« 大山・天丸山・帳付山 | トップページ | そして・・・TIGORA! »

2013年4月26日 (金)

烏帽子・天狗・三ツ岩

4月末、遠方から客人を迎えて、心のふるさと赤城山を案内・・・の予定を変更して、この時期見頃の西上州に登りましょう、そうしましょうと強引に行き先を変更する。(いつもの流れ)sweat01

 

いくつか候補地を考えた結果、「ぐんま百名山」が集中する南牧村にある「烏帽子岳・天狗岩」、おまけに「三ツ岩岳」を目指す。

三ツ岩岳山頂付近より見ごろを迎えた「ひとつばな」=アカヤシオ(三ツ岩岳は「おまけ」というには失礼な、味のある山かもしれない)

Cimg9228

このコース、2010年5月に一度行っているので大体のコースは承知、烏帽子岳から天狗岩に向かう尾根沿いの岩稜1箇所が高度感ありビビった記憶が強い・・・

【参考】 烏帽子岳・天狗岩 2010.5.22

 

大仁田ダムのきれいなトイレに立ち寄ってから、烏帽子登山口から山に入ると新緑が美しい。

猪かカモシカの尻を見て谷間の急登を登り上げる。

Cimg9039Cimg9041Cimg9057Cimg9066

谷間の小さな花々もきれい。ネコノメソウ?そして、この時期見頃のハシリドコロだ!

Cimg9049Cimg9052Cimg9070Cimg9063_2

稜線に出るとひとつばな(アカヤシオ)のピンクが美しい。前回は5月末で見られなかったので、今日は満足。これを狙ってきたのだから少しは咲いていないと・・・。

Cimg9077Cimg9085Cimg9084

軽く烏帽子岳山頂を踏んで、景色を楽しむ。春霞の一日で遠くの展望はイマイチだが、風がないので春の麗らかな陽気に満足。

烏帽子から天狗岩へは小ピーク「マル」を左に巻いて、その後は尾根コース岩稜地帯を慎重に行く。

アカヤシオは先日の積雪でだいぶつぼみが萎れてしまって咲かないらしい。

Cimg9093_2Cimg9103Cimg9107Cimg9099

途中、シラケ山(か?)から向こうに見える天狗岩を望む。

山中に鉄橋と鉄柵が架かっていて目立ち、あちらにいる人々に手を振る。

Cimg9115Cimg9117_2
Cimg9120

そこから岩場を下って登って10分程度で天狗岩に到着。鉄橋をわたり展望台に立つ。全然危険なところではない。

Cimg9125Cimg9127
Cimg9130Cimg9137

天狗岩山頂で昼食の後、その先の二輪草群生地へ下って登り返して「横道コース」で再び烏帽子岳方面に戻り、「マル」通過。

二輪草はまだ早いのか、一輪草の状態か?

Cimg9141Cimg9146
Cimg9147Cimg9151

稜線から谷間の新緑を楽しんで、あっという間に烏帽子岳登山口に戻る。

休む間もなく、車道を駆けて大仁田ダム・三ツ岩岳登山口へGO dash

Cimg9161Cimg9177Cimg9182Cimg9185


三ツ岩岳登山口付近は、近年、砂防ダムが築かれたようで、それを見て植林スギ林の間を登りあげて尾根へ。

平成19年台風の災害復旧工事が急ピッチで進んだと思われ、砂防ダムといい、いつの間にかできた林道といい、3年前と大きく違っている。

Cimg9188Cimg9190Cimg9192Cimg9199

尾根コース稜線に出たところのアップダウンで大腿筋が攣る・・・軽い登山の予定が、ペースが早く体も参る感じ。

アカヤシオに加えて、珍しいヒカゲツツジが咲く(が、写真ではイマイチ)

Cimg9204Cimg9211
Cimg92152Cimg9221_2

ピンクの花は青空とのコントラストが一番似合う。

Cimg9226Cimg9235Cimg9260

三ツ岩岳山頂は360度展望できて気持ちがいい。

鹿岳・四ツ又~黒滝山~荒船・経塚~碧岩・大岩~八ヶ岳~稲含~神流の山々とかきれい。

Cimg9249Cimg9248
Cimg9254
Cimg9246

最後は大権現コースを下山し、奥の院を見て、林間で先行パーティーが落としたと思われる「汗スッキリシート」を拾い早速使わせてもらう。

その他、多少のゴミ拾いをして無事下山、お疲れ様。

Cimg9261Cimg9264
Cimg9269Cimg9271

<所要時間> ※途中ハシリドコロ?駆けているのでペース参考にならず

烏帽子岳登山口9:00→左の急登コース→烏帽子岳9:50→巻き道→尾根道→天狗岩11:00~1120→二輪草群生地→小屋→横道コース→マル12:10→烏帽子岳登山口12:40→大仁田ダム駐車場12:55→杉林コース→稜線→三ツ岩岳13:45→大仁田ダム14:15

<コース図>

<振り返り>

南牧村名物?「炭ラーメン」は結構レアな限定メニューだそうで、平日2時半くらいで無くなり次第終了。かわりに炭まんじゅうをいただく、ご馳走様デス。

日曜祝日は法事や所用で休業もあるよ・・・と村民より情報得タ。

仕方がないので、富岡製糸場前の信州屋で焼売買う ウマっ~sign03という宮川某の「満点★青空レストラン」番組でも取り上げられたらしい。

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

|
|

« 大山・天丸山・帳付山 | トップページ | そして・・・TIGORA! »

ぐんま百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山・天丸山・帳付山 | トップページ | そして・・・TIGORA! »