« 感謝★スパシーバ! | トップページ | 足回りの整備とか・・・ »

2012年11月25日 (日)

▲ 浅間山外輪山 ▼

今年こそ日課に決めていた「ナイトラン」もそう簡単にはできないと判断、早々に軌道修正した・・・sweat01 所詮勤め人なので大人の事情、仕方ない。

山々は冠雪の時期だけど、休日の山行くらいは無理なく楽しみましょう snow

 

さて、予定が空いた日曜日、久しぶりに浅間山に行ってきた。正確には浅間山(前掛山)には登らずに、黒斑山・蛇骨岳・仙人岳などの外輪山一帯を周回する。

天気予報でも快晴確実のこの日、自宅から眺める朝焼けに輝く浅間がきれいで、思わず写真を撮る。山登り楽しみ、GO rvcar dash

Cimg6978

1時間半くらいで9時前に浅間山荘に到着。

すると、いつものワンちゃん×2が出迎えてくれてうれしい。いつ来てもかわいいワンコ達が浅間行きの目的だったりする。

Cimg6996Cimg7002

今回のコースはいつものお気に入りコースなので、詳細は以前の記事を参照。所要時間もほぼいつも通り。

★ほぼ同時期→浅間山外輪山登山(2010.12.6) 外輪山周回冬(2011.12.20)

★真冬→黒斑山スノーシュー(2011.2.26)

★夏場の練習→外輪山トレイル(2009.8.20) 前掛山(2011.9.6)  ほか

今回は初冬でハイカーもそれほど多くはない。黒斑山で車坂峠(高峰高原)から入山の人が数組(10名くらい?)いたのと、この時期の前掛山に挑む人々が4名+2名+1名+1名+αくらいの様子。

 

以下、ポイントのみ写真紹介・・・ camera

◇火山館までの登山道に雪はまったくなしで、ちょっと拍子抜けした感じ。不動大滝は結構凍っていてなかなかいい感じ。1月くらいだと立派な氷瀑になるのか?(未確認)

Cimg7010Cimg7015

◇カモシカ平にカモシカの姿はなし。登山者が皆無なのでいかにも逢いそうな雰囲気なんだけど・・・残念。

Cimg7022Cimg7026

◇火山館あたりから山肌に雪が見えてきた。とはいっても、前橋から見える真っ白な浅間山のイメージからは程遠いほどの積雪量か。

湯ノ平で休憩ののち、「草すべり」をすべらずに「のぼる」ことにする。アイゼン装着。

Cimg7031Cimg7038Cimg7040Cimg7043

◇草すべりをのぼる。

結構な急斜面だが雪は凍っていないので踏ん張れば無理なく登れる。グングン高度を上げると浅間山がきれいで、南には富士山も見えてきた。

若いひとりの女の子が果敢に下山していったのはびっくり。岩場の急斜面にもカモシカらしき足跡が無数。

Cimg7051Cimg7048Cimg7063Cimg7060

◇湯の平から45分くらいで稜線に出て「トーミの頭」に立つ。頭に居合わせたおじさんと談笑。太田在住というこの方と「赤城山が一番美しく見えるポイント」について意見交換。

(ぐんまの人は大抵自分の自宅近くから眺める赤城山が一番きれいという)

Cimg7075Cimg7077

御嶽山(手前の平原は車山高原?)と槍ヶ岳の雪景色きれい

Cimg7085Cimg7087

◇黒斑山をパスして、蛇骨岳方面へ。

この間の樹林帯には雪が吹き溜まり、いつもながら雪が多い。頭上注意。右の崖を眺めるも、動物の足跡たくさん。浅間山きれい。

Cimg7092Cimg7105Cimg7110Cimg7111

◇蛇骨岳から仙人岳を経てJバンドへの稜線は思ったほど風が強くなかった。

北に見下ろす嬬恋村のキャベツ畑(写真は御飯岳と小串鉱山跡)は黒くてきれい、四阿山の雪はまだ少ない。正面に浅間山ドーンと。

Cimg7117Cimg7126Cimg7130

◇こちらの稜線はハイカーも皆無でゆっくりと楽しむ。程よいアップダウンで足取りも軽い。

ここで草すべりですれ違った娘さんと再び会い少し話し込む。初雪山でちょっと参っている様子だった。確かに、単独なら少し緊張するが、天候的にも時間的にも無理のないペースなので励まして別れる。

Cimg7136Cimg7146
Cimg7153Cimg7156

◇マイナーコース「バカ尾根」分岐となる?Jバンドから、南へ降下。

この日、スカイランナーの大さんグループもしゃくなげ園からバカ尾根に登っていたことを後から知り驚く。踏み跡はそのせいか?ear

SkyRunnerキャベツのブログ 「バカ尾根」

Cimg7157Cimg7165

◇Jバンド下りで多少夏道を外れて迷ったのち軌道修正、ここまでくればあとは湯の平に出て、火山館へ向かう。

今めぐってきた外輪山を見上げると、結構雪が積もっていて驚く。snow

Cimg7173Cimg7176Cimg7181Cimg7182

◇そして、「今日一日、カモシカに逢えそうで逢えない山歩きだった・・・」とトボトボとカモシカ平あたりに差し掛かると・・・先を行くおじさんたちが「ほれっ~」と岩壁を指さす。

キ・・・キタ? キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

こういう2ちゃんねる的顔文字は軽蔑するので使いたくないのですが・・・

Cimg7190

しかし、なんとまぁ遠いところで、大平原のアメリカバイソンのように微動だにしないカモシカ・・・あれ、本当にカモシカか?(間違いはないのですが・・・)

Cimg7194Cimg7186

とかなんとか言っているうちに、「ほれ、あっちにもいるがな・・・」とおじさんたち。

マタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

反対側の牙山の下の崖を歩くカモシカ。

Cimg7210Cimg7212

おじさんたちと後続ファミリーとじっくりとカモシカ見物を楽しんで、カモシカ平を後にする。彼も、「もういいでしょ、バイバイ・・・」と斜面を去っていく。

Cimg7215Cimg7220

そして、無事に山荘に帰ると、こちらはワンちゃんたちがお出迎えありがとう。

Cimg7226Cimg7231

 

<所要時間> ※まったりと登山ペース

浅間山荘9:15→不動大滝9:50→火山館10:45→湯の平10:50~11:00→トーミノ頭12:00~15→黒斑山12:35→蛇骨岳12:55~13:15→Jバンド13:50→湯の平14:15→浅間山荘15:30

 

<コース> ※hot3さんのヤマレコから

 

<振り返り>

①この一帯のカモシカ遭遇率は極めて高くて、10回以上登っているなかで、実に7割くらいは逢っている。今回も最後の最後で楽しめて満足。ヤッタ happy02

②相変わらず冬場の装備が心もとない。山登りを始めた9年前の写真と同じ衣類を着ている有様・・・「あるものは買わない主義」にも限界がある?

③前橋方面から見えた真っ白な浅間山も、現地ではまだまだ本格的な雪でもなかった。山荘から火山館までは雪は皆無。冬というか、晩秋山歩きの感じ。ただ、その先は積雪も多くなってきて、この後一度寒波が来れば瞬く間に銀世界になるのだろう。

気温は一日通して冷たかった。風は南風。

④富士山・日本アルプス・上越国境・尾瀬方面もすべて視界良くきれい。

⑤浅間山荘の茶色いお風呂は独特で毎回疲れをいやしてくれる名湯 spa

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 感謝★スパシーバ! | トップページ | 足回りの整備とか・・・ »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

浅間はいいですね。もう少し増えたら東前掛を滑ろうかと思っています。
この3日後に一ノ倉を眺めに行ってきました。

投稿: Hocke | 2012年11月30日 (金) 13時12分

Hockeさん>
返事が遅くなってしまいすみません!

東前掛ということは高崎からも見える「こっちがわ」ですか???
滑るんですか!?気を付けて楽しんでくださいね~

投稿: 浅間系ENJOY | 2012年12月 6日 (木) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感謝★スパシーバ! | トップページ | 足回りの整備とか・・・ »