« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

今年もスバル熱い!

早朝から上州太田スバルマラソンに3回目の参加 run

2009年(10K)  2010年(10K)

5時起床、昨晩深夜放送のTJARの再録画をなぜかこのタイミングでもう一度見て、6時半に家をでたら7時過ぎには太田に着いた。

北関東道開通によって飛躍的に近くなった東毛(とうもう)の地。

Cimg6626Cimg6645

芝生でラン仲間と落ち合ってウオーミングアップして開会式観戦。

2㎞チビッコランに参加するというスバル陸上チームの監督さんの挨拶の後、招待選手の川内優輝選手(埼玉県庁)が登場 scissors

「先週アクアラインマラソン走ったばっかりなんですけど、スバルチームと競いに来ましたぁ!」「このくらいの雨がマラソン日和です!!」と挨拶も相当気合入っていて…ファンも大喜びする。smile

※ちなみに、アクアラインマラソンは見事優勝です!(念のため)

Cimg6632Cimg6635_2

川内選手はスタートラインに並んでからも数十メートル先までダッシュ練習したり相当な気合だった。結果もダントツ?素晴らしかった(らしい:未確認)。

Cimg6639

さて、8時のハーフスタートを見て、10㎞の部は8:20スタート dash

時間に余裕をもってスタートラインに立ち、横を見たら見たことがある人=Hockeさんだった。ウルトラ専門の黄門様もたまには10kmレースに出るみたい。

Hockeさんに聞くと「実は10kmは苦手」らしい・・・この方、ウルトラの世界では自分から見れば「仙人」ですが、誰にも得手不得手があるものだ、ホッ。

ほかにもトレラン系の方、遠路信州から「いつも応援」の方、群馬の著名ランナーなど結構知った顔があり、スバルマラソンの根強い人気を実感する。

Cimg6647_3

黄門様は仮装自粛。これ、ゴール後の写真ですがタイツといい親子みたい・・・

~ガチレースのため写真なし~

スバルの工場敷地を回る1周5kmを2周するコースで、やや単調ではあるが、1kmごとの距離表示もしっかりあり、小雨もほとんど苦にならずとても良い練習になった。

結果、目標の40分切には遠く及ばずで、PB更新もならずだけど、この時期にペースを上げて走れたのは大きな成果にちがいない。ラップを見ても最初から最後まであまり変動がなかったのは最近のジョギングの成果かな。

Pa281095_2

ゴール前でデットヒート競う≒女々しいい?(写真はhotさん)

やっぱり、距離が短いとそれなりに全速力で走らなければならず参る。なかにはフルよりきついという人もいる。

ハーフ参戦のベイスターズさんは余裕の表情で1:29といつもながらの好成績でゴールした。さすがだなぁ、刺激を受ける。

Cimg6651Cimg6652
   

<備忘> 41:32 42位/570名?

0-1km  4:03
1-2km  4:05
2-3km  4:24
3-4km  4:14
4-5km  4:15
5-6km  4:18
6-7km  4:05
7-8km  4:27
8-9km  4:12
9-10km 3:44 ??

 

スポレク祭の一環の地味な大会、駐車場からのシャトルバス運行といい、コース整備といい、今年も安定した大会運営であっという間にマラソンは終了し、その後は全国の名産品や出店を散策。

すごい数の店が出ていて、販売内容も重なるから結構大変そう。その中で熟慮して、「石巻焼きそば」「稚内ホタテ焼き」「ブラジルソーセージ」・・・どれも美味しい happy02

Cimg6662Cimg6665Cimg6668Cimg6669これ!

さっと走って、出店でゆっくりして、高速で帰って11時帰宅。なかなか濃い日曜の午前だった。「上州三連戦」の初戦スバル、お疲れ様!!

Cimg6671

<おまけ>

白バイ隊ではなくて救急ライダーの出動(レース後走?)は初めて見た。そして、多様なスポレクイベント?「地震体験車」も大会後に到着。

Cimg6675Cimg6676

 

上州三連戦、次の舞台は11/3(土) ぐんま県民マラソンへ続く・・・

| | コメント (2)
|

2012年10月26日 (金)

赤城山のコース試走

10/28(日)21時更新・・・肝心のレース前に記事を載せず(コース概要・写真)、後出しですみませんthink 何故後出し?他意は全くありません=来年用・トレーニング用・探検用にお使いください?

---

10/26(金)、平日休みで午前中に用事を済ませてから、13時10分に「赤城森林公園」から赤城山南麓に入山してみる。

Cimg6478_2

鍋割山や荒山ではなくて、今日は明後日に控えた赤城山トレイルランニング大会のミドルコースのうち、森林公園(ショートの折り返し地点)から赤城温泉までの間を試走。

Cimg6483Cimg6484

試走といっても、肝心の大会にはエントリーしていない。

この南麓コースは普段はあまり人が入らず、トレイル大会の時期のみコース案内の札が立って藪が刈られる(と思われる)ので、ちょうど紅葉・落葉のこの時期に一度行ってみたいと3年前から考えていた。ようやく行くことができた。

 

①森林公園からロード→トレイル下り→ロード結構上る

コース図13番~16番は林間・藪を気持ちよく下っった後、ロードに出て森林公園方向まで結構上る。この間レース標識少なくてちょっと不安になったが道間違いではない。

Cimg6487Cimg6488_2 Cimg6490_2Cimg6495

②ロードを粕川方面に下って左の林に入る

コース図16番で左の林へ。大会コースは往復となっている箇所が多いので標識が重なる。向きに注意。

17番ですごく立派な「炭焼き跡」があり驚く。中を覗いてみたい雰囲気。

Cimg6497Cimg6499Cimg6500Cimg6502

③杉林を下ってからは林間の上りトレイル続く

うっそうとした杉林をいったん下り、その後は上りの藪道が続く

Cimg6505Cimg6506_2

④周回の20~24は省略・後述

19番分岐に出てから、距離を少し稼ぐためか3~4kmほど荒山方面の登山道に入り周回となるが、試走では時間の関係でショートカットして赤城温泉へ急いだ、適当ですみません。

Cimg6508_2Cimg6546

⑤あとは赤城温泉まで2kmひたすら進むのみ

ここから先はいつ温泉街が見えてくるのかを期待してひたすら下るのみ。途中、すべりやすい木の階段・わずかな岩場があるがそれほど危険ではない。沢で水を飲むもよし、紅葉眺めるもよさそう。

ここで、標識の写真を撮ったりいろいろ尋ねてくるおじさんに出会う。

例の自然保護団体かとちょっと警戒してしまうが) よく聞いてみると、むかし道探索のハイカーさんのようだった。

Cimg6510Cimg6514 Cimg6537Cimg6542

⑥赤城温泉が見えてきた!ミドル折り返し地点

ようやく温泉に到着。ここで折り返して往路を戻るかたち。コース中で展望がないのは残念だけど、山中にたたずむ温泉街はなかなか情緒ある。

Cimg6526Cimg6529 Cimg6531Cimg6534

◆番外編

赤城温泉に14時半に到着、往路を戻るのは面白みに欠けるので、「荒山高原まで3km」の標識に気をよくして19番地点からまっすぐ荒山に向かう。

このルートは以前から気になっていて、赤城温泉からアタック21コースでロード練習で軽井沢峠まで頑張った場合、下山ルートでこの道を使えるのではないかと考えている。

少し上りあげると木々も低くなってきて見晴らしが少しよく、紅葉もきれいになってきた。

Cimg6545Cimg6555Cimg6557

赤城温泉から荒山高原へのルートは地図にもある正規ルートで、写真の通りきちんとした道標がいくつかある。

「荒山高原」に向かうのか「荒山」を目指すのかでちょっと分岐を分けて、結構標高差があるところをグングン登って行ったら、見覚えある避難小屋だった。

Cimg6564Cimg6566 Cimg6601Cimg6573

そのまま荒山登って地蔵岳や長七郎山をながめて気持ちがいい。夕方近くなりあちこちで鹿が鳴いている。ヒューンピューっと。

Cimg6579Cimg6584

荒山から高原へ下山中に見た鍋割山方面。手前の紅葉きれい、平野部の展望や夕日がもう少しきれいならよかったが・・・

Cimg6589

荒山高原に16:10着、芝の広場経由で森林公園駐車場までダーッっといって終わり高原から20分くらい。なかなかリフレッシュできた赤城山、おつかれさまありがとう。

Cimg6617

プジョー代車を借りていったのですが正直デミオとあまり変わらない?

<所要時間> ※時刻 途中駆けているので参考にならず

森林公園13:10→(20~24番はショートカット)→赤城温泉14:25→荒山手前休憩小屋15:30→荒山15:45→荒山高原16:10→森林公園16:30

<振り返り>

やはり南麓コースは大会標識がないと迷いやすい印象。特に展望がほとんどなく、藪も多いので方向感覚が狂いそう。なお、標識は11/4までに撤去とありました。

ロードが数本あり、トレイルも昔の作業道のようなところもあるのでエスケープにはなるが森林公園まで戻るのは難儀。

赤城温泉から荒山高原に上るコースはなかなか面白い。アタック21のロード急坂も混ぜてよいロングトレイルになりそう・・・

20kmくらいかと思ったら帰宅してジョグノート検索では16kmくらい。でも、今日の下見は有意義で、多少の積雪期ハイクやエスケープ時に役立ちそうなので頭に入れておこう。

やはり、第1~3回に参加した者としては「これぞ赤城山」というのは別コースです・・・いろいろ問題は承知なので、当時と同じは難しいまでも、多少は展望の良い箇所がコースにないと残念だと思う。

赤城山ヒルクライム(自転車)だけでなく、お役所も目を覚ましてください・・・

余談、ランチに寄った焼肉屋で肉が思うように食べられず…禁酒・禁スナック菓子のあとは肉を控えるのか??ベジタリアンに移行??それは無理だろう、どうかな

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (0)
|

朝日新聞に載ったぞ

なになに?ear

「今朝の朝日新聞(正確には群馬県内版タウン誌)に山系さん大きく載っているよ!」と朝からメールをいただいて・・・たいへん貴重な情報に感謝 

ナベツネ新聞購読の我が家、さっそくコンビニで朝日新聞を調達すると、確かに鏑木さん・松本大さんと並んで、写真で登場だ happy02

昨年の神流マウンテンラン&ウオークのときのペア走で、先に下る新河岸さん(東京)の後ろでいつもながら苦しい表情をしている dash

1026_2

※新聞記事転載は如何なものかと承知しつつ、イメージ図としてお借りします

久々のマスコミ登場で気分いいのですが、この記事で感心するのは、昨今のトレイルランニング事情をよく調べ上げていて、山田昇杯→赤城山トレイルランニング大会・神流マウンテンラン&ウオーク(接待王国)・浅間スカイマラソンなど、県内レースをわかりやすく取り上げている。

もしろん鏑木さん・大さんの紹介も忘れていない、いいぞsign03

◆文章が比較的読める画質・サイズ→こちら dog

 

先月上旬には同じ「朝日ぐんま」で浅間スカイマラソンの紹介記事を挙げていたし、上州武尊山スカイビューの翌日には、群馬県・前橋市など行政が力を入れた「第2回赤城山ヒルクライム大会(自転車)」よりもはるかに大きな扱いでスカイビューでの松本大さんの連覇を報じていて驚いた。

どこかの大阪市長との相性はよくない朝日新聞・・・ 

群馬の記者さんはなかなかいい視点で報道してくれてナイス。もしかして、自身もトレイルランナーなのかな?

今後もマニアックな記事を期待しましょう、そうしましょう!

 

<おまけ>

新聞に気をよくしてその足で赤城山を駆け上ってきた。明後日の「第6回赤城山トレイルランニング大会」のミドルコース試走。

といっても、自分はスバルマラソン10K参加のため出られないのだけど、赤城山南麓のちょっと地味なコース(森林公園~赤城温泉)に加え、荒山周回で楽しめた。

詳細はまた後日・・・

 

| | コメント (2)
|

2012年10月25日 (木)

擦れ対策☆ワセリン

昨年もこの時期に話題になったような気がする、ちょっと微妙(ビロー?)な話で、サポートタイツの下にインナーを履くかどうか・・・ confident

①普段と同じようなボクサーパンツを履く 3枚で1,000円

②水泳用ブリーフを意識して履く 800円

③あえて「履かない」 0円

そんな話は一人で考えれば十分なのですが、ネットを見ていたら、「またずれ」で悩む人が多くて、男性の股擦れ・○擦れとかの対策が出る出る・・・出る。

これって時期的なものなのか?

 

確かに、日課にしつつある普段のラン練習でも、ランパン(ランナー用半ズボン)とか履いた時に擦れることが多くなった。重傷にはならないまでも少し気にはなっていた。

で、大多数のおススメ意見は、 ワセリン scissors

自分も5年前に買った物をたまに(玉に?)塗ることがあり、気分の問題も含めて確かに効果はある感じ。これ、普通に薬局で売っていて400円くらい。

ワセリン、手も患部も油まみれになるけれど、そこそこ効果があるので自分もおススメです。

 Wase_2

 

<おまけ>

胸の擦れ対策(男性)は、絆創膏を貼るとか、こちらもワセリンとかいうけれど、自分としてはインナーを一枚着ればすべて悩み解決だと思う。

猛暑の夏も冬も必ずTIGRA(ティゴラ)の格安ノースリーブを着ることを長い間習慣にしている。

【参考】 やっぱりTIGRA(ティゴラ) 山系ENJOY

 

ところが、最近、浅間スカイマラソンの会場でたまたま買った「CRAFT」というスウェーデンメーカーの高性能インナーは色もオシャレで生地も良いらしく、なかなか気に入っている。お値段も会場値引きで3,000円程度だった。

ランナー御用達のあの「ファイントラック何某」の網シャツと同じ類の製品(だと思う)。こっちのほうが透け具合は少ない。

 1943781330_01_3

◆CRAFT http://www.selectit.jp/item_wear/xpwe-app_craft.html

これ、網目で肌が透けて見える点がファイントラック同様に微妙ですが、汗とかの面では機能に優れている(らしい)し、乳首の擦れ問題は皆無。

それに、「重ね着」の効果は季節を問わず実証済みなので確かにインナーは大切。

        

水泳用ブリーフや網網のシャツを軒先に干すのは家の者から見ると若干悩ましい限りらしいが、そんなことは言ってらんないので、躊躇なくそっちの道に励もう!!

あ、いや、そっちの道ではないです・・・ sweat01

| | コメント (0)
|

2012年10月23日 (火)

★TJAR 再放送日!

いや~NHKのTJAR放送、すごくいい番組だった。

これまでのモンブランもパタゴニアももちろんすごいのですが、何か今回のは壮絶な中にもどこか身近に感じる雰囲気が強かった。

自分の周りでもフツーの人からも結構な反応があり驚き sign03

混沌とする社会情勢、今こそ、こういう「自分と向き合う姿」「苦難を乗り越える様」に自分を映し出してみたりする人も多いのだろう、番組プロデューサーもそこに注目しているんじゃないか?

 

余談ですが、同じくNHKのBSで「アパラチアントレイル」(米国の3500kmに及ぶロングトレイル)の特番を見たとき、挫折や困難に向き合う米国人を追っていたが、(自分の見方が捻くれているのか)どうも他者批判・後悔を繰り返す男性ばかりが印象に残ってすっきりしなかった。

翻って、今回のTJAR、真摯に自分に問いかける男性たちに国民性の違いを見た。やっぱり向き合うのは他人よりもまず「己」なんだ、きっとそうだ!

【参考】 NHK-BSアーカイブス 山系ENJOY 2012.3.6

 

早くも 再放送日が決定 していました・・・tv NHKナイスscissors

『激走!日本アルプス大縦断』

10月27日深夜(28日未明) NHK総合

http://www.nhk.or.jp/special/program/index.html

時刻は要確認、本放送で人身事故テロップ入ったから再度録画か?

------------------------10/12書き込み-------------------

日本海から太平洋まで日本アルプスを縦断する過酷なレース=TJAR(トランスジャパンアルプスレース)の追跡取材がいよいよ公開される。

NHKといえば、鏑木さんの『激走モンブラン!』(UTMB2009)以来、田中正人さんのPatagoniaアドベンチャーUTMF(富士山周回160km)・・・と立て続けにビッグレースを取材していてマニアには好評。

近年は「グレートサミッツ」で海外のスゴイお山を総力取材(プロデューサーも大変だ)し、高性能カメラや贅沢な空撮によるハイビジョン・高品質な山系番組が多いNHK、ナイスsign03 

これなら受信料喜んで納めますヨ dollar  イモトに負けるな・・・・・・

◆激走!日本アルプス大縦断

2012年10月13日(土) 午後7時30分~8時43分

NHK-総合 ※BSではなく地上波です!ヤッタ!

Ddd

8月、日本海・富山湾をスタートし、北アルプス・中央アルプス・南アルプスの3000m級の山々を次々と縦断、太平洋・駿河湾までを8日以内で駆けぬける「トランス・ジャパン・アルプス・レース」が開かれました。距離はおよそ420km、登りの累積が27000mに及ぶこの過酷な「超人レース」に挑んだのは、男女合わせて28人。着替えやテントを背負い、山小屋などで食料や水を確保しながら、自らの脚だけでゴールを目指しました。しかし、選手たちを待ち受けていたのは、数々のトラブルです。荒れ狂う暴風雨、不眠不休の走行に悲鳴を上げる身体、ライバルとの争いで失われていく平常心…。選手は一人、また一人と完走を断念していきます。このレースには、賞金や賞品が一切ありません。なぜ、彼らは走り続けるのでしょうか。
番組では、空撮も含め18台のカメラがレースの現場に集結。8日間にわたり、日本有数の大自然を駆けぬけた28人の熱き戦いを、余すところなく撮影しました。
自らの限界に挑んだ超人たちの夏を追った、ヒューマン・ドキュメンタリーです。

 

<おまけ> 

①トランスジャパンアルプスレースについてはこちら

Logo
http://www.tjar.jp/

②仲間の山楽走姉ちゃんたちが剣岳で"偶然"選手・取材に遭遇したらしい

まさか番組に映ったりして…この人最近不思議とメディア出演多いんですよ(先週は群テレ鏑木さん生出演の際にも写真でアップに・・・)   

 

| | コメント (0)
|

2012年10月19日 (金)

神流☆練習会の件

Ss_3たかやんさんより 

2012年10月19日(金) 19時更新しました。
明日は、普段の行いが良いようで天気に恵まれそうです!まったり、試走会開催致します!!

Ff_2
山系ENJOY  10/19 20:00

明日は予定通り神流町に行きたいと思います。少し風邪気味なのでロングコース(か、それ以下)に変更させて・・・sleepy

---

激しいラン仲間のたかやんさんより、11月11日に行われる「第4回神流マウンテンラン&ウオーク」のコース試走を兼ねた「自主的練習会」のご案内です。

今回はトレランクリニックなどは予定していませんが、それなりの選手(タイム別・性別年齢別・得意種目別・地域別)により、何らかの接点を探って和気藹々の楽しい会になるように心がけます。

特に神流町初体験の方は手厚くもてなします(たぶん・・・)

相変わらず検索ワード急上昇中の「上州山楽走」へのお誘いもかねて、興味がある方どなたでもご参加お待ちしています。

Hyousiue02Jyous_2

 

-------------引用(一部追記)-------------

暑かった夏も終わり、ようやく涼しくなりましたね。
そして・・・神流の開催日も、近づいてきています!
神流にエントリー出来た方、出来なかった方。大会前の秋の神流を楽しみませんか?

開催日は 10月20日(土曜) ※雨天中止

今回は3つのコースをお好みにより選択できるようにしました!

○スーパーロングコース50Km

   午前5時30分頃に、コイコイに集合して、午前6時にスタート
   ロングコース隊を追いかけて、合流します
    (予想トータルの所要時間、10時間~12時間)

○ロングコース40Km

   午前7時30分頃に、コイコイに集合して、午前8時にスタート
   (予想所要時間8時間~10時間くらい)
   スーパーロング隊が、町に到着しなくても午前8時スタートします

○父見不山コース13kmくらい

   午前5時30分頃に、コイコイに集合して、
    午前6時にスーパーロング隊と同時にスタート
   (所要時間、2時間~ゆっくりペースで3時間以上)

 

<コース図> 公式サイトより転載

http://www.kanna-mountain-run.com/

4throotmapl

  
<注意点>

◆ゴール後は、走ってる人を車で応援や帰宅するなど・・・自由です

◆今回は、ゴールする時間帯は日没後に予想されますので、通常の装備に加えて・・・ライトが必携です。また、熊鈴も各自ご用意願います。

◆前後の宿泊を考えてる方は各自手配をお願いします。

◆前日(10月19日金曜)午後7時の天気予報で悪天候が予想される場合、ジョグノートの神流のコミュ(http://www.jognote.com/communities/1741/topics/7874)にて中止の発表致しますので、必ず確認してください。

※中止の場合はこちら「山系ブログ」にも合わせて載せるようにします

---------------引用終わり--------------

 

全部で15人弱になるのかな?全体として、「各自試走」の趣旨なのでまとまりがないように感じますが、神流のコースをよく知ったメンバーが多く参加するので、ご安心ください。

たとえば、

林道特訓に励みたい人…みかぼスーパー林道だけで15kmくらいあります

ぐんま百名山踏みたい方…父不見山・御荷鉾山・赤久縄山の3山あり

持倉集落でおじいさんおばあさんとゆっくり話したい方

とか・・・

※携行品と不測の事態への備え(装備・保険とか)は自己責任でお願いします

<参加表明先>

ジョグノート(たかやんさん・山系ENJOY宛メッセージ)

②ジョグノート(神流コミュニティ内 / 要コミュ登録) 

③山系直メール mt_akagi◆inMail24.com ◆を@に書き換えてください

準備の都合上、事前表明があると助かります

④その他の連絡手段(郵便・鳩・電話・訪問・FaceBookとか・・・)

 

| | コメント (4)
|

2012年10月18日 (木)

安住氏神流町来訪

日曜日には谷川連峰の平標山・仏ノ倉山に登ってきた fuji

Ts3r0787

エビス大黒避難小屋あたり 記録はまた後日・・・・ 先行記録ヤマレコ参照

 

平標への登山中に一人退屈で、ふと、10月14日(日)のTBSラジオ「にちてん(安住伸一郎の日曜天国)」が公開放送日だったことに気付く sweat01

安住氏の「にちてん」は、年1回フランチャイズtownという名目の公開放送があって、2年目の今年は東京都檜原村だった。

ちなみに、昨年12月11日は群馬県神流町からの放送、自分も万場小学校体育館に出向いて相方とニヤニヤしながら視聴した思い出の日。

【参考】 神流町が殿堂入り 山系ENJOY 2011.12.25

 

山にラジオを持って来れば2時間丸々聞けたのに・・・・あー残念 sad

と、檜原村の放送すべてを聞くことはできなかったが、便利な世の中、ポッドキャストといって、当日放送の一部を改めてパソコンで配信する便利な時代になった。

これにはAMラジオファンも喜ぶ。

で、よりによって数日経って配信を聞いてみたら・・・・・なになに??

・10/10に安住氏がアルバイト兄ちゃんとレンタカーで神流町に来た?

・鍋焼きうどん屋(おばあさんが炬燵にいる)で食べた?

・万場小学校から巨大フロアマットを(安住氏が)檜原村に運んだ?

・檜原村の様子を探りに神流町から今回も出店が駆け付けた?

 

◆一連のトーク 詳しくはこちらのポッドキャストをお聞きください(24min)

いつもながらの安住氏の毒舌で軽妙なトーク、好感持てますheart04

http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/pod/index-j.html

↑「バックナンバーはこちら」の「檜原村からの公開放送」→「試聴する」ボタンをクリックする

 

<おまけ>

なかなか面白いじゃないの・・・と、もっと聞きたい方は 

2011.12.11(神流町公開放送本番) ★★★

2011.11.13(神流町公開放送の計画)★★

2011.11.06(神流町バスツアーの案内)★★

2010.12.26(フランチャイズが神流町に決定・役場前中継)★★

2010.12.19(一都六県リスナー確認調査2010)

のいずれの回も番組サイトの「バックナンバー」から聞くことができます。

ただし、そこまで探る人は間違いなくマニアの入り口でしょう、いらっしゃい lovely

 

 

| | コメント (0)
|

2012年10月14日 (日)

平標山・仏ノ倉山!

谷川連峰西面の平標山・仏ノ倉山に紅葉狩りに行った。

山仲間のhotさんが土合から5時に西黒尾根を登り、その足で谷川岳南陵主脈を縦走するという話を聞き、(ちょっと風邪気味≒体調不良で同行遠慮して…)途中で待ち構えることを考えた。

8時半に元橋から入山。駐車場には車も多くて満車に近い状態。途中、猿ヶ京の気温は4℃だったけど、三国峠の紅葉はまだまだいまいちだった。

Ts3r0724Ts3r0727

順調に高度を上げて鉄塔・松手山を過ぎて稜線に出たあたりから、南風が強くなり、手袋もウエアも耳当ても総動員して防寒しても割と寒い。

Ts3r0737

稜線には先行するハイカーさんがいっぱい。山小屋泊の人たちも徐々に下山してきて賑わう。それにしても風が強い。

Ts3r0742Ts3r0753Ts3r0748

後ろを振り返ると朝からずっと苗場山の「平ら」が見て取れる。カッサ湖?やスキー場のリフト駅・ゴンドラも見渡せる。

Ts3r0749_2

松手山から平標山までの稜線が結構距離があって、順調に進み山頂を踏む。大勢のハイカーで賑わっているのでそのまま仏ノ倉山へ。

Ts3r0757Ts3r0758 Ts3r0762_2

平標山から仏ノ倉山に向かうハイカーは意外と少なくて、こっちのコースに進むと静かな山に戻る。

夏なら御花畑がきれいな一帯を通過して、ハイマツの間で風をしのいで軽く昼食を食べて仏ノ倉まで40分弱。

Ts3r0768Ts3r0771Ts3r0772Ts3r0775

山頂で11:25。主脈を縦走している(はずの)hotさんへの携帯連絡は互いに電波圏外となり、いつ到着するのか(第一、予定通り向かっているのか?)も不明なまま、平標山を順調に通過して、予定よりかなり早く仏ノ倉に着いてしまった。

ちょっと南に進むと、朝から背後に見えた苗場山に代わり、間近に見えるエビス大黒の頭も迫力があってきれい!!(大きなザックを背負った縦走者が数名通過する)

Ts3r0776

強風を避けるためにエビス大黒の避難小屋に向かい、お湯沸かしてラーメンでも食べて昼寝をして待とうとしたら…11:45、なんと予定推測より1時間半くらい早く避難小屋手前でバッタリ遭遇…おまけに同行の友を連れて歩いてきた!!ナント!

