« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

▲ 浅間山外輪山 ▼

今年こそ日課に決めていた「ナイトラン」もそう簡単にはできないと判断、早々に軌道修正した・・・sweat01 所詮勤め人なので大人の事情、仕方ない。

山々は冠雪の時期だけど、休日の山行くらいは無理なく楽しみましょう snow

 

さて、予定が空いた日曜日、久しぶりに浅間山に行ってきた。正確には浅間山(前掛山)には登らずに、黒斑山・蛇骨岳・仙人岳などの外輪山一帯を周回する。

天気予報でも快晴確実のこの日、自宅から眺める朝焼けに輝く浅間がきれいで、思わず写真を撮る。山登り楽しみ、GO rvcar dash

Cimg6978

1時間半くらいで9時前に浅間山荘に到着。

すると、いつものワンちゃん×2が出迎えてくれてうれしい。いつ来てもかわいいワンコ達が浅間行きの目的だったりする。

Cimg6996Cimg7002

今回のコースはいつものお気に入りコースなので、詳細は以前の記事を参照。所要時間もほぼいつも通り。

★ほぼ同時期→浅間山外輪山登山(2010.12.6) 外輪山周回冬(2011.12.20)

★真冬→黒斑山スノーシュー(2011.2.26)

★夏場の練習→外輪山トレイル(2009.8.20) 前掛山(2011.9.6)  ほか

今回は初冬でハイカーもそれほど多くはない。黒斑山で車坂峠(高峰高原)から入山の人が数組(10名くらい?)いたのと、この時期の前掛山に挑む人々が4名+2名+1名+1名+αくらいの様子。

 

以下、ポイントのみ写真紹介・・・ camera

◇火山館までの登山道に雪はまったくなしで、ちょっと拍子抜けした感じ。不動大滝は結構凍っていてなかなかいい感じ。1月くらいだと立派な氷瀑になるのか?(未確認)

Cimg7010Cimg7015

◇カモシカ平にカモシカの姿はなし。登山者が皆無なのでいかにも逢いそうな雰囲気なんだけど・・・残念。

Cimg7022Cimg7026

◇火山館あたりから山肌に雪が見えてきた。とはいっても、前橋から見える真っ白な浅間山のイメージからは程遠いほどの積雪量か。

湯ノ平で休憩ののち、「草すべり」をすべらずに「のぼる」ことにする。アイゼン装着。

Cimg7031Cimg7038Cimg7040Cimg7043

◇草すべりをのぼる。

結構な急斜面だが雪は凍っていないので踏ん張れば無理なく登れる。グングン高度を上げると浅間山がきれいで、南には富士山も見えてきた。

若いひとりの女の子が果敢に下山していったのはびっくり。岩場の急斜面にもカモシカらしき足跡が無数。

Cimg7051Cimg7048Cimg7063Cimg7060

◇湯の平から45分くらいで稜線に出て「トーミの頭」に立つ。頭に居合わせたおじさんと談笑。太田在住というこの方と「赤城山が一番美しく見えるポイント」について意見交換。

(ぐんまの人は大抵自分の自宅近くから眺める赤城山が一番きれいという)

Cimg7075Cimg7077

御嶽山(手前の平原は車山高原?)と槍ヶ岳の雪景色きれい

Cimg7085Cimg7087

◇黒斑山をパスして、蛇骨岳方面へ。

この間の樹林帯には雪が吹き溜まり、いつもながら雪が多い。頭上注意。右の崖を眺めるも、動物の足跡たくさん。浅間山きれい。

Cimg7092Cimg7105Cimg7110Cimg7111

◇蛇骨岳から仙人岳を経てJバンドへの稜線は思ったほど風が強くなかった。

北に見下ろす嬬恋村のキャベツ畑(写真は御飯岳と小串鉱山跡)は黒くてきれい、四阿山の雪はまだ少ない。正面に浅間山ドーンと。

Cimg7117Cimg7126Cimg7130

◇こちらの稜線はハイカーも皆無でゆっくりと楽しむ。程よいアップダウンで足取りも軽い。

ここで草すべりですれ違った娘さんと再び会い少し話し込む。初雪山でちょっと参っている様子だった。確かに、単独なら少し緊張するが、天候的にも時間的にも無理のないペースなので励まして別れる。

Cimg7136Cimg7146
Cimg7153Cimg7156

◇マイナーコース「バカ尾根」分岐となる?Jバンドから、南へ降下。

この日、スカイランナーの大さんグループもしゃくなげ園からバカ尾根に登っていたことを後から知り驚く。踏み跡はそのせいか?ear

SkyRunnerキャベツのブログ 「バカ尾根」

Cimg7157Cimg7165

◇Jバンド下りで多少夏道を外れて迷ったのち軌道修正、ここまでくればあとは湯の平に出て、火山館へ向かう。

今めぐってきた外輪山を見上げると、結構雪が積もっていて驚く。snow

Cimg7173Cimg7176Cimg7181Cimg7182

◇そして、「今日一日、カモシカに逢えそうで逢えない山歩きだった・・・」とトボトボとカモシカ平あたりに差し掛かると・・・先を行くおじさんたちが「ほれっ~」と岩壁を指さす。

キ・・・キタ? キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

こういう2ちゃんねる的顔文字は軽蔑するので使いたくないのですが・・・

Cimg7190

しかし、なんとまぁ遠いところで、大平原のアメリカバイソンのように微動だにしないカモシカ・・・あれ、本当にカモシカか?(間違いはないのですが・・・)

Cimg7194Cimg7186

とかなんとか言っているうちに、「ほれ、あっちにもいるがな・・・」とおじさんたち。

マタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

反対側の牙山の下の崖を歩くカモシカ。

Cimg7210Cimg7212

おじさんたちと後続ファミリーとじっくりとカモシカ見物を楽しんで、カモシカ平を後にする。彼も、「もういいでしょ、バイバイ・・・」と斜面を去っていく。

Cimg7215Cimg7220

そして、無事に山荘に帰ると、こちらはワンちゃんたちがお出迎えありがとう。

Cimg7226Cimg7231

 

<所要時間> ※まったりと登山ペース

浅間山荘9:15→不動大滝9:50→火山館10:45→湯の平10:50~11:00→トーミノ頭12:00~15→黒斑山12:35→蛇骨岳12:55~13:15→Jバンド13:50→湯の平14:15→浅間山荘15:30

 

<コース> ※hot3さんのヤマレコから

 

<振り返り>

①この一帯のカモシカ遭遇率は極めて高くて、10回以上登っているなかで、実に7割くらいは逢っている。今回も最後の最後で楽しめて満足。ヤッタ happy02

②相変わらず冬場の装備が心もとない。山登りを始めた9年前の写真と同じ衣類を着ている有様・・・「あるものは買わない主義」にも限界がある?

③前橋方面から見えた真っ白な浅間山も、現地ではまだまだ本格的な雪でもなかった。山荘から火山館までは雪は皆無。冬というか、晩秋山歩きの感じ。ただ、その先は積雪も多くなってきて、この後一度寒波が来れば瞬く間に銀世界になるのだろう。

気温は一日通して冷たかった。風は南風。

④富士山・日本アルプス・上越国境・尾瀬方面もすべて視界良くきれい。

⑤浅間山荘の茶色いお風呂は独特で毎回疲れをいやしてくれる名湯 spa

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (2)
|

2012年11月24日 (土)

感謝★スパシーバ!

年内しばらく忙しくなり、ブログ更新も思うように進まない中、ちょっと癒し系の話題でお茶を濁す作戦・・・japanesetea

先日ロシアに出張にいった親友から温かいお土産を頂戴しました・・・lovely

※キャビアではありません

20121129_010022

↑偶然近くにあった「ナベツネ新聞」の新聞回収袋を背景にしたが・・・混同する?

ロシアの民芸品「マトリョーシカ」は実にかわいくて、相方も童心にかえって大喜びしてくれた。

当の自分は精巧な作りに感心したり、この人形の製造工程がどうなっているのか考えたりした。

「一人の職人が全部の人形を任されるのか?」 = 就労意欲の向上

「ちっちゃいのだけを延々と作る人がいたり、大きさで分担?」=業務効率化

「作業しやすい大きいのは見習いでもできるのか?」=実践的職業訓練

「外側の大きいのは飾られている間目立つから熟練の技か?」=営業戦略 

とか他愛もないことを考えたり・・・。        

それにしてもかわいいな virgovirgovirgovirgovirgo

新河岸さん、Спасибо.(スパシーバ)

ありがとう、来年こそ神流MR&W、ガッツリ楽しみましょう!

 

<おまけ>

先日浅間山で逢った癒し系ネタは近いうちアップします!

Cimg7215 呼んだ?

 

| | コメント (0)
|

2012年11月16日 (金)

堀マラソン★申込済

スバル→県民→神流と秋季恒例の「上州三連戦」が終わると、11月恒例のエントリーの木枯らしが吹く・・・・cloud

◆平成25年2月10日(日)桐生堀マラソン10km ※5回目

 2012年  2011年  2010年  2008年

 

これといって大賑わいのレースというわけではないけれど、地元桐生市の人で知らない人はいない「堀マラソン」・・・run

子供からお年寄りまで楽しめる(らしい)田舎マラソンで、小中高生の部活集団がいろんなユニフォームで参加する「校内マラソン大会」の様相 smile

 

コースは群馬大学工学部あたりを桐生川ダム(梅田湖)方面に向かって緩い上り坂を走っていく感じで、折り返し後は緩い下りなので意外と後半の失速がカバーできる。そして、タイムも割と出やすいと聞く。(もしかして、短いのか?)

自分は毎回10km参加しか経験がないが、真冬のロードレースはモチベーションを高める意味でもとても効果的と考えてる。で、今年もエントリーした。

 

いまやトレイルランニング界の世界的なトップランナーとなった鏑木毅さんの出身地桐生で、おそらく、師も出場された(未確認)であろう「堀マラソン」に勝手に思いをはせて、冬の桐生路を激走しましょう、そうしましょう!

0 公式HPから転載

 

<おまけ>

なになに? この間の「ぐんま県民マラソン」ってそんなに不評なんですか?ランネットの大会評価を覗くと軒並み酷評・・・

大会運営もコース整理も少々言われすぎの感じsweat01

まぁ確かに、毎年変わり映えしないあのTシャツは何とかならないものかと思うが、正田醤油スタジアム・国体道路・県庁周辺・高前バイパスと巡るあのコース、あれはあれで十分楽しいと思うのはやはり地元在住だからなのか?

それにしても最初の方の意見は結構厳しい評価ですな catface 

Title_38

◆RUNNET 大会レポート ぐんま県民マラソン2012

実に22回を数える県民マラソン、流行りの大会レポートなどを載せるマニアはごく一部のランナーだから・・・そういうのは参考意見として、引き続きスポンサーの上毛新聞社には頑張ってほしい。

Photo_2この人知ってますか?

| | コメント (0)
|

2012年11月15日 (木)

神流清掃登山の件

先日のレースレポートの最後に載せた「清掃登山」の実施日が変更になっていますのでご注意ください。

17日(土)午後は雨模様のため、翌18日(日)午前になるそうです。

 

◆行け行けGOTTI!

~緊急告知・神流町清掃登山時間変更のお知らせ~

http://gogogotti.blog88.fc2.com/blog-entry-377.html

20121116081632f6a

日曜日、所用のため参加できずすみません confident

狩猟解禁最初の休日ですが、西御荷鉾一帯は禁猟区(たぶん)なので大丈夫でしょう。

KEEP   GREEN  KANNA !

宜しくお願いします

           

| | コメント (0)
|

2012年11月13日 (火)

あゝ 神流MR&W…

秋の上州三連戦、太田スバル(10/28)→ぐんま県民(11/3)→そして、本命の「第4回神流マウンテンラン&ウオーク」(11/11)に参戦だ runrun

親父(66)の老体に鞭打って強引に「スーパーロングペアの部50km」へエントリー。これまでの親父の戦績なら完走は十分可能と思われたけど、2週間前から膝痛のために数日前まで階段も上れなかったらしく、出走前から早くも不安要因だけが募る状態。

一方の自分もバタバタと忙しくて気持ちも何となく盛り上がらずだったり…think

Cimg6921_2

だましだましのスタート後、父不見山あたりも終始最後尾に近い位置取りとなるが、これはこれで想定内、全然問題なし chick

オレンジ組桶川師匠ペア、イチローペア、シングルの吾作さんまんもさん達と並走するも、次第に離されて終わり、以後姿を見ることなし。

Cimg6749Cimg6760Cimg6772Cimg6788

朝日を浴びて輝く赤久縄山とか、見ごろを迎えた紅葉とか景色もきれいで、そうこうしているうちに父不見山山頂。1時間半ちょっとか・・・

Cimg6793Cimg6805

ここからの下りは膝痛の身、慎重に下る。様子を見る限り案外順調かもしれない。ロキソニンが効いているだけなのか?   

Cimg6808Cimg6810

2時間半ちょっとで神流町役場前メインストリート。

ロングスタート凱旋の後、スーパーロングちらほら通過の最後の方の時間帯であまり応援もないかと思いきや、声援が絶えずうれしい。ここで一度泣く・・・crying

知った顔も応援に駆け付けてくれていてナイス、感謝!

Cimg6824Cimg6826Cimg6829Cimg6830

ここから若御子尾根・桐ノ城山までは林道もトレイルもほぼ完全に歩きでマイペースでいく。ランナーはまばらだがせかされることもすくないので歩きやすい。

紅葉もきれい、過去4回の中で一番ではないのかな?maplemaplemaplemaplemaple

Cimg6842Cimg6847Cimg6861Cimg6858

決してペースアップはできないんだけど、立ち止まることもなくてまぁまぁのペースで進む。親父の脚の具合も相変わらずで悪くもなく良くもない。

みかぼスーパー林道のT字路(丁字路)で仲間の応援を受けてたら山から240君&hirorinペアが下りてきて遭遇・・・ オレンジ組応援隊もまたありがとう good

Cimg6866Cimg6867

そして御荷鉾山の登山口で第一関門・エイドに到着。ぐんまちゃん(知り合い)のお出迎えを受ける。10:15

ラッキョウ・甘い梅・コーラ・まんじゅう・バナナ・・・・しばらく休んで急登に入る。ガスが出てきて景色はなく徐々に冷える。

Cimg6873Cimg6875Cimg6878Cimg6884

御荷鉾山下山後、いったんスーパー林道に出て、オドケ山・古峠とトレイルに入って、ヘロヘロと林道に出れば、あとは第二関門「森林公園」までは緩やかな上りの車道となる。

このあたりも正念場にちがいない。

Cimg6888Cimg6889Cimg6890Cimg6894

と、車道の出合いでハイテンションの熱血おじさん(※夜勤明け)の応援を受け、その先で上州山楽走の私設エイドが盛り上がる。すごいおもてなし happy02 restaurant

※制限時間を気にしてワタシは先を急いでしまい失礼しました

Cimg6897Cimg6903
Cimg6906Cimg6907

千葉から参加のシングル姉さんを巻き込んで、林道も3人でそこそこ頑張って、森林公園関門時間12時半に30分残して12時に着く。

森林公園から持倉まで1時間では絶対にいけないと見込んでいたので、30分のプラスは悪くないペースだと見込むが・・・・(それでも結果的に見込みが甘かった?)sandclock

Cimg6909Cimg6914

森林公園エイドからはみかぼスーパー林道を西に杖植峠まで8㎞くらい行く間、毎年の鬼門区間、今年もここが非常に厳しい。

白髪山で30分残せばギリギリ持倉に間に合うかと思ったら、トレイルに3度くらい入るアップダウンは疲れた足にこたえ、ガス模様で風の吹く尾根で一気に体が冷えた。林道も走れそうでなかなかペースが上がらない。

結局白髪山を13時14分に通過する。う~んますますマズイ展開?cloud

Cimg6925Cimg6928Cimg6932Cimg6938

白髪山から持倉集落に向けて下る「ふかふかのトレイル」も、膝痛の親父には苦戦、制限時間のこともあり先を急ぐがペース上がらず万事休す impact

途中の祠過ぎで13時30分を迎えてしまいリタイア。

結局、12分オーバーで持倉到着。親父はさらに遅れて30分遅れとなる・・・(ペア同士でこれだけ離れた時点で失格は承知の助デス gawk

Cimg6940Cimg6943Cimg6947

持倉エイドでは残念ながら名物のお蕎麦はすでに完食終了sad

(個人的な身勝手な感想として・・・)持倉のお蕎麦だけを励みに関門時間後もフラフラ頑張ったランナー達は何とも残念無念(蕎麦が・・・) 

※持倉の皆さんのご苦労は常日頃から重々承知ですので・・・

持倉の正○爺さんちで毎度リポDをいただいたり、かなりのんびりと散策して、おとなしく搬送バスでコイコイに戻る。お世話になりました。heart04

Cimg6958Cimg6953

ランナー仲間のみなさん、上州山楽走・オレンジ組はじめ遠路応援に駆け付けてくれた皆様、ボランティア・大会関係者様に心から感謝です。

Cimg6961
           
         

 

<通過時刻> ※次回リタイア対策早見表

スタート6:00→父不見山山頂7:35→役場前8:35→西御荷鉾山登山口10:15~20(第1関門時刻11:00)→西御荷鉾山山頂10:35→塩沢峠(山楽走私設エイド)11:20→みかぼ森林公園11:58~12:04(第2関門時刻は12:30)→白髪山13:15→持倉エイド13:42(第3関門時刻は13:30) ここでDNF

 

<振り返り> 備忘録

①他のレースでも類を見ないペア走の醍醐味を改めて知る。相手をすべて受け止める寛容な心(おおげさ?)と互いの「戦術」がカギを握る。うまくいって万歳、うまくいかなくてもそれで経験値は高まるハズ。

【参考】 神流MR&W★ペア走 2011.11.6

②紅葉は本当に見事だった。これまで4回の中で一番きれいではないか?maple

③装備品は過不足なし。本当はザックやめて身軽に行きたかったが、悪天候予報あり防寒対策必至なので重装備にした。ペースもゆっくりだったのでこれは正解。

去年作ってもらったゼッケン止めベルト・・・相変わらず「○隠し」のような位置だけどしっかり固定されていて便利。これは着替えが多そうなレースでは必ず使える。

④最悪「父不見山」だけで終了、頑張れて西御荷鉾エイド・・・と言っていた親父が思ったより頑張れて持倉まで行けただけで今回は奇跡に近い。当の親父も「反省点は何もなし」というのですべて結果オーライでしょう。

きっと故障を乗り越えてメンタルも強くなるだろう。12月はさのフル、来年は野辺山ウルトラらしい。心臓が止まらない程度に頑張ってほしい。

 

<ご案内>

祭りの後の清掃登山がありますのでよろしかったらぜひご参加ください。

自分は仕事のため不参加ですが、老体にさらに鞭打って打って代理を派遣予定・・・・この親不孝者が sweat01

20121027111912929

<早くも来年の開催日決定>

2013

問題は開催日よりも「エントリー日」だ、クリック合戦を勝ち抜こう!

         



---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (0)
|

2012年11月 4日 (日)

赤城山から富士山☆

ぐんま県民マラソン翌日、心の故郷 赤城山に向かう。やっぱり落ち着く wink

ハーフをガチで走って、「やっぱり山が一番」との結論に至ったので、朝から天気が良ければ朝一で黒檜山を考えていたが、強風にすっかり萎えてしまい出発が大幅に遅れる。

麓の馬事公苑あたりで用事を済ませて午後3時過ぎからの赤城山。

観光客が帰った大沼(1周5km)をグルグル2周練習してから、締めは夕暮れ時の長七郎山に登ってみた。

Cimg66982

長七郎の山頂までは駆け足で15分とかからない。夕方になり気温4度くらいでそこそこ寒いので、短パンではちょっとやりすぎた・・・でも気持ちいい。

大気の関係なのか、飛行機雲があちこちでみられる airplane

Cimg67102Cimg67042

そして、山頂から関東平野の眺望、ナントご褒美に思いがけず富士山拝めた!

これはうれしい good 富士山どこ??

Cimg67012

うっすらと雪をかぶった富士山アップ!この日は遠景のほうが澄んでよく見えた fuji 近景は霞んでいてスカイツリーは全然ダメ・・・

Cimg6711

西には荒山の奥に浅間山・四阿山、その奥に北アルプス続く。東に足尾の山々。日光白根は雪を被っている。谷川連峰・上州武尊もかなり降った様子だった。

Cimg67162Cimg6727

長七郎周回はわずか30分弱。日没が早くなるこの時期、秋から冬にかけてちょうど空気も澄んでくるので、夕暮れ時の眺望がナイスなことが多い。

必ず防寒・ヘッドライトとか持参で、山頂東面の切れた箇所だけ注意しておけば、暗くなる前に小沼駐車場に十分下山できる。

そして、あちこちでヒューン・ピュー・ピョピョォーと鹿が鳴く。

Cimg67352

<所要時間> ※ジョギング練習

小沼駐車場(16:20)→長七郎山頂(16:35~45)→小沼駐車場(16:55)

<おまけ>

①記録を見たら、去年は一眼レフカメラを持って行ったのできれいに撮れていた。1ヶ月遅いから時間も16時過ぎと早い。

【参考】晩秋・初冬の赤城山 2011.12.04  camera

②当地では秋の風物詩、県民マラソンが終わるとランナーの姿が激減するので、それ以降も走り続ける者こそが真のランナーかと勝手に判断・・・

(まぁ昨年までは自分も専ら週末山登りばかりで、普段のロード練習は皆無に近かったので偉そうには言えないが・・・confident

今年は違う。来季の目標を意識しつつ、しばらく頑張ってみよう!

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (2)
|

2012年11月 3日 (土)

快晴!ぐんま県民M

上州三連戦の二戦目「ぐんま県民マラソン(ハーフ)」に参加 runrun

写真が少ないから速攻でアップだ!(11/3 15:00)

朝は冷え込んだものの、スタートの8時半から多くがゴールする11時頃まで雲一つない青空で風もなく絶好のマラソン日和だった。

Cimg6679

上州山楽走+スポーツジム+走ろう会+@で専任Hコーチの下で結構激しくクネクネとストレッチする。結果的に、この体操と遠いスタートラインまでのジョギングがいい運動になった。

※見慣れたイヌが一人います

Cimg6683Cimg6689

今回からスタート時刻が30分繰り上がり、おまけにスタート地点も従来より700M南に移ったらしいので早めに移動。

以下、ガチ参戦のため写真なし  一部マカロニさんよりいただく

8時30分に大澤群馬県知事が「ピストルがないから『スタート』の掛け声でスタートしますからね!」・・・・・「スタート~~っ」dash

となんとものどかな号砲、これがなかなか良くて、一斉に走り出す感じでもなかったのでいいペースでダッシュできる。(整列位置については、本来、目標タイム順に整列するべしと思う、全然なってない)annoy

2012_1103_083230p1000266_22012_1103_083957p1000268

今回は9月以降のロード練習の成果が多少表れたのか、前半10KMはいつになく順調、後半も意外とペースダウンもなく、それなりに安定して走れた感じがする。

沿道ではスタートが30分繰り上がったので、そのことを知らない応援の出足が鈍いのではないかと心配したが、例年応援してくれている知り合いの女性たち(全ておばちゃん)は軒並み出てくれていてよかった heart02

国道沿いでうちの相方、井野川で熱血おじさんは山楽走Tシャツ着て熱烈応援ありがとう。

10KM過ぎからはラップもとるのをやめて、その後、中間点もゴール付近も時計を見ずに頑張って、結果は1時間34分。90分切は依然として遠く、PB更新もお預け。

でも、全体的には納得のいく内容だったのでまぁ満足 scissors

やっぱり日頃の努力は(多少)報われる?
久しぶりに会うラン仲間と盛り上がりつつ、楽しい一日でした。

Cimg6685

実はこれはスタート前のアップ風景ですので・・・

<振り返り>

①いつもながらほとんど朝食を摂らずにスタートへ。ただ、ホシノスポーツの販売ブースで勧められた「アミノバリュー『パーフェクトエネルギー』」で補給しておいたら、確かに後半の粘りが違った(と思う)。

 Img57893803_2

②トレーナーのH先生に差し入れいただいた「ヴァーム缶」で補給しておいたら後半の粘りが違った(と思う)。

③股にワセリン塗っておいたら確かにいい、諸問題なし。

④沿道の声援は30分繰り上げスタートがきいてか、相対的には例年より少なくて残念だった気がする。コース住民の人にはいまいち周知されてなかったみたい。

⑤復路の県庁過ぎ、10KM部門と重なるためエイドも走行もかなり混雑して道幅いっぱいになり、10KM往路に入り込んで交通整理のおじさんに何度も注意されるが(言わせてもらえば)ペースが違うのだからあれは仕方ないです dash

⑥ゴール後の無料サービスでお世話になった育英メディカル専門学校の方々、無料なのに丁寧に施術してくれて感謝。来週の神流50Kに向けてとてもうれしい。こういうのは学校のイメージアップですね。(リンクを張っておきましょう!)

最後に「おきばり」もしてくれた・・・置き針ってなんだ?「置き鍼」らしい。

Ts3r0840

日頃の努力は報われる (と信じてる) shine

恒例の県民マラソンが終わっても、日頃からロード練習できる習慣をつけましょう、そうしましょう!

| | コメント (0)
|

2012年11月 1日 (木)

神流応援の勧め②

神流マウンテンラン&ウオークまで10日あまり・・・sweat01

(まぁその前に明後日はぐんま県民マラソンなんですがね)

10月の月間走行距離は160km弱でそこそこ頑張った(と思う)。中旬に軽く風邪をひいてしまい1週間くらいほとんど走れなかったのが響き200kmに届かず・・・そして、ここのところ仕事が忙しくなり、山で遊んでばかりもいられない・・・マズイgawk

で、神流ネタで過去ログから引っ張り出した「応援の勧め」・・・・・・元ネタは2011年11月で、写真はその前の年の2010年のものが多い。ある意味、とても懐かしいので興味のある方はどうぞお楽しみ下さい cat

 

----------ここから引用------------

トレイルランニング界では噂のレースだけに、7月1日のエントリー当日に数時間で定員に達してしまったことを心に留めて、走れない人の分まで楽しんで頑張りましょう、そうしましょう!

そこで、申し込みできなかった人への応援プランをちょこっと紹介。

Kanna2010_147

真剣勝負で一瞬で駆け抜けていってしまうロードレースよりも、比較的爽やかなランナーが多く、タイムをあまり意識しないゆるいトレランレースは応援がかなり楽しかったりする。

◆例えばこんな感じ→ 神流MR&W(応援)

神流のコースはプロデューサーの鏑木さんのお言葉のとおり、家族・友人・その他観戦者もとても応援しやすいコースになっていて、(車で)要所要所に先回りできるので、非常に効率的。

<コース概要> ※公式HPから許可を得たつもりで2012版転載 詳細はサイト参照

4throotmapl


<主な観戦ポイント> ※ほとんどロングの5~7.5h Goal選手対象・・・

◆スーパーロングスタートを見る 6:00 

物好きなスーパーな人たちは暗闇の中、「逆方向」に走っていくので、朝早いし、応援したい人はまぁご自由に・・・かな?

Kanna2010_004Kanna2010_008

◆スタート 6:45~7:05

スタートの盛り上がりはすごい。坂道を下るので前方から見応え十分。脇にいる鏑木さんにも注目。そして最後尾集団(≒オレンジ組)の余裕ぶりも見所だろう。

Kanna2010_035

◆役場前メインストリート 7:10~7:30 

神流町のメインストリートを選手が駆け抜けるところ。神流町の人口の過半数が集結したかのような沿道の応援は心温かい。

ちなみに、ロングがほとんど通り過ぎた7:35くらいには6:00にスタートして父不見山10kmを巡ってきたスーパーロングのトップ選手が通過してくるのでここまで待ちたい・・・

Kanna2010_104Kanna2010_120

◆みかぼスーパー林道出合い 8:00~9:20

若御子ルートから山に入った選手が再びロードに現れるところ。桐ノ城山入口もいいが、スーパー林道丁字路のほうが駐車スペースあり観戦しやすい。

それに、ここの丁字路は西御荷鉾山へ登って下りてきた選手も応援できるため二度声援送れるのよ。これはコースを選定した方に拍手だ!西御荷鉾登山口(第1関門)で応援するとこれができない。

約10kmのこのあたりになると、選手間のタイム差が広がってくるので応援しにくくなる。対象をトップ陣とするか、一定のペースの対象者に絞るか・・・。

ちなみに、スーパーロングのトップ(昨年は横山さん&大さん)は着実にペースを上げてくるのでちょうど応援対象になった。

Kanna2010_153Kanna2010_210

◆その後は①塩沢峠②みかぼスーパー林道沿い③みかぼ森林公園あたり  9:30~10:20

選手間のタイム差がますます開くため、さらに中間点を設定すると、トップを追うことは難しくなる。(トップだけを追うなら、通過後、早めに早めに先回りするに限る。)

他の選手はオドケ山・古峠と二度山に入り、その後はしばらく林道を走るので都合良い場所で応援する。

手っ取り早いのはエイド&第二関門「みかぼ森林公園」だが、選手が歩いているダート林道を車で行ったり来たりするのが少しためらわれる・・・

Kanna2010_254Kanna2010_252

◆マイナー ④持倉 ⑤安取峠 ※基本自粛 10:40~13:20

なかなか山深い観戦ポイントとして二箇所あるが、車道アクセス困難+駐車スペース不足のため基本的には自粛が望ましいか・・・(と思う)。

しかも、持倉は車道遠回りなので時間がかかるので大会当日は厳しい・・・。

昨年は安取峠でサプライズ応援したが、ミドルスタート地点の栗木平から通じるダート林道は意外とタフで四駆車でもなかなか難儀した。※トレラン練習でよさそう。

Kanna2010_296Kanna2010_347

◆ゴール地点  13:45~最終ゴール16:00

普通の選手は安取峠から60分~80分でゴールしてくると思われる。対象選手の通過後、先回りしてゴールへ向かいたい。

Kanna2010_361_2

◆表彰式 記念撮影

ものすごくアットホームな表彰式・・・そして記念撮影。これも楽しい。

8f26d4c8_2

<おまけ>

①ミドル選手は9時に栗木平スタート後、応援者は「みかぼ森林公園」まで先回りして「東電鉄塔」まで林道を10分くらい歩いてコースに出る(はず)。結構忙しいか?ロング選手も通過するので見られる。

②翻って、スーパーロングはというと・・・基本的にロングが一段落した後にやってくるので、応援も下火になった頃・・・意外と声援少ない?(特に後半)。スーパーは人は勝手気ままな人が多そうなのでこれはこれでいいか。

そんなこんなで、神流もファイトだ!

| | コメント (4)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »