« ▲ 絶景の地蔵岳だ! | トップページ | あゝ はるな梅マラソン »

2013年3月 3日 (日)

三峰トレイルと防災

梅も桜もまだ咲かない3月のはじめ頃、毎度のドライブコース三峰神社に行った。

秩父市内と大滝でそれぞれ墓参、山奥の神社参拝を済ませてから放置してもらい、麓の二瀬ダム下まで初春のトレイルを楽しんだ scissors

Ts3r0972_4Ts3r0975_3Ts3r0979

山道の土産物屋に「みつみねトレイルラン」のポスターが貼ってあったけど、じっくり読むと、神社周回のプチトレイル・・・中高年ハイカーの散策コースにすぎない?

Ts3r09772_2

下山コースにはきちんと道標が建てられているが、参道から先は雪も少し残るので、登山地図を片手に、方向を間違えないように下る。

三峰は庶民に親しまれた信仰の山、麓に下るコースが何本もあり、旧ロープウエイ山麓駅「大輪」や集落「神庭」、氷柱スポットあたりに下る道もある様子(たぶん)。どれもまだ未確認だが、上りでも使えそう dash

Ts3r0994Ts3r0983Ts3r0994_2

途中でみた無数のポリ容器・・・樹液採取なのか?木酢液??すごい数のポリ容器が・・・御神木ではないの?

途中で雨量計の無線基地を見たり、すぐ下に車道も近い。

Ts3r0987Ts3r0991Ts3r1002Ts3r1007

山頂近くで残雪があった以外はほとんど雪もなく、枯葉のトレイルを滑りながら下ること30分程度であっという間にダム湖周辺につく。

車道はクネクネと10km続くので、ほぼ直線ルートで下れる登山道4kmくらいで割と時間がかからない。昔の人はよく知ったもんだと感心したり・・・ run

Ts3r09982

二瀬ダム(秩父湖)は凍結。たまに天然ワカサギ釣りが見られるが、もう氷が薄いのか今日は見られずだった。

Ts3r1011Ts3r1014
Ts3r1018

神社で昼食して下ってきた車と、トレイルを駆けて下るのがほぼ同じ時間・・・この展開は練習にも便利なので、また三峰参拝ついでに別コースも考えてみましょう、そうしましょう smile

<おまけ>

奥秩父でマラソンといえば、30回続いたという「奥秩父三峰マラソン」はここの車道10kmを一気に駆け上るというロード練習にぴったりの大会で最後の2回だけ参加した。

今は財政問題もあって休止・・・残念。

【参考】 奥秩父三峰山マラソン 2009年参加記  2010年参加記

 

<本題>

帰路、秩父市近郊を走行中に上空にヘリを発見。何やらぶら下げていて、浦山ダム(さくら湖)あたりを周回している。

Cimg8332

野次馬のようで恐縮ですが、一応、状況を把握すべくダム湖へ迂回してヘリを待つと、埼玉県の防災ヘリが2機、山火事のための消火活動で給水中だった。

Cimg8337Cimg8331


デジカメで簡易動画を撮ってみる。※こういうのを勝手に公開してよいのか・・・

ホースでの給水の効果を気にしつつも、懸命な乗務員も見てとれる。

こちらはちょっと長めの動画。途中から「あらかわ3」がバケツを下げて浮上して頭上を通過してくる。

林野火災はすぐ近く、武甲山の麓の28番札所の橋立鍾乳洞あたりで発生していた。あらかわ2・3機が何度も往復して消火、数時間で鎮火した模様。

翌日のネットニュースより

三日午後一時二十分ごろ、秩父市上影森の山林から火が出ているのを、登山客が見つけて一一九番した。秩父消防本部によると、約二時間半後に消火し、樹木など約八千平方メートルを焼失した。 現場は、橋立鍾乳洞付近から武甲山方向へ向かう林道の脇で、県防災ヘリも出動した。 東京新聞:埼玉

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« ▲ 絶景の地蔵岳だ! | トップページ | あゝ はるな梅マラソン »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ▲ 絶景の地蔵岳だ! | トップページ | あゝ はるな梅マラソン »