« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

☆トレラン靴を廃棄?

先日、中之条の「霊山」嵩山(たけやま)に登った際、ひさしぶりの岩場(一部だけ)だったせいか、履き古したトレラン靴が滑りに滑ってちょっと腰が引けた・・・

Cimg8424Cimg8387
Cimg8400Cimg8410

ちなみに、嵩山は一年中毎日登る人がいるような庶民に親しまれた里山で、仏像巡りや胎内くぐりなどがあるプチ霊山はなかなか良い雰囲気・・・カタクリにはまだ時期が早かった。

【参考】 一昨年の嵩山(たけやま) 2011.4.16

 

で、あまり滑るようでは故障・ケガ・事故につながるので、本日、思い切って、車の中に積んである靴を在庫一掃すべく、別れの儀式を行ってみた。

場所は心のふるさと赤城山某所にて・・・ ※不法投棄とかではないです shadow

トレランシューズ3足で、写真手前より、往年の名靴「コンチネンタルディバイド(モントレイル)」・シューレース構造が画期的だった「XA PRO 3D ウルトラ(サロモン)」・「ストリーク(モントレイル)」と続く。

Cimg8454

芝生の上で一足ずつ別れを告げると、どの靴もボロボロだけどそれぞれ感慨深い。

「コンチ」は自分にとってデビューの靴でこれを履いて青梅によく通った。キャタピラー構造の強固なソールが魅力的で、ブーム初期の当時はみんなが履いていた。

穴があいてしまい、馴染みの修理屋さんで継ぎ当てをして愛用していたが、普段の保管が悪いのか、劣化したソールが剥がれたのは致命的でした、ありがとう。

Cimg8463Cimg8516

自身2足目のサロモンは独自構造の靴紐がたいへん締めやすくて重宝した。軽いし、脱ぎ履きも便利で、普段履く用でもOK。

ただ、モントレイルと比べるとソールが極端に柔くて、すり減るのが早かった。

この点、馴染みの修理屋さんで何度となくソールを接着したが、耐え切れず・・・ありがとう。

Cimg8471Cimg8481


そして、「ストリーク」になると、ネット上でも特価販売が多くなり、トレラン靴の市場価格に下落が見られ始めた。

悪夢の道志村などタフレースでも活躍してくれたが、モントレイルの欠点とも言える「つま先」部分の剥がれと「コンチ」同様に穴が空き、馴染みの修理屋さんで継ぎ当てしてもらったり・・・。つま先問題は圧倒的にサロモン製に軍配上がる。

靴ひもはほつれて切れたので、便宜上、青い紐をしているだけ・・・このままありがとう。

Cimg8490Cimg8484

落ちていた朽ちた看板をバックに、もう一度勢ぞろいにてお別れする・・・

どの靴もありがとう おせわになりました confident

Cimg8513

ちなみに、老農「船津伝次平(ふなつでんじべい)」は上毛かるた『ろ』に取り上げられているほどの郷土の偉人・・・赤城山麓富士見村の人(らしい)。群馬県人なら誰でも知っている。

P9297493

       
<おまけ>

①針供養・人形供養・・・とならび「靴供養」の神社お寺がないかと真剣にググるも、そうした類のものはなし。まぁ、ごみ捨て的にキリがないから当然か?

②レース参加は「疲労対効果」を、ある物は買わない主義の山系装備品は「費用対効果」を重んじる。トレイルランニング満喫初期のこの3足で生活に張りあいが出てきたし、精神的にもタフにはなってきた(と思う)。その意味では十分に元はとっている。

③現在の所有靴を総括すると、ロックリッジ(モントレイル)・ゴアテックス靴(サロモン)・登山靴(キャラバン・ターサーアビリオ(アシックス)・ニューヨーカー(アシックス)のみとなる。

うち、前2者のトレラン靴と、最近めっきり出番の少ない登山靴(H15購入)はどれも老朽化否めず・・・次期候補を探求中

④トレラン靴の補修で何度もお世話になる馴染みの修理屋「ホップ」さん・・・愉快なブログも好評?

⑤午後から出かけた赤城山にて、上りロードの練習ができるところ探しながら走ること(車で)、林道溝ノ口線、オートレース場手前、最後の最後で痛恨の倒木痛いimpact

ランなら軽く超えられるものの、車なので残念ながらそのまま引き返し、走れない理由ができたので今日はここまで、終わり。

Cimg8431

【参考】 ▼赤城山ならず 2011.8.1 ※この時も倒木通行止め 

 
⑥年度末・・・そして野辺山エントリー締切まで数日・・・どうしましょうか 

 

| | コメント (0)
|

2013年3月10日 (日)

あゝ はるな梅マラソン

ブログ更新が思うように進まず・・・平日は毎晩グッタリで寝る以外何もできず coldsweats02

ちなみに、予定記事としてはですね 

◇鍋割・荒山トレ;赤城で県警ヘリ「あかぎ」にあう 2/22

◇赤城山鈴ヶ岳スノーシュー3/2

◇三峰神社トレイルラン3/3

◇秩父で防災ヘリ「あらかわ2・3号」の消火活動を見る 3/3 ※動画

◇結局 Tigora(ティゴラ)・・・ 3/xx  とかがあります eye

当方、井上ひさし・三谷幸喜なみに遅筆ですので・・・pencil

---

さて、TAKASAKI CITYはるな梅マラソンに参加、2009年に続いて4年ぶりで、2011年の震災中止を入れると3回目になる。

【参考】 はるな梅マラソン(初参加) 2009.3.9

マニアも苦笑するアップダウンで有名な「はるな梅マラソン」。多少のことでは動じないつもりでいるが、いかに・・・

整列にギリギリ間に合って、9:45にハーフの部スタート。

Cimg8348

~ガチレースのため写真はなし~

梅林を駆け抜ける前半5kmの間で、沿道の杉林から花粉がボウボウと舞うのを見ていきなり戦意消失する wobbly

一応、「山系enjoy」なんで花粉怖いとかいってらんないと常日頃から思っている割には、「ナニナニ?煙?火災?」とさえ見える花粉は恐ろしく映った。

おまけに、ここのところ練習不足で上り坂でも心拍上がりすぎて、平地や下りの足取りも重くてダメ。5~10kmはきつかった bearing

黄門様やザスパ君、148ベイスターズさん、モンブRUNさんたちと併走した10km~15kmあたりからそれなりに走れるようになって、そこそこペースアップ(でも、5:30/kmくらい)。

残り2kmくらいから続く下りを激走して必死でゴール、タイムとしては前回参加より8分近く遅く、自分のハーフの記録としても実に平凡 gawk

でも、この条件下だからある程度よく頑張れたことにしましょう、そうしましょう。

Cimg8344

<本題>

そんなことより、記録証発行でたまたまGETした「冬将軍伝説」という梨。

箱入りで詰め合わせかと思ったら、超デカイのが2つ!これはうれしい!!あとになって金額を知って二度嬉しい。

前回も何か景品が当たり、参加費の割に毎回お得なで評判の梅マラソンだったscissors

Cimg8379

次回参戦??? う~ん、冷静に検討中。フルマラソン化構想があるって言ったって、あの梅林アップダウンで42kmだったら酷な話だろうな。

<おまけ>

家を出たのが少し遅くて、やや距離のある「榛名中学校」にさえ駐車できず、遠い遠い「工場跡地P」にやむなく停車。

シャトルバスも長蛇の列、帰りもスタッフに聞いたけど乗り場不明。バス出ないの?と・・・

そんなこんなで砂埃・花粉・強風の中をひたすら歩きながら、ちょっとキャパオーバー?と感じたり・・・

でも、おかげでゆっくりと梅の花見ができたか cherryblossom

Cimg8355Cimg8362Cimg8367Cimg8359


<今後の予定>

はるな梅がおわり、5月までレース参戦予定なし

5/4 アルパイン鹿沢「春の陣」 ※申込済

5/12 安政遠足侍マラソン「峠コース」 ※申込済 仮装準備済

そして、未だもって検討中の「野辺山」・・・  ギリギリまで考えてる自分

| | コメント (2)
|

2013年3月 3日 (日)

三峰トレイルと防災

梅も桜もまだ咲かない3月のはじめ頃、毎度のドライブコース三峰神社に行った。

秩父市内と大滝でそれぞれ墓参、山奥の神社参拝を済ませてから放置してもらい、麓の二瀬ダム下まで初春のトレイルを楽しんだ scissors

Ts3r0972_4Ts3r0975_3Ts3r0979

山道の土産物屋に「みつみねトレイルラン」のポスターが貼ってあったけど、じっくり読むと、神社周回のプチトレイル・・・中高年ハイカーの散策コースにすぎない?

Ts3r09772_2

下山コースにはきちんと道標が建てられているが、参道から先は雪も少し残るので、登山地図を片手に、方向を間違えないように下る。

三峰は庶民に親しまれた信仰の山、麓に下るコースが何本もあり、旧ロープウエイ山麓駅「大輪」や集落「神庭」、氷柱スポットあたりに下る道もある様子(たぶん)。どれもまだ未確認だが、上りでも使えそう dash

Ts3r0994Ts3r0983Ts3r0994_2

途中でみた無数のポリ容器・・・樹液採取なのか?木酢液??すごい数のポリ容器が・・・御神木ではないの?

途中で雨量計の無線基地を見たり、すぐ下に車道も近い。

Ts3r0987Ts3r0991Ts3r1002Ts3r1007

山頂近くで残雪があった以外はほとんど雪もなく、枯葉のトレイルを滑りながら下ること30分程度であっという間にダム湖周辺につく。

車道はクネクネと10km続くので、ほぼ直線ルートで下れる登山道4kmくらいで割と時間がかからない。昔の人はよく知ったもんだと感心したり・・・ run

Ts3r09982

二瀬ダム(秩父湖)は凍結。たまに天然ワカサギ釣りが見られるが、もう氷が薄いのか今日は見られずだった。

Ts3r1011Ts3r1014
Ts3r1018

神社で昼食して下ってきた車と、トレイルを駆けて下るのがほぼ同じ時間・・・この展開は練習にも便利なので、また三峰参拝ついでに別コースも考えてみましょう、そうしましょう smile

<おまけ>

奥秩父でマラソンといえば、30回続いたという「奥秩父三峰マラソン」はここの車道10kmを一気に駆け上るというロード練習にぴったりの大会で最後の2回だけ参加した。

今は財政問題もあって休止・・・残念。

【参考】 奥秩父三峰山マラソン 2009年参加記  2010年参加記

 

<本題>

帰路、秩父市近郊を走行中に上空にヘリを発見。何やらぶら下げていて、浦山ダム(さくら湖)あたりを周回している。

Cimg8332

野次馬のようで恐縮ですが、一応、状況を把握すべくダム湖へ迂回してヘリを待つと、埼玉県の防災ヘリが2機、山火事のための消火活動で給水中だった。

Cimg8337Cimg8331


デジカメで簡易動画を撮ってみる。※こういうのを勝手に公開してよいのか・・・

ホースでの給水の効果を気にしつつも、懸命な乗務員も見てとれる。

こちらはちょっと長めの動画。途中から「あらかわ3」がバケツを下げて浮上して頭上を通過してくる。

林野火災はすぐ近く、武甲山の麓の28番札所の橋立鍾乳洞あたりで発生していた。あらかわ2・3機が何度も往復して消火、数時間で鎮火した模様。

翌日のネットニュースより

三日午後一時二十分ごろ、秩父市上影森の山林から火が出ているのを、登山客が見つけて一一九番した。秩父消防本部によると、約二時間半後に消火し、樹木など約八千平方メートルを焼失した。 現場は、橋立鍾乳洞付近から武甲山方向へ向かう林道の脇で、県防災ヘリも出動した。 東京新聞:埼玉

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »