cimg5372_2Cimg5371 Cimg5363Cimg5362

「西」から地蔵峠に抜けるコースでもあるのかと思いきや、ないらしい。「らしい」というのは、今日はバカ尾根のことばかり頭にあって、こちらの山の地図を持参せずに反省・・・前にも来ているので道迷いの心配はないが、コース全容の確認ができない。

と、山頂あたりでぐるぐる歩いていたらコマクサがあった!

Cimg5369_4

下山コースがないのでもう一度「東」に戻って、池の平駐車場まで一気に下山。午後のピークタイム、たくさんのハイカーが下っていく。道迷いの心配はない・・・。

Cimg5374Cimg5377_2 Cimg5379Cimg5380

あっというまに駐車場に到着。こちらも観光客、湿原散策ハイカーで賑わっている。せっかくここまで来たので、湿原を1周まわることにする。登山初期に来て以来だから9年ぶり。

Cimg5389 Cimg5386Cimg5390

池の平湿原はとにかく美しいところだった。8月中旬で高山植物ももう時期が終わり駆けていたにもかかわらずこれだけいい雰囲気ということは、7月頃ならもっと見事だろう。

ヤナギラン・シシウド?・アザミ・ハクサンフウロ・・・?

Cimg5412Cimg5404
Cimg5383
Cimg5420

今まであまり気にしたことがなく、一番気に入ったエゾカワラナデシコ。わざわざ、すれ違ったご夫婦に名前を聞いて教えてもらった。

Cimg5406_3

周遊コースの途中にはいくつかの休憩スポットが充実。

建造物を発見すると思わず用途確認したくなる:上田ケーブルテレビジョン

Cimg5418Cimg5415 Cimg5430Cimg5432

まだまだたくさんの花が・・・シモツケソウ・マツムシソウとか。

蜂も蝶もマツムシソウが大好きな様子であちこちでチュウチュウと蜜を吸っていてカメラなどお構いなし。

Cimg5435Cimg5313Cimg5450Cimg5440

トンボも喜ぶ ※最近トンボに好かれることが妙に多し

Cimg5399

湿原途中、がっかりな箇所が、コマクサの防護柵・・・対人間なのか、対動物食害なのかわからないが、がっちりと策に囲まれたコマクサは少なからず興ざめか?そして、こちらのコマクサはもう終わり。

コマクサ目的なら断然草津白根山がおススメです。

Cimg5441_2Cimg5423
Cimg5458Cimg5460 

池の平湿原を見下ろす展望箇所・・・向こうに見える山は水の塔山~篭ノ登山

Cimg5456

約1時間、たっぷり散策を楽しんで再び池の平駐車場に戻る。

その後、林道を歩かずに走ることにして、負荷をかけながらランプの宿駐車場に到着。

Cimg5466Cimg5467Cimg5470Cimg5476

さて、せっかくなので(の繰り返し)、高峰山まで足を延ばすことにする。時刻は3時過ぎ。時間的には十分余裕と見た。

夕方近くなりひっそりとした高峰山、それでも3組くらいのハイカーさんとすれ違った。人気の低山。

Cimg5479Cimg5481 Cimg5485Cimg5492

ここで南の展望を楽しみながらたっぷり休憩、あとは別ルート、高峰高原ホテル方面に下って終えた。

ちなみに、高峰山頂から南へ下る道は「ない」らしい。

Cimg5493_2Cimg5498 Cimg5502Cimg5516

アサマ2000スキー場からランプ宿近くまで林道を歩いてクールダウン。

ゲレンデのヤナギラン、前方の水の塔山・篭ノ登山もきれいだった。

Cimg5518Cimg5524

トレラン靴「ストリーク」もボロボロ・・・それにしてもボロすぎる、お疲れ様。

Cimg5533Cimg5533_2

<所要時間> ※途中駆けているので参考にならず

高峰登山口駐車11:55
水の塔山12:25
東篭ノ登山12:50
西篭ノ登山13:10
東篭ノ登山に戻る13:30
池の平湿原周回13:50~14:50
林道ラン
高峰温泉15:10
高峰山15:35
高峰高原ホテル16:15

<コース図> ※これを載せたいためにヤマレコに同じく記録してる

<振り返り>

・池の平湿原はアクセス良すぎる高山植物の宝庫?

・湯の丸高原の花暦 http://www.tomikan.jp/zukan/index.html

・林道数キロは歩けない距離ではないので水の塔・篭ノ登山の縦走後、のんびり歩いて戻ればコース的にいい感じになる。

・地図不携帯は反省、しかも、自宅内でも別冊ガイドブックはあるのに肝心のマップがない。また買うのか?

・帰宅後に考えてみたら、このコース、9月23日の「第1回浅間山スカイマラソン」のコースそのまんまだった。標高の高い高地の割にはアップダウン比較的少ないいいコース。面白そうだ。

◆スカイランナー松本大さんのブログから

http://ameblo.jp/tsumagoi-cabbage/entry-11318383914.html

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 「バカ尾根」ならず・・・ | トップページ | 下半期のレース予定 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

40年ほど前、山スキーを始めた頃に行きました。当然皮の登山靴でしたよ。
最近、改めてトレランコースとして(歩いて)みようかと思っています。

投稿: Hocke | 2012年8月28日 (火) 21時03分

>Hockeさん
浅間山界隈は魅力スポットですね。山スキーですか!40年前とは素晴らしい限りです…

ブログ拝見しまして、過酷スケジュールに驚嘆致しましたlovely
無理をなさらぬよう(と言っても無駄ですが)頑張ってくださいね!

自分の年内予定のページ末にリンク張らせていただきました~

投稿: 山系ENJOY | 2012年9月 5日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「バカ尾根」ならず・・・ | トップページ | 下半期のレース予定 »