« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

上州太田スバル★

上州太田スバルマラソンに参加、毎年恒例の4年目…runrunrunrun

2009年(10K)  2010年(10K)  2012年(10K)

太田やスバルにこれといって思い入れがあるわけではないけれど、10月末になると自然と足が向いてしまうのは、11/3の「ぐんま県民マラソン」前の調整としての10kmが都合が良いのと、朝8時スタート・10時には解散というサッパリしたスケジュールがナイス・・・に尽きない。

---

今年は武尊スカイビュートレイル(実は未だブログに載せていないcatface以降、リレーフォーライフのイベント以外は全く練習できていない、平日は帰宅時間が遅くてグッタリ。

疲労+台風を理由に「キャンセルする正当な理由ができた!」も考えるも、当日は奇跡的に6時過ぎに目覚め、布団の中で葛藤の末で、「やはり今の自分には参加することに意味がある」と決心してダーっと高速で太田入りして、8時過ぎにスタート。

北関東道開通によって太田市は近くなったな、感心感心dash

Cimg1977_2

ゼッケンとチップは事前送付済み、名簿の配布もないので知り合いのランナーとの合流もほとんどないままに、8時にはハーフのスタートを見る。

台風予報の影響でゲートやテントなどの派手な演出は見送り?今年は簡素な会場設営、それも仕方ない。

Cimg1983Cimg1994

スバルの工場敷地を回る5kmの2周は少し面白みに欠けるが、距離表示が1kmごとにあり、それをバネにして踏ん張って42分でゴール。

ぶっつけ本番の割にはまぁまぁなのでよし。

<ラップタイム備忘>  自分としては変動少ないほうでビックリ
1km 4:04
2km 4:05
3km 4:24
4km 4:14
5km 4:15
6km 4:18
7km 4:05
8km 4:27
9km 4:12
10km 3:45?→たぶん4:20 ? 今年も最後の1kmがどうも距離が変?

5kmのhotさん、ハーフの148さんとゴール前で会って情報交換弾む・・・毎年常連の人たちで頼もしい・・・good

Cimg2004

 

9時にはゴールで、あとは隣りの運動公園で行われている(はずの)太田市スポレク祭のテント村での食べ歩きが毎年の楽しみだった(はず)が、ナント台風の影響で催しは早々に中止が決定されていたsign03

(台風予報だったから仕方ない、食材の仕入れの都合もあるだろうし・・・)

帰りのシャトルバスも時間前、とぼとぼと駐車場まで歩いて帰るchick

競技場周辺の駐車場に停めなくても、離れた駐車場の混雑も少なく、往復のシャトルバスも便数多いのでかなり運営は落ち着いていて気持ちが良い太田市。スバルの業績好調に沸いているらしい。

 

<今秋の予定>

来週は県民マラソンハーフ、次週は本命の神流MR&W50K、その次榛名湖フル、その次は藤岡蚕マラソン…後者二つに出走できるのか微妙な感じ。

この秋もご一緒の方、よろしくお願いします!

| | コメント (0)
|

2013年10月25日 (金)

神流のトレラン地図!

大盛況の神流マウンテンラン&ウォーク(第5回)が半月後に迫り、今年も知る人ぞ知る、「神流町のトレラン案内地図(山の案内)」が評判らしい・・・eye

ズバリ、これですよ ↓

Kannamap_2

画像を載せてみるものの、細か過ぎてブログ可能サイズ(1MB以内)では、ほとんど意味をなさない状況で苦笑・・・

詳しく見たい方は 大会公式HP「コースマップ」  から元ファイル(8.5MB)をぜひダウンロードするか、役場から配布版(防水)を取り寄せることをお勧めします。

ちなみに、大会参加者には8月末に郵送で送られている。役場の人のご厚意に感謝!それにしても詳しすぎて何をどう活用したら良いものか・・・
                   

で、マニアすぎる地図をニヤニヤしながら眺めていると、先日の上毛新聞で見たことがある顔が!これまたマニアックな記事掲載・・・memo 

※直リンク切れを懸念して記事を転載させていただきます、恐縮

         

神流大会へコース地図作成 安全なトレランを応援
更新日時:2013年10月25日(金) AM 07:00

神流町で10日に開かれるトレイルランニング大会「第4回神流マウンテンラン&ウォーク」に向け、町などでつくる実行委員会は、コースの詳細な地図を初めて作製した。緊急時に備えて地点管理番号を付けたほか、景色の見どころも盛り込んだ。町在住で登山愛好家の医師、田中雅史さん(48)が編集した。

「町の人が温かい」「コースが魅力的」。マラソン大会情報を掲載しているポータルサイト「ランネット」には、参加者の好意的な口コミが並ぶ。インターネット申し込みが2年連続で約20分で締め切られるという、全国でも人気の大会だ。

一方、試走に来る選手が増えたことで、案内人のいない山道での安全管理が課題となっていた。「万が一に備え、場所情報を共有できる地図が必要ではないか」。登山歴35年、大会にも初回から関わっている田中さんが実行委に提案し、ほぼ1人で作り上げた。

田中さんは「日本一のトレラン地図。有効活用して大会を安全に楽しんで」と話している。問い合わせは町産業振興課(☎0274・57・2111)へ。

Tanakasan_2

 

<おまけ>

ところで、同じ上毛新聞といえば、スカイランナー松本大さんが社外論説委員を務める「視点 オピニオン21」も読み応えがある。

10月の記事は東京オリンピック決定に触れ、大さんらしい言い回しでなかなか深イイ話になっている。

◆東京五輪開催に思う

早速、切り抜いて我が家の情報掲示板(個室≒ ○所)に掲示だ、いろいろと学ぶことがたくさんあります、実際。

| | コメント (0)
|

2013年10月13日 (日)

★がん征圧イベント

10月12日~13日、日本対がん協会が主催する一大イベント「リレー・フォー・ライフジャパン2013」に参加した。

がんの征圧を目指して全国各地で開催されるイベント、群馬県では初というので、運営スタッフさんも自分たち参加者もかなり手探りの状況で開会。

◆ぐんま大会HP http://relayforlife.jp/gunma/

当日は県内の主要な病院や大学・専門学校や企業・団体など60以上が集まる。のぼりがひしめきあって、想像以上に賑わうゾ good

Cimg1783_2

目玉はグラウンド内をぐるぐる回る「24時間のウォーキング」がある。

チームで参加、1周は250メートルというから24時間で何周できるのか?これがすごく楽しみで変○の血が騒ぐheart01

1日目の昼から夕方はやる気満々でどのチームもグルグルと頑張る・・・

ゆるキャラも多数登場して渋滞になるくらいコース賑やか。ただ、北風が強くてテントや物品が飛ばされる。

Cimg1792Cimg1811
Cimg1825Cimg1856

夕方から深夜のお楽しみは「ルミナリエ(灯篭)」で、これもイベントの目玉 flair

燃えない紙袋にロウソクの火を灯すのだけど、あいにく強風で17時の点火予定が延期、深夜24時半になって見事にコースが浮き上がってきた!これは綺麗。

冷え込んだこの夜、空気が澄んで月や星もきれいだったnight なんとなく青春。

1378177_538224756256216_1059679421_Cimg1870Cimg1885

※上の写真は大会facebookより転載スミマセン

コース上に人が少なくなった深夜には走る人が結構増えてきて、それも想定内、いいペースのグループに合流して一緒に走らせてもらいながら情報交換(ラン系の・・・)。

夜中だけで20~30周くらいは走れた感触でニヤリ scissors

午前3時過ぎに力尽きて仲間に「襷」を繋いでからピットイン・・・軽く休むつもりが一度寝袋に入ったら寒くてもう出る気にならず、2、3時間の仮眠。それにしても寒かったsweat01

明け方もルミナリエきれい。

1375062_385751704890934_1660988598_Cimg1914Cimg1916

ラジオ体操・ヨーガ体操の間も襷リレーを繰り返しながら、二日目午前が順調に過ぎていく。

事業所からは車椅子の利用者さんも集まり会場でも注目を浴びて達成感ひとしお・・・寝不足も感じることなく無事に閉会式を迎え24時間のウォーキングは幕を閉じたshine

Cimg1932Cimg1945

 

<個人的周回数>

歩き50周?ラン20~30周?いやもっとか?(※意外と思っているより回っていないのかもしれない?)

計測不能の点は来年に向けて大きな課題。

→GPS時計を持って距離から計算するか、「正」の字でアナログ記録か?

仮眠+休憩時間は合算でも5時間程度なのでそれ以外は歩けたとすると、30kmくらいは歩いたか?

→だらだら歩きは足によくない、翌朝、普段のラン練習以上に疲労を感じる。でも、予想以上に良い練習だった

 

<おまけ>

①先々週の上州武尊の記録整理はまだか?・・・スミマセン think

ベスト更新どころか1時間近く遅れてのゴールは仕方ないのですが、ハイドレーションの不調、帰宅後おにぎりを洗濯で逆鱗に触れ、翌日ボールペンも洗濯して相手にされず凹むことが続いて筆が進まずで・・・catface

②先週の浅間スカイマラソン・・・まさかのDNS 武尊の疲労抜けずがっくり。そして、日課のラン練習も帰宅が遅くてしばらくお休みが続いて悪循環だ

③がん征圧に関する個人的考察はこちら(追悼)から・・・

 

とにかく、二日間参加してみてそれなりの達成感と清々しい思いがした。

「24時間」が面白くて、きっと来年も足を運んでいることでしょう。今度は高崎で開催しませんか?

また来年もがん征圧「リレー・フォー・ライフ」しましょう、そうしましょう!

| | コメント (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »