« 『ランナーズ』 ☆熟読 | トップページ | 安住氏神流町来訪 »

2012年10月14日 (日)

平標山・仏ノ倉山!

谷川連峰西面の平標山・仏ノ倉山に紅葉狩りに行った。

山仲間のhotさんが土合から5時に西黒尾根を登り、その足で谷川岳南陵主脈を縦走するという話を聞き、(ちょっと風邪気味≒体調不良で同行遠慮して…)途中で待ち構えることを考えた。

8時半に元橋から入山。駐車場には車も多くて満車に近い状態。途中、猿ヶ京の気温は4℃だったけど、三国峠の紅葉はまだまだいまいちだった。

Ts3r0724Ts3r0727

順調に高度を上げて鉄塔・松手山を過ぎて稜線に出たあたりから、南風が強くなり、手袋もウエアも耳当ても総動員して防寒しても割と寒い。

Ts3r0737

稜線には先行するハイカーさんがいっぱい。山小屋泊の人たちも徐々に下山してきて賑わう。それにしても風が強い。

Ts3r0742Ts3r0753Ts3r0748

後ろを振り返ると朝からずっと苗場山の「平ら」が見て取れる。カッサ湖?やスキー場のリフト駅・ゴンドラも見渡せる。

Ts3r0749_2

松手山から平標山までの稜線が結構距離があって、順調に進み山頂を踏む。大勢のハイカーで賑わっているのでそのまま仏ノ倉山へ。

Ts3r0757Ts3r0758 Ts3r0762_2

平標山から仏ノ倉山に向かうハイカーは意外と少なくて、こっちのコースに進むと静かな山に戻る。

夏なら御花畑がきれいな一帯を通過して、ハイマツの間で風をしのいで軽く昼食を食べて仏ノ倉まで40分弱。

Ts3r0768Ts3r0771Ts3r0772Ts3r0775

山頂で11:25。主脈を縦走している(はずの)hotさんへの携帯連絡は互いに電波圏外となり、いつ到着するのか(第一、予定通り向かっているのか?)も不明なまま、平標山を順調に通過して、予定よりかなり早く仏ノ倉に着いてしまった。

ちょっと南に進むと、朝から背後に見えた苗場山に代わり、間近に見えるエビス大黒の頭も迫力があってきれい!!(大きなザックを背負った縦走者が数名通過する)

Ts3r0776

強風を避けるためにエビス大黒の避難小屋に向かい、お湯沸かしてラーメンでも食べて昼寝をして待とうとしたら…11:45、なんと予定推測より1時間半くらい早く避難小屋手前でバッタリ遭遇…おまけに同行の友を連れて歩いてきた!!ナント!

Ts3r0783

仏ノ倉への急登で喘ぐ彼らを見送って、せっかくなので一旦避難小屋を往復。小屋で主脈日帰り縦走中のベテラン男女さんとも遭遇し、情報交換。

仏ノ倉山頂まで急登を戻ってhotさん二人と合流、万歳。

Ts3r0787Ts3r0788Ts3r0791

結局、そのあと、ベテラン男女さんとも同じペースで意気投合し、松手山経由で元橋まで下山。

やはり単独より話し相手、情報交換できる人がいると楽しみが全然違う。

Ts3r0794Ts3r0800 Ts3r0818Ts3r0825

15時前には元橋に無事下山。

それにしても寒かった!そして紅葉は時期が早いのか今年は猛暑でダメなのか、かなり期待外れ…だった?でも、そんなことを一切さすれるような、楽しく充実した一日でした。

平標・仏ノ倉の山の神様、恵比寿大黒様、ありがとうございました・・・

 

<所要時間> ※通過時刻 / 小走りあり参考にならず

元橋登山口 8:40→送電線の巨大鉄塔 9:20→松手山 9:45→平標山 10:40→仏ノ倉山 11:25(※下降中に縦走してきた仲間と会う)→エビス大黒避難小屋 11:55→平標山 13:05→松手山 14:05→元橋駐車場 14:55

<コース図>

<おまけ>

下山後は本日の自分のお役目として、お疲れの皆さんに激励の意味見込めて狭い車に5人乗車で土合まで搬送することに…。主賓ならぬ主脈の皆様、ぐったり爆睡どころか、経験豊富なマニアな山話に花を咲かせ、1時間弱ハイテンションで談笑。

主脈縦走は下山後のバスに間に合うのか、湯沢から土合に越える列車(極めて少ない)に間に合うかがすべてのカギを握る。

本日はバス利用に比べて2時間の時間短縮効果!搬送はとても喜んでもらえた、ヤッタネ~!

※同行ハイカーさんヤマレコからそれぞれ整理された日記を覗くことができます。あえてユーザー名載せませんがぜひご覧ください。そして、ヤマレコの普及にも一同驚き・・・。

Csg4fb46917a449e2_2

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)


|
|

« 『ランナーズ』 ☆熟読 | トップページ | 安住氏神流町来訪 »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ランナーズ』 ☆熟読 | トップページ | 安住氏神流町来訪 »