Ts3r0783

仏ノ倉への急登で喘ぐ彼らを見送って、せっかくなので一旦避難小屋を往復。小屋で主脈日帰り縦走中のベテラン男女さんとも遭遇し、情報交換。

仏ノ倉山頂まで急登を戻ってhotさん二人と合流、万歳。

Ts3r0787Ts3r0788Ts3r0791

結局、そのあと、ベテラン男女さんとも同じペースで意気投合し、松手山経由で元橋まで下山。

やはり単独より話し相手、情報交換できる人がいると楽しみが全然違う。

Ts3r0794Ts3r0800 Ts3r0818Ts3r0825

15時前には元橋に無事下山。

それにしても寒かった!そして紅葉は時期が早いのか今年は猛暑でダメなのか、かなり期待外れ…だった?でも、そんなことを一切さすれるような、楽しく充実した一日でした。

平標・仏ノ倉の山の神様、恵比寿大黒様、ありがとうございました・・・

 

<所要時間> ※通過時刻 / 小走りあり参考にならず

元橋登山口 8:40→送電線の巨大鉄塔 9:20→松手山 9:45→平標山 10:40→仏ノ倉山 11:25(※下降中に縦走してきた仲間と会う)→エビス大黒避難小屋 11:55→平標山 13:05→松手山 14:05→元橋駐車場 14:55

<コース図>

<おまけ>

下山後は本日の自分のお役目として、お疲れの皆さんに激励の意味見込めて狭い車に5人乗車で土合まで搬送することに…。主賓ならぬ主脈の皆様、ぐったり爆睡どころか、経験豊富なマニアな山話に花を咲かせ、1時間弱ハイテンションで談笑。

主脈縦走は下山後のバスに間に合うのか、湯沢から土合に越える列車(極めて少ない)に間に合うかがすべてのカギを握る。

本日はバス利用に比べて2時間の時間短縮効果!搬送はとても喜んでもらえた、ヤッタネ~!

※同行ハイカーさんヤマレコからそれぞれ整理された日記を覗くことができます。あえてユーザー名載せませんがぜひご覧ください。そして、ヤマレコの普及にも一同驚き・・・。

Csg4fb46917a449e2_2

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)


| | コメント (0)
|

2012年10月 9日 (火)

『ランナーズ』 ☆熟読

日曜日のハーフマラソンが終わり、課題洗い出し(洗い流し?)の日々confident

たまたま立ち寄った書店でたまたま手にした『ランナーズ』で、たまたま開いたページに・・・

◆特集①  30kmの壁を破るには、30km走しかない!10月は徹底的に走り込むimpact

◆特集② 身近な食材が走力向上の近道に!「これが私のスペシャルフード!」restaurant

とか見出しが書かれていて、おまけに

ハーフマラソン後の1週間が走力アップのチャンス

脱・気分任せ!10月は計画を立てて距離を伸ばそう!

ともある。どういうことだ??

 

Asa

http://runnet.jp/book/runners/index.php 定価680円

 

この手の月刊誌、(編集者には失礼ですが)シーズン毎の繰り返し記事のパターンが非常に多いから、そう毎月買う必要はないとは重々承知しているが、 ハーフで伸び悩んだその日とタイムリーだったので、これも必要経費、数年ぶりに『ランナーズ』を購入してみた。

う~ん・・・30km走の効果はよく話を聞くけれど、自分としてはあまり深く考えたことがないですネ。

今年も秋から冬はロードレースが続くし、1月にはフルマラソン(6戦目)エントリー済みだし、一定の目標を持って少し真面目に取り組んでみましょう、そうしましょう!と。

 

<本題>

ついで、ブログ右フレームの「出場(予定)レース」のページも編集して記録を追加したり、予定レースを文末のほうに追加した pencil

成績・タイムはともかく、過去の参戦レースの様子が後からでもよくわかるように整理してある。

■出場(予定)レース 山系ENJOY編 

興味がある方はどうぞご覧ください。

また、レースご一緒の方は合わせて宜しくお願いします sign03

| | コメント (0)
|

2012年10月 7日 (日)

上田古戦場マラソン

上田古戦場ハーフマラソンに初参加。

11月のぐんま県民マラソンに照準を合わせ、その調整にエントリーが間に合う大会を探して締切最終日(9/7)に申し込んだ。

【参考】 古戦場に出陣じゃ 2012.9.7

初参加で正直あまり期待していなかったけれど、同じく信州の「小布施見にマラソン」並みにのどかな田園コースで、まずまず面白かった。

26回目を数えるだけあって、地元の参加者(少年少女~中高年)を中心に結構盛り上がり、安定した大会運営もとても好印象だった。

Ts3r0683_3
      

ガチ参加のため出走中の写真なし それ以外もあまりなし

「折り返し往復コース」という点が少し冷めてしまう。トップ選手とすれ違った後、折り返しの巨大な目印をどうしても探してしまう。(かなり走ったところにある現実・・・bearing

自分なりに目標にしていたタイムには及ばなかったけれど、微妙なアップダウンのある田舎道も、トレイルランナー(誰が?)の意地を見せて、下りは快走でゴールまでペースを落とさずに行けたのは自分をほめてやりたい good

<ラップまとめ> 

1-5km 22:10       突っ込みすぎ
5-10km 23:17      ゆるい上り坂
10-15km 22:33    今度は下り坂 ※距離表示なし残り距離数から
15-20km 21:42    少し下り+平坦 ※同上  ややバテ気味
21km-Goal 4:49   まぁ最後はこんなもんか

Ts3r0679

気になるゴールタイムは 1:34.xx

実は、4.20~4.30/kmを目標に走るつもりでいてほぼその通りに出来たが、よくよく考えてみると、ハーフマラソンは21.1km弱だということに走っていて気が付いた。

すると、単純計算で4.30/kmでは20キロで1時間30の計算になり、残り1キロ4.30で1:34となってしまう。

今日がその展開で、中間点ですでに48分、後半の下りで追い上げても結局1:34のままだった。ズバリ、計算ミス!

目標を90分に置くなら4:15ペースなのか!?実際に終わってみて初めて知る…

Ts3r0688

そして、PB更新への道はまだまだ遠いぞ。つづく・・・・・

               
<いくつか備忘>

①短パン下のインナーの股ずれ防止にワセリン塗って効果大 sweat01

②最近Tシャツでなくてノースリーブシャツで調子がいいが、左脇下が擦れていたい←腕がよく振れているからか逆に振らないからか?こっちもワセリン必要だった

③距離表示がちょっと微妙。5km→10kmの次は残り距離表示になってしまい、ラップうまく取れず・・・

④10kmくらいから右ハムストリングが少し痛くなり焦るが攣るまでに至らず

⑤練習ミニマスMT00で本番ぶっつけターサーも何ら問題なし。しかし、今シーズンもう1足ロードシューズ新調したい run

⑥事前話し合いがこじれて相方の応援なしも、逆にマイペースで会場入り+アップできていい感じ。ただ、会場で知り合いなく誰とも話せなかったので何とも味気ない一日

⑦割と早めにゴールできたが、手羽先焼き鳥の出店行列にはまり帰宅時間を大幅にロスする・・・?

⑧秋のマラソンシーズン突入。ラップタイムの皮算用や振り返りには下記計算サイトが便利です

◆マラソン換算表 http://jog.boo.jp/tool/kanzan/kanzan2.html

 

<おまけ>

帰りは連休で混雑する軽井沢を避けて北に嬬恋村に向かい、四阿山登山口(鳥居峠林道)の後、田代湖周回(車)して、いろいろ下見したらカルタ取りみたいになった。

四阿山は4回登っているが、鳥居峠コースはなく、林道終点まで見ておけたのは中々の成果。秋はすぐそこまで来ている maple

Ts3r0698Ts3r0706 Ts3r0709Ts3r0713

前々から気になっていた鎌原観音堂と嬬恋資料館をじっくり見学。浅間山を舐めてはいけないなと自戒したり・・・fuji

Ts3r0715Ts3r0716

帰りは帰りでなかなか楽しいドライブになった、ナイス!

| | コメント (0)
|

2012年10月 4日 (木)

「足腰健康守」★★

月が替わって10/1(月)、エントリー受付が始まった「館山若潮マラソン」に早々にエントリーした。

今年は年内から1月にかけて多忙になる予定で、正直走っている場合ではないが、公私を分けてやることはしっかりやろう sign03

【参考】 若潮マラソン発見伝 2012.1.29 ←前回参加の記録

 

8月の「おんたけスカイレース」では練習不足のためか、途中からハンガーノック&ペースダウンでとても悔しい思いをしたので、9月は気を引き締めて狂ったようにロード練習して月間215km走った。(距離的にはまだ序の口か?)

一日で40kmとか、距離の長い大会でドーンと走ったわけではなく、帰宅後ナイトランとか日々地道に重ねられたと思う。

 

最近、山登りには少し慎重になっているため、しばらく10月・11月とロード練習を続けて秋の10km・ハーフ・冬のフルと全部PB更新を目指すつもりでやりたい run

「月間走行距離はタイムに表れる・練習は裏切らない」

とはランナー自明の理なので、とりあえず冬の館山まで月間200kmはいくゾ。

 

で、最近、ジョギング時に家のカギと車のカギを取り外す機会が多くなったので、なくさないように、一つにお守りの鈴をつけてみた。

・足腰健康守 霊場恐山 ・・・ これ、熱血おじさんからの陸奥土産 オソレザン 
・足腰健康守 赤城神社
・足腰健康守 奥武蔵武州子ノ権現
・健脚健康草履守 碓井熊野神社

Cimg6414_2


まるで無造作にコレクションの中から選ぶ如く・・・delicious

お守りってそういうもんじゃないだろう?(でも、お守りの鈴っていい音で知らせてくれるんですよね)

どんだけ足腰を大切にしているんだ?

日々がんばって、年齢関係なく多少進歩して・・・

風邪ひかず 足腰丈夫で リフレッシュ! sun といきたい、いける!

 

| | コメント (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »