« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

雪の駒ケ岳~黒檜山

例のごとく記録に時間がかかってしまい・・・1月31日(水)の山行備忘confident

---

平日休みで、朝起きて窓から外を眺めたら、西に浅間山、北には谷川連峰も赤城山も見事な雪景色できれいだった・・・ニヤリ

【参考】

冬場は空気が澄んで綺麗 → こんな感じ 「双耳峰谷川岳」 2011.2.3

Keshiki20110103_066
     

幸い、今日も風もほとんどなく、天気予報でもポカポカ陽気の予報 sun

で、相方を職場まで送っていくふりをして・・・そのまま心のふるさと赤城山に直行。

麓の鍋割~荒山あたりでも十分だったけど、大沼の結氷の様子も気になり、積雪多い黒檜を激しく登ってみようという気になって、9時半前に湖畔の「おのこ駐車場」に到着。

Cimg7784Cimg7785

赤城神社側から黒檜山を目指すのが一般的だけど、今回は数年ぶりに逆ルート、駒ケ岳から黒檜を目指してみる。雪は大丈夫か?snow

登山口には数名のトレースあり。

Cimg7787Cimg7790

ジグザグ道もそれほど積雪はなくて、むしろ解けた雪が凍って滑る程度。

鉄の梯子階段を2箇所超えて稜線に出る。覚満淵・小地蔵の向こうに富士山も見えてきた fuji

Cimg7791Cimg7795
Cimg7802Cimg7800

稜線に出ると結構雪もふきだまり、ここで先行のハイカーから道を譲ってもらい先頭に立つ。トレースなく、膝上~股下までの雪で苦笑・・・sweat01

Cimg7806Cimg7812
Cimg7813

駒ケ岳で小休止し、道を探しながら鞍部を目指す。去年の同日は強風でやられたこの辺も、今回はポカポカ陽気なので心配なし。

【去年】 ラッセル気分で行く赤城山 2012.1.31 

Cimg7821Cimg7833

振り返ると自分だけの足跡、そしてその先に富士山!これだから冬季のハイキングはたまらない happy02

Cimg7824

黒檜に向けての斜面は積雪多くて難儀、クマザサの上に雪がついていてなかなか前に進めずで、ラッセル+ハイハイの繰り返しで心が折れる・・・

Cimg7828Cimg7835Cimg7854Cimg7853

踏ん張って登って稜線に出る。花見が原方面への分岐点。

このあたりまではトレースがなかったが、祠まで進むと、山頂からのハイカーと合流、分岐点・山頂で数名のハイカーと出会う riceball

Cimg7857Cimg7861Cimg7864Cimg7887

北の展望ポイントから望む山々の絶景・・・上州武尊山eye

Cimg7869

尾瀬至仏山と燧ヶ岳eye

Cimg7883

浅間山・四阿山・白砂山・苗場山あたりeye

Cimg7878

持参した飲料も食料も山中一度も摂らず、そのまま復路、黒檜山頂から大沼へ一気に下る run

雪道の下りは楽しく、いいトレーニングになるので、時計をセットしてタイムを計測してみる。

Cimg7885Cimg7889Cimg7890_2Cimg7894

立ち止まって大沼・地蔵岳・富士山を眺める fuji

Cimg7892

尻で滑ったり激しく前転したりしながら雪道を楽しんで19分で下山。夏の岩場に比べると登山道も縦横無尽に楽しめて自由度が増す。野生の本能にかえるというか。

Cimg7897Cimg7902

下山後は神社脇の車道をてくてく歩いて、結氷の大沼の散策してワカサギ釣りの様子を眺める。(※残念ながら、ワカサギは持ち帰りできない)

正午過ぎ、3時間ちょっとで充実した雪上ハイキングを終える、万歳!

Cimg7905Cimg7913
Cimg7918Cimg7914

<所要時間> 雪道を所々強行なのであまり参考にならずデス

おのこ駐車場・駒ケ岳登山口9:45→駒ケ岳10:35→黒檜山頂11:40~55→黒檜登山口12:15

<コース図>

<おまけ>

①自分は氷上ワカサギ釣り(穴釣り)を始めたのが2002年の冬で、登山を本格的に始めたのは翌年の2003年の夏だった気がする。

【参考】 ワカサギ+雪上練習全盛の頃 ※いわゆる、震災前

週1ペースでワカサギに通っていた頃はまさか真冬の黒檜に登ることなど考えてもみなかったけど、今は生活逆転、雪山ハイキングが中心でこれはこれでよし。

②翻って、赤城山の氷上ワカサギ釣り問題は放射能問題で大打撃深刻。ワカサギに限らず、観光全体が大きな痛手を被っている現状・・・なんとかならないものか。

放射能関連の在京マスコミ取材が今冬もあったらしいが、風評被害の方が懸念されて断るようにしている(らしい)。

③毎度お世話になっている土産物屋名月館さんほか、赤城山大沼周辺では、今季からスノーシューレンタルを開始している。

3時間1000円というので、お試し利用にはとても手頃で、ある程度の登山経験者なら小沼周辺の長七郎山何かをスノーシューで歩くのも充分楽しめる感じ。

妙高や黒斑、玉原や水上、日光や戦場ヶ原といった本格スポットでなく、手軽にスノーシューで遊べる山として、赤城山面白いかもしれない。

※ガイドつかない場合は完全に自己責任で・・・楽しいけど危険もある

Cimg7919

④真冬の赤城山、雪崩や滑落とか大きな危険は少ないとは思うけど、天候によってはマイナス20度くらい冷え込むので、要は天気次第ということで、万全の対策で望んだほうが無難。(最近、真冬の黒檜山のネット情報も多いけれど、最後は自己責任)。

⑤冬の赤城は運転もスリルある。特に上り坂を終えて新坂峠・見晴台下から最終、74番カーブあたりになると気も緩んで突っ込みそうになる rvcar

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (1)
|

2013年1月27日 (日)

あゝ館山若潮マラソン

はじめに・・・

「あゝ」と名のつくブログ記事はその後の展開が大体読めているのですが・・・

あゝ大田原マラソン あゝ河口湖マラソン あゝ神流MR&W

---

昨年に引き続き、館山若潮マラソンに参加。

【参考】

去年 : 激走!館山若潮マラソン 2012.1.29

 

さて、チーバくんもダッペぇ君もお出迎えありがとうございます、チーバくんは愛くるしくて意外と好きです。

Cimg7758_2Cimg7760_2

前日はお昼過ぎに館山入りして、前日受付を済ませて北条海岸まで来てみると、すごい風で大荒れの海…砂が体にあたって痛いし目潰しにあう顛末 wave

同行のマカロニさんとともに明日のフルマラソンが不安になってくる。

269220_199027013575528_845993478_n

その後、車にてコース一周を下見ドライブ。フラワーラインの菜の花も今年は気候が寒いためか元気がない。

それでも、一通り見て回った成果が出るか、明日は・・・・。

Cimg7677Cimg7688

ペンションに泊まって翌朝、海岸まで散歩すると、対岸に見える富士山キレイで驚く。風も心配していたほどではなくて朝の浜辺の様子を満喫。

砂浜にはみかんだがオレンジだかがたくさん流れ着いてる。静岡から?

Cimg7708Cimg7711Cimg7713Cimg7706

マラソンスタートは10時なので、会場入り前に洲崎灯台あたりを散策。

こちらからも富士山キレイ、アクアラインから三浦半島、対岸の伊豆半島よりも、伊豆大島がドカーンと見えて近いことに驚く。

Cimg7730Cimg7724Cimg7735Cimg7729

8時半前に会場入り、バンタム師匠、おひさま、ナカ太郎さんと合流して、テンション上がるり、10時にスタートへ。

Cimg7751Cimg7770

~一応ガチレースのため写真なし~

心配していた天気は、前日の暴風にビビるも、富士山も一日中拝めて風もなくてベストコンディション。

中間点では1:35とほぼ前年ペースでまずまずだったけど、20kmでパタリと気力なくなり、後半は完全にヘロヘロペースダウン。

300人くらい抜かれて…おまけに残り10 kmほとんど歩きで無気力でゴールして、3:50。これは事前に練習を重ねた去年より30分遅れでガックリ sweat02

精神的な弱さと練習不足に反省となる。今の自分にはハーフを追い込む総力はあっても、フルに向いた足はないと実感。

周囲のランナーが颯爽と抜いていくのを見ながらそんなことを感じた。

Cimg7779

                        

<ラップ> ※公開お恥かしい、チーバ君にも面目ないです

0-5km 22.04min ・・・スタート直後の追い風気味悪くない

5-10km 21.47min ・・・ 灯台あたりは多少のアップダウンも心地よい

10-15km 22.52min ・・・ペーサー探しながらまずまずの走り

15-20km 23.14min ・・・フラワーライン(下り)に入るもり足が少し重いゾ

20-25km 26.21min ・・・なんだか雲行きが怪しくなる cloud

25-30km 28.52min ・・・だんだんどうでもよくなる

30-35km 31.43min ・・・内陸の坂道に参る、周囲は快走多し

35-40km 39.28min ・・・これ、10kmのベストより遅いのです bearing

40-42km 14min

↑20km以降がとにかくひどいな。チームTシャツ着用でボロボロで歩き、なんだか汚点を残してしまったような感じ・・・impact

これで終わるわけにはいかないので、また出直して頑張りましょう、そうしましょう。

<おまけ>

またまたTBSラジオネタで恐縮。

「安住紳一郎日曜天国」のフランチャイズ企画、第1回(2011年)が群馬県神流町、第2回(2012年)が東京都檜原村とトレイルランニング聖地が続き、なんと第3回の今年は決選投票の結果「館山市」なんですよ。

「ハッスル」で館山の情報発信にご協力ください 市のHPでこれは笑える

300040384

| | コメント (0)
|

2013年1月20日 (日)

下仁田駅伝初参加

相変わらずブログ遅れ気味で恐縮ですdespair 

---

日曜日は下仁田駅伝に参戦 runrunrunrunrunrunrun

以前から気になっていたローカル大会、下見は2年前に済ませていたけれども、なかなか都合がつかず今年になってしまっていた・・・

【参考】 下仁田駅伝下見 2011.1.7

「上州山楽走Aチーム」に混ぜてもらい、全部下りの区間を「楽に楽しく走らせてもらう」つもりが、4.5kmを(一応)全速力で激走、辛い辛い走りになってしまった。アンカー区間で声援も結構浴びるハズが、周囲を見る余裕がほとんどなかったのがたいへん悔やまれる。

166966094_bigv1358714450

写真は全部GOTTIさんより頂戴します

今年もトップチームが好タイムで、その影響をもろに受ける形で、3区終了時点でトップから10分経過しているチームは軒並み「繰り上げ」になった(これは運なので仕方ない)。

自分も結局一人も抜かせなくて、そして抜かれもしない、ほぼ独走状態だった割には、速報を見たら順位を2つ上げていたのは素直に嬉しかった scissors

Aチームの皆さんもありがとございました~

166966401_624v1358935849
          

 

駅伝は一人では参加できないし、各区間まで選手を搬送してくれるチームスタッフがいないと話にならない。そう考えると、選手の倍は人数が必要で、とりまとめてくれた仲間+身内にも感謝 confident

それから、上州山楽走選抜チームは各選手粘りの走りが実り、待望の3位という成績は素晴らしい。来年もエールを送りましょう、そうしましょう! 

 

<当日の様子いろいろ>

◆行け行けGOTTI氏! その1(選抜) その2(Aチーム) その3(スタッフ)

◆けんけん 喜びと反省のシモネタ駅伝

 

<振り返り>

①それにしても、メインコースは「国道」を規制なく走るという豪華な舞台。

そして、混戦するチームの各区間記録をこまめに分析して、閉会式までにはプリントアウトして配布してしまう大会運営には脱帽、さすがに49回を数えるだけアリマスclock

第49回下仁田町一周駅伝競走大会成績表(部門別ゴール順)

町外からの参戦は「オープン枠で…」という、「あくまでも主役は下仁田町民」という一貫した町民主体姿勢は好感を持てる。2部(町内に本支店がある企業)とか、なんとかして関係を持てないかと考えてしまうほど、この日だけは下仁田の人になりたいと思ってみたり・・・。

 

②4.5kmを15分ちょいで走って、念のため1km換算してみたら3分23くらいだって・・・これ、フルマラソンに再換算すると、2時間26分くらいらしい。東京マラソンの猫ひろし氏の目標ペースはこんなにも早いのか!とびっくりしたり。

 

③参加賞で荒船の湯の無料優待券をいただいたので、タイミングを見て雪の荒船山にも行ってみようと思うこの頃 snow

白銀の荒船山 2011.2.16

 

 

| | コメント (2)
|

2013年1月14日 (月)

サハラ砂漠Mの特番

基本的にテレビは見ない主義なんですが・・・たまにチラ見する派 tv

偶然つけたNHKで、サハラマラソンを特集していた。冒頭を見逃したので、どうせ再放送があるだろうとタカをくくり、そのまま見ることなく風呂に入る。

番組表を確認したら、さすがNHK、しっかり再放送アリ、うれしいことにサハラマラソンも前編と後編に分かれているらしく、来週も放送があるじゃないの!ナイスsign03

 

NHK総合テレビ 地球イチバン

「世界でイチバン過酷なレース~エジプト・サハラ砂漠~」 前編

前回の再放送は1月16日(水)の25時25分~26時13分

Last_show_photo

※画像も番宣もHPから無断転載失礼いたします

地球で最も“過酷”で“シンプル”なレースに地球イチバンが“ガチ”で挑む!!「世界の過酷レーストップ10」で人力だけで競うレースのトップに輝いた「地球砂漠レース」。衣・食・住をすべて自分の背中に背負い、灼熱のサハラ250キロを6日間かけて激走する。賞金もない、金メダルももらえない。この過酷なレースに集まるのは世界32か国から130人あまり。究極の自分自身との闘いに、体力自慢芸人のワッキーが本気で挑む7日間。

 

そして、後編は来週24日(木)の夜みたいだ(たぶん)・・・・

NHK総合テレビ 地球イチバン

「世界でイチバン過酷なレース~エジプト・サハラ砂漠~」 完結

放送は1月24日(木)の22時00分~22時50分

2_2

※画像はHPから無断転載重ね重ね失礼いたします

この日の放送、チラ見した限りではバラエティ風だけど、映像もきれいで、雑誌などで見かけるランナーも出ていた。

それにしても、ワッキー参戦か・・・途中まで女性のワッキー(パタゴニアアドベンチャーの方)とばかり思ってみていたら、まさか芸人だったとは・・・

 

「サハラ」となると「モンブラン」以上に自分にとっては現実味がないレースだけど、NHKのアドベンチャーな自然映像はとても素晴らしいので、細かいことは考えずに、単純に情報収集として鑑賞しましょう、そうしましょう scissors

| | コメント (0)
|

2013年1月13日 (日)

★都内ナイトラン満喫

日曜日、「送っていってくれない?」との誘いを受け、聞いたら行き先が高円寺(※お寺ではない)だったのでニヤリ・・・lovely

連休日曜日の練馬渋滞にはまりながら到着が18時で、公演の終演予定が22時頃というから、4時間ある・・・ 

 

で、青梅街道から新宿・東京都庁に出て、大賑わいの歌舞伎町をかき分けて、その後も市ヶ谷、竹橋へ回ってほぼ東京マラソンコースで皇居へ run

【参考】 鈴木宗男氏と競った東京マラソン2009 ボロボロ

さすがに品川折り返しはやりすぎなので今日はやめて、かわりに、新しくなった東京駅舎を見物に行く。

暗くてイマイチ迫力が伝わってこない?ここは明るい時に見るのが良さそう。

Ts3r0881

携帯電話での撮影不鮮明、スマホほしい、いやまだまだ待つべし

企業もお休みの夜なので視界そのものも曖昧だったけど、学生時代を過ごした新宿・神田界隈、昔のバイト先とか、もう10年以上(もっと?)経ち、感慨深かった。

 

さて、今日の目的は皇居ランではなくて、有楽町・日比谷から、これまた混雑する銀座をかき分けて、浅草を目指す。2009年の東京マラソンで先行する猫ひろし様・東国原知事(当時)を見かけたあたり。

ランナーも結構走っていて爽やか・おしゃれなガールもたくさんいた中、自分は田舎ジョギング用の強力ライトを腹と背中に付け、バ○みたいに間違いなく浮いていた気がする。(強引なタクシーはじめ、交通事故が怖いのですよ wobbly

 

そして最終目的地の東京スカイツリーに到着。高円寺から直線距離ではなくて迂回コースだし、ナイトランで周りが見えていないこともあり、ここまで地図推測した以上に長かった・・・sweat01

Ts3r0891

スカイツリーといえば、建築中に3回ほど走りに来たとがある。何年も前のことのようにも思えるけど、2年ちょっと前・・・すごく懐かしい。

ツリーとハセツネ 2010.10.10  ★ツリーと駒形とぜう 2011.4.2

荒川土手ランニング 2010.3.14

 

真下に来ると一層迫力あり、ライトアップもきれい。ドーン。

未だに展望台まで上ってみたいとは思わないが、見上げると、よくこれほどの人工物ができたもんだとか、ライトの仕組みとか、コストのこととかそっちのほうが興味津々night

Ts3r09132

昼間で明るく、時間があれば迷わず高円寺に戻るところだけど、スカイツリー到着がすでに22時(スタートから3時間半)と遅いため、素直に総武線の錦糸町駅を目指して終わり train

帰宅してルート実測してみたら26キロ程度だった。

結局、一緒のようで完全別行動(ニヤリ)の上京物語・・・次回はどこへ向かって走ってみようかしら。

※グルメではないので、店や甘党をめざしたことは「どぜう」以外は一度もなし!

| | コメント (0)
|

2013年1月12日 (土)

一年の計は元旦に…

あけましておめでとうございます sun

相変わらずブログ更新が滞り気味ですが、今年もどうぞよろしくお願いします ・・・

平成25年1月12日 confident

---

年末年始は元旦のみお休み頂いて、無理をしてあちこち出掛けて、なかなか忙しい元日だった。

 

①全日本実業団駅伝を応援に行く

初日の出は寝坊で拝めず、その分、ニューイヤー駅伝のスタートを見るするために、午前8時半に群馬県庁前に着く。3年ぶり3回目の観戦かな・・・

P11602832_2

大賑わいの界隈をうろちょろしながら、有名どころの選手たちを見物する。

この監督さんはもしかして双子の・・・sign02

P11602922P11602992

9時10分に勢いよくスタートするのを見送って、すぐさま、群馬大橋たもとまで先回りして集団を観戦。スタート直後1km地点は完全に集団なのであっという間に通過、ガンバレmotorsports

P1160312P1160317

そのまま車で前橋市南部の「公田町中継所」に移動して、2区と3区の襷渡しを見物。途中、いつも馴染みの県道や農道にたくさんの駅伝選手がウオーミングアップする勇姿が眩しかった。新年早々から「ゆるきゃら」も登場で・・・。

Cimg7514Cimg7528

旭化成の鎧坂選手や2区限定の外国人枠の選手が続々と中継点に到着、そして、TBSのインタビュー終えた区間賞の外国人選手に「ナイスラン!」とかなり上から目線で握手して11時頃に帰宅、なかなか面白い午前を過ごす。

Cimg7525Cimg7527

 

②走り初めは碓氷路へ

午後は走り初めとして、旧碓氷峠で「安政遠足侍マラソン」の練習を兼ねて熊野神社参拝する。5年前から、毎年1月3日に箱根駅伝をラジオで応援しながらの恒例行事、警察にもお世話になったことがある。

2012年(坂本~熊野神社~霧積周回) 2011年   2010年   2009年

今年は箱根駅伝なくて、ニューイヤー駅伝(午後)を聞きながら登る。坂本宿の「峠の湯」に到着したのが13時過ぎ、車内でうたた寝して痛恨の30分ロス、入山が14時近くなってしまったが大丈夫か?

Cimg7546

雪もこれまでで一番多かった。山中に捨ててある昭和の車は年々片付けられて、残り1台と廃バス1台・・・車の方がコンパクトに分解され?もう少しなんだが・・・

Cimg7555Cimg7558
Cimg7575Cimg7578

雪道で多少難儀して、1時間15分くらいで熊野神社。しかし、なんと大混雑でとてもとても参拝はできず。力餅ミックスを食べる時間もなく、土産用を手にしてトンボ帰り。

Cimg7605Cimg7603Cimg7600

日没が早いうえ、北斜面の山中は暗くなるが早いので足早に下りながら、妙義山の夕焼けを眺めたりしながら17時に峠の湯に下山。

Cimg7586Cimg7630Cimg7650Cimg7652

妙義山の山並みに見える突起は・・・奇岩「丁須の頭」ではないか?

Cimg7639

裏妙義 丁須の頭  2011.11.10

時間的にもギリギリだけど気分もリフレッシュ、久々のトレイル練習で右大腿に刺激が残り喜ぶ、ナイス!

 

<所要時間>

坂本「峠の湯」13:50→熊野神社15:15~15:30→(山中休憩含む)→峠の湯16:55

 

| | コメント (2)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »