« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月20日 (火)

猛反省の八ヶ岳・・・

先週は平日休みで八ヶ岳に登って赤岳を目指したけれど、本沢温泉経由で硫黄岳に向かう序盤から、不覚にも寝不足で遅れをとり、どうも雲行きが怪しい。

Cimg1255Cimg1264

標高高い野天風呂はテレビにもよく登場するらしい・・・

朝は無人だったが、午後の下山時には混雑していた spa

YyyyCimg1279Cimg1280Cimg1273_2

雲行きが怪しいのは天候も一緒で、一日好天の見込みが、稜線に着く頃にはガスも出てきた。青空も見えるが、八ヶ岳はもう秋、稜線はそれなりに寒さを感じる。

Cimg1282Cimg1285
Cimg1293Cimg1296

結局、同行者のおじさんペアとは硫黄岳で離れ、自分は待機、温かい山小屋の若いスタッフさんにとても親切にしていただき、ありがたかった。

Cimg1299Cimg1308Cimg1314Cimg1307

そして、なんと、驚くことに3時間も待機とは・・・ wobbly

ストーブで温まって寝たり、きれいなトイレに行ったりトイレに行ったりトイレに行ったり(チップ×3)で、山荘ライフを満喫(している場合ではない)。

原因が寝不足とわかっているので猛反省、決して甘く見ているつもりではないですが気を付けないといけない。

まぁ、そう落ち込まずに、程ほどに楽しめ、自分!

 

<おまけ>

①ところで、同行の親父(67)と熱血おじさん(67)ペアは硫黄岳から横岳・赤岳とガッツリ往復で健脚は実に素晴らしい。

が、当初の山行計画や合流打ち合わせが不十分で危うくはぐれるところだったので、親父に文句言う自分(大人気ない)。

こんなにも面白くない登山は久しぶりですが、気を許せる同行者で良かったと…。

 

②山荘にて、たまたま物資運搬ヘリが降りてきたので思わず動画を撮る。ヘリを見ると追いたくなるのは男の子の習性か、単なるマニアか?

※音が出ます

※同じくマニアな方は、youtubeの履歴からどうぞ・・・防災ヘリ(はるな・あらかわ)・山岳ヘリを撮ってあります

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (0)
|

2013年8月18日 (日)

三国川と十字峡だ

日曜日、ドライブという名目の山行下見のため、越後の国 六日町へ。rvcar

目指すところは、三国川ダム「しゃくなげ湖」。← 三国川、これ読めますか?

Cimg1248

実は、ちょうど2年前に同様の下見に来た際には、新潟県地方、台風直下であちこちが崩落していてとんでもない状況だった。typhoonrain

【参考】 まさかの三国川ダム 2011.8.20

近いうち、十字峡から「丹後山」「大水上山」の2座に登りたいと考えていて、登山口まで行けるのか?(当日は前夜か未明に現地入りなので真っ暗の予定)

念のため確認ドライブ・・・計算高いゾgood

Cimg1242Cimg1195

結果的には、登山口はまったく問題なく復旧。ただし、右岸は崩落復旧のままで車両通行止めになっている<2013.8.18現在>

Cimg1236Cimg1244

十字峡登山センター周辺で地図確認、丹後山登山口から大水上・兎岳・中ノ岳を縦走してまたセンターに戻る計算。sun

ヤマレコ調べでも、早立ちで頑張れば日帰りも見込めるか。

Cimg1208Cimg1206
Cimg1197

参考までに、勝手ながら登山カードを覗き見る(失礼)と、やはり周回ハイカーが多い。避難小屋泊、天幕とか1泊2日コース。

Cimg1202Cimg1200
Cimg1203

少し時間があり、三国川(さぐりがわ)沿いに渓谷を歩いてみる。丹後山登山口(桃の木橋?)まで行けるかと目論むも、靴の用意ない相方に悪いので今日は途中で引き返す。

林道では下山ハイカー、トレイルランの人、すれ違う・・・いずれも健脚風run

Cimg1189Cimg1190Cimg1215Cimg1214

肝心の「十字峡」は黒部の深い谷をイメージ(※テレビでしか見たことがありません)していたので、三国川のは思ったほどではなかった・・・?

Cimg1231

残り少ないぐんま百名山2座を踏む山行、8月以降は日没がどんどん早くなるので、行けそうな日を考えながらカレンダーとにらめっこで・・・ sweat01

 

<おまけ>

①ダム湖の観光センターで昼食中、前橋育英の攻撃(連続ホームラン)を見るtv

横浜高校相手になかなかヤルね!先日、所用で学校訪問しただけで何となく親近感が湧いている。優勝まで頑張れ!!

②ダム周回路あたり、ラン練習や自転車競技の人多数。スキー合宿?デュアスロン?

③綿密計画で丹後山・大水上山・兎岳・中ノ岳で日帰り縦走を・・・と思っている中、ヤマレコでは当日、さらに大縦走(荒沢や駒ガ岳まで)の人がいて、これにはたまげる(驚く)

ttp://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-335298.html  

④三国川ダム ⇒ さぐりがわ

これを一発で読める人は相当マニア

 

| | コメント (2)
|

2013年8月17日 (土)

▲雨乞山(沼田市)

軽いハイキングの予定が、なかなか良い雰囲気の山だったので次回用に記録を残しておく・・・pencil

---

午前中に沼田で半分仕事を済ませ、午後は以前から気になっていた里山「雨乞山(あまごい)」へ登る。山で出会ったおじさんたちが「沼田の雨乞はなかなかいいよ」と言っていたのを思い出したり・・・

◆沼田市HPより、立派なチラシに地図もあり、これを持参。

http://www.city.numata.gunma.jp/introduction/h20_amagoi.pdf

Cimg1091Cimg1098
Cimg1097

高平登山口は国道120号から結構林道を上りあげるものの、登山道そのものは至って平凡で、昔は車も入れた印象。緩やかな上り坂は山頂まで全部走れるトレイル。

山中、便所完備で15分程度で山頂に着く。コースタイムは45分とあるので頑張りすぎ。

Cimg1093Cimg1100
Cimg1102Cimg1104

山頂は開けていて、案内板あり東屋あり、祠有り、なるほど山頂はよく整備され、周辺の戸神山上州三峰山並みに庶民に親しまれた山の印象。

Cimg1111Cimg1108
Cimg1114Cimg1138

バッタもトンボも飛び、川場のSLがポッポ~と鳴ってばかりいるので、嬉しくなって誰もいない山頂で1時間寝て休む。こんなにのんびりするのは久しぶり・・・

ただ、霞んでいて展望がないのは残念。時期的に仕方ない。

Cimg1122

戸神山といい、この手の里山は冬場に軽く登るのが展望もよいのでしょう。スッキリなら富士山・南アルプスも見えるらしい。もちろん谷川連峰も。

Cimg1116Cimg1118

ホウキも置かれていて愛されているのね・・・バッタたたずむ

Cimg1126Cimg1135Cimg1125Cimg1120

ここまではよかったのだけど、下山路に白沢町下古語父(何と読むのか?)という聞いたことがない地名への周回コースを選んでみたら、案の定、ルート選定ミス。

Cimg1144Cimg1148
Cimg1147Cimg1150

急坂・藪道はまぁよしとして、川場村境に降りてしまい、望郷ラインを走って周回。

猛暑日のロードは暑くて苦しく、自販機もなく水分微妙・・・・結局暑さにやられて大きくペースダウン、汗びっしょり脱水気味で反省…トボトボと高平登山口までたどり着いて事なきを得る。

Cimg1160Cimg1161
Cimg1165Cimg1167

望郷ラインは明日は自転車イベントでかなり賑わうようです

http://blcr.jp/

Cimg1169

なかなか良い雰囲気の雨乞山、今後は初冬か春に登ってみたい。

<コース図>

<所要時間> ※途中駆けてるので参考にならず

高平登山口13:15→山頂13:30~14:20→白沢下古語父登山口14:40→望郷ライン→ビューポイント登山口15:30→高平登山口駐車場15:55

<振り返り>

①沼田名物?えだまメンチ定食を注文するも、平日限定で不可、残念

②望郷ラインは猛暑日はきついが、程よいアップダウンは練習には良さそう

③ちかくのスポットからパラグライダーがたくさん空を舞う

ティゴラの靴下は足裏に滑り止めがついていて、日常生活では好んで履いているが、急坂の下りには耐えられず、靴の中で足が動いてばかりでダメ。やっぱり山用は専門品でないとダメか。

⑤帰路は「しゃくなげの湯」から赤城北面道路を経て大沼・新坂峠経由へ。久しぶりの赤城山は草木が鬱蒼としていて、大洞には観光客もたくさん、夏真っ盛りだった。

<参考>

沼田市独自で作成の登山地図(チラシ)はなかなかよくできているネ。

http://www.city.numata.gunma.jp/introduction/tozan.html

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (2)
|

2013年8月 7日 (水)

今秋は7戦 頑張るゾ

猛暑再び到来 sad

平日休みで、家でぐったりとパソコン残務をして・・・のつもりが、暑さにやられて真昼間からエントリーの嵐がピューピュー吹いた typhoon

秋の上州7連戦の件・・・多少気になっていたこと

結局のところ、県内開催レースは交通費・宿泊費の心配がないのをいいことに、何を血迷ったのか、私用スケジュールをほとんど無視して、一挙にエントリーGOdash

★ 印が今日のエントリー それ以外は申込済み(既に締切も含む)

---

13.09.29 上州武尊スカイビュートレイル 52km 山田杯以降では2年ぶり 

13.10.05 浅間スカイマラソン 10km 二度目 標高有りなかなかの絶景  ★

13.10.26 上州太田スバルマラソン 10km 毎年「県民」の調整レース

13.11.03 ぐんま県民マラソン ハーフ21K 職場周辺でお礼行脚

13.11.10 神流マウンテンラン&ウオーク  SLP50K 今年も山系ペア◎

13.11.17 第1回榛名湖マラソン フル 群馬初フル ★ ・・・微妙だなぁ

13.11.24 上州藤岡蚕(サン)マラソン ハーフ 地元 ★ ・・・微妙だなぁ

---

「浅間スカイ」は正式には信州の部類だけど、うまいこと県境を走るので立派に上州に含めても良いでしょう。

 

「浅間スカイ」と「スバル」との間が2週間空いているので無理やり何か入れて8連戦にしようとも企んだが、まさか ↓

13.10.20 第2回高崎美スタイルマラソン ・・・オレンジ色を持てとの指示!?

にオレンジ色の服を着て並んでも、迷惑なだけで追放される(男子はNG)のが目に見えている。大会コース=練習コースなのにネ・・・heart01

 

11月は5週連続でレースで大丈夫なのか?

どんだけド○・○人なのか・・・はさておき、以前に同じラン仲間で「レースが練習だ」と豪語して強くなっっていった彼もいるので、この際追い込んでやってみたい。

でも、エントリー費がそれほど高くないのをいいことに、安易にDNSしてしまいそうな自分がいる。目を覚ませ! impact

 

で、いろいろ巡っていたら、こんなのも出てきた。

14.02.23 東京マラソン2014 ★ ・・・実は2009年に一度出場している

東京マラソンの出場可否はまだまだわからないが、せっかく秋に走り込む機会ができるとすれば、その勢いでやっぱり1月か2月にフルマラソンに挑むべきなのだろう、挑みなさい、ハイ scissors

<おまけ>

13.09.15 草木湖一周マラソン なんかもまだエントリー間に合うことを発見!

いやいや、9月まではまだまだ登山、それに武尊スカイビューの調整はロードでなくて山で励みたいのです

秋も激しくご一緒の皆さんよろしくお願いします maple

| | コメント (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »