« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

秋の連戦を振り返る

自分にとってある意味チャレンジを課した「秋の上州5連戦」がとりあえず全戦に参戦して無事に終わった。

10/27 上州太田スバルマラソン 10km

11/3  ぐんま県民マラソン ハーフ

11/10 神流マウンテンラン&ウオーク ペア50km ←これは40kmDNFです

11/17 榛名湖マラソン フル

11/24 上州藤岡蚕マラソン ハーフ

もともとは9月末の「上州武尊スカイビュートレイル」からの7戦計画で鼻息荒かったはずだが、厳密には「連戦」ではないし、浅間スカイマラソンもまさかのDNSになってしまったので、この際除外して「5連戦」と考える・・・

GunmachanぐんまちゃんPhoto_2 県警キャラ上州くん 

結果的には、本命だったはずの「県民マラソン」は練習不足で苦戦、逆に、当初はダメもとで不参加もありえた「蚕マラソン」はアップダウンにもかかわらず自分としては気持ちよく走れて満足、思い残すことはない happy02

 

真面目に県民マラソンの反省を考えるなら、シューズ選択のミスで、通常はソールが薄くて軽い「ターサーアリビオ」でぺタペタ行くところを、練習不足で守りに入って、クッションのある「ニューヨークGT2000」を大会で初めて使ったら自分には重かった・・・これは後々よい経験をしたと思う。

そして、ここ1年くらいは毎日帰りが遅くて23時くらい、平日はほとんど練習やジム通いができない中で、今回の連戦の成果は意外にも後半戦に出たと実感する。

                     

となると、来秋は県民マラソンを本命にして、逆算で連戦すればよいのではないか?と本気で考えてみる。

10月のレース「上田古戦場」「千葉アクアマリンマラソン」「太田スバル」or「大町マラソン」とか、候補となる魅力的な大会は尽きず、練習を兼ねた連戦も悪くないかも・・・。

 

とりあず、次回のレース参戦は4月中旬の「甘楽町さくらマラソン(10km)」へ、その後、「安政遠足侍マラソン(峠)」を予定。

あ、「さくらマラソン」は練習というよりも単純に噂の参加賞狙いです。

 

<おまけ> 徒然・・・pencil

①肝心の山登りも「ぐんま百名山」に目途がつき、無理やり登り歩く必要がなくなったせいか、いまいち目標がない・・・ ブログ記録が薄い初期の頃の山を登り直そうかしらと。

②秋から冬、平野部から見える山々がきれい。そろそろ、「家から」シリーズをはじめたい。

家から赤城山・家から榛名山・家から妙義山(碓氷峠?)・・・

Google mapで「徒歩」でルート検索(距離確認)したりの毎日・・・(物好き)。でも、「街道歩き」系のこういうマニアはネットには結構いるのです、ex 尊敬する黄門様

本日11/27遅い夏休みで赤城に歩いて行こうとしたら帰りのバスが土日運行と知ってDNS、ホッ

冬から春に少し長めの運動を繰り返して、6月予定の四万~草津トレイルレースに備えたい(ホンネ)

③上州と言えばゆるキャラ「ぐんまちゃん」も最近有名ですが、(毒舌な身から言えば)お子さんは兎も角、いい大人が一喜一憂するのはどうか?・・・と。

特に、首長・議員さんたち、いいおじさんが各地のイベントでことあるごとに投票を呼び掛けるのはどうなの?と。「ぐんまちゃんよろしく」「たまたんよろしく」「ころとんよろしく」・・・・・・gawk

自分ですか?「ぐんまちゃん」に二票も三票も投じましたよ。3位おめでとう。

 

| | コメント (4)
|

2013年11月24日 (日)

いざ藤岡蚕マラソン!

今日は第2回上州藤岡蚕マラソンに参戦。「蚕」と書いて「サン」と読ませる粋なネーミング。

今年1月の第1回には出られなかったので、開催時期が11月に変わり、何となく勢いでエントリーしてみた。たいして迷うこともなく「ハーフ」へ。

実感としては、先週の榛名湖フルに続き、評判通りのなかなかのタフコースだった。どちらも日本陸連公認?最近の公認はどうかしている・・・

Ts3r1317_2

自宅から30分くらい、某所の実家からは10分ちょっとなのであまり緊張することもなく会場入り。上州山楽走・藤岡ゆっくり走ろう会の人たちに挨拶をしてからすぐにスタートへ。

Ts3r1314_2Ts3r1311_4734476_1446551925572009_471592059_n

~ガチ参戦のため途中の写真はなし~ 一部の写真はK戸さんから提供

コースとしては南へキムチ屋・八塩温泉街道をスタスタ往復し10km、その後は西の山間部に続く上り坂をじわりじわりと6kmくらい駆け、折り返してから最後は5kmほどガーっと激走して終わる。

折り返しが2度あったり、10km・5kmの部門と合流するので仲間に会うたびにやる気が出る。

1450082_1446552028905332_20874327571422516_1446552452238623_1773770158

自分も相変わらず練習はしていないが、上州5連戦の最終戦となると結構体も覚えていて、思いのほかペースが乱れず楽しい。

特に世界遺産に湧く「高山社」奥の山間部から、後半5kmの下りでは「ランナーズハイ」になって気持ちが良く走れた。「人を抜く楽しさ」も久しぶりに味わう。

結果は最後もペースアップして1:38で無事にゴール。スタート前に「ベストより5分くらい加算程度」と聞いていたのでなるほどそんな感じ。でも楽しかった。

Ts3r1324_2

そして、山楽走の新月姉さん・U込さんたちは1位・2位独占、ゆっくり走ろう会のベテランさんたちも貫禄の表彰台入りでさすがでした。

1477657_1446552885571913_739480344_1455048_1446552312238637_2120783793

写真はK戸さんから(右はぐんまちゃん夫妻・・・)

遠路参加のオレンジ組春日部さんは1:20ちょっとで見事総合10位なのに、部門別も10位(選手層が厚い年代)で入賞漏れちょっと不運。でも堅実な走りは素晴らしかった。

Ts3r1328_2

表彰台イメージ=たかやんさんも10kmで入賞おめでとうございます


そして、応援に来てくれた熱血おじさん(今日も夜勤明け)も秋風に吹かれて声援に力が入った様子。山楽走夫妻・K戸さん・Hiromi先生ほか応援にも感謝!

Ts3r1333_3Ts3r1336_2

「おじさん先週榛名にもいたよね?」「いつも応援ありがとう」と逆に声をかけてもらえるらしい。

<適当にラップタイム備忘>

1-5km 22'30
5-10km 24'00 
10-15km 27'00 上り坂
15-20km 21:30くらい
20km- 4:10くらい

<振り返り>

①第1回大会が雪で大変だった反省から、駐車場の確保・誘導、コース管理・進行MC・物産即売・・・結構組織立って安定している印象。自分的にはポイント高い。

②母校の中学校のジャージが変わっていないのには驚く…もう20年?25年?先生方、何とかならないものか・・・。

③蚕マラソンで今年のレースは終わり、来春の「甘楽小幡さくらマラソン」「安政遠足侍マラソン」あたりまでしばらく冬眠します。山遊びは休みません、楽しむ勇気を!

次回、「連戦を終えて」につづく(見込み)

| | コメント (1)
|

2013年11月17日 (日)

いざ榛名湖マラソン!

まだ整理できていない記事(9/29上州武尊スカイと11/10神流MR&W)は近日中にアップ予定です

あ、安政遠足2013 と 富士山頂結婚式(自分ではなく) も念頭にはあるのですが・・・

---

上州5連戦の4戦目「第1回榛名湖マラソン(フル)」に参加。

先週の神流マウンテンラン&ウオーク以降しばらく大腿筋の疲労が少し残っていて、本当にフルを走れるのか?平日は忙しくて相変わらず全く練習していないので、前日までちょっとビビる sweat01

7時半前に前橋を出て、高崎からマイナーな箕郷線で1時間弱、榛名湖へ。標高が高くてやはり肌寒い。霜や雪での路面凍結がなくて良かった rvcar

Cimg2219Cimg2253

天気は良さそう。広場の会場の出店で賑わう。

地域買い物券1,000円分を早速「高崎・ハム」のお買得セットで消費して終わり。(ハムを車内に放置して大丈夫だったろうか?)

 

準備しているうちに9時を過ぎ、9時30分にロープウェイ山麓駅前からスタート、てっきり東に向かうものと思っていたらいきなり西に出発してその後ももう一度スタート地点に戻ってきたりでビックリ eye

~結構ガチレースのため途中の撮影なし~

坂道アップダウンありの湖畔外周5周というコース、モチベーションが上がらない状況の中で、とりあえず完走を目標として4:00としてみた。

できれば全部走りきりたい。ただ、ヤセオネ峠に向かう直線ロードの上り坂はメロディラインのゆるい音色(カッコウカッコウカッコウカッコウ♪)にペースを乱されたりして心折れやすい・・・sad

結果的にはほぼ予定通り4:01でゴールでき、可もなく不可もなく、全く練習していない割には連戦=練習の成果が出た感じ。

Cimg2233Cimg2238

前半は5分~5分半/kmペースで中間点までいき、目標のサブ4を視野に入れながら、途中の便所タイムとラスト2周で失速して結局上りで歩いたり、エイドでカレーもりもり食べたりしたのが悔やまれる riceball

予定より1分オーバーというところに自分の弱さが現れるいつもの展開でした…(対して反省もせず)

Cimg2235

ナカヨさんも二日酔いのなかで好走、そして、仲間の久美さんは年代3位、60歳代黄門様も2位ですごいscissors

Cimg2242Cimg2264

<ラップタイム> ※備忘として記録、後半恥ずかしい

0-5km 26.12 5.14/km
5-10km 24.57 4.59/km
10-15km 25.40 5.08/lm
15-20km 26.24 5.16/km  中間点1:50
20-25km 27.27 5.29/km
25-30km 30.36 6.07/km
30-35km 31.46 6.21/km
35-40km 35.39 7.07/km
40-42km 12.14 6.07/km
↑う~ん、いつもながら後半の粘りが課題だ

<おまけと感想>

①夜勤明け応援の熱血おじさんは相変わらず元気でスタート直後から5回の応援に力がが入る。あまりの熱の入れように、ゴール後たくさんの選手からお礼の言葉をかけられていて思わず笑う・・・周回レースだから応援者もそれなりに楽しめるみたい。

Cimg2265Cimg2250Cimg2247Cimg2257_2

ともに初対面の方々・・・千葉の方は携帯電池切れのためこちらに写真掲載でシェアします

②群馬県初(正式には23年ぶりらしい・・・)のフルマラソン開催に息巻く高崎市、対抗する前橋市は一足遅れて「前橋渋川マラソン」の開催を決めた。

榛名湖大会はコースとしては正直イマイチですが、この時期の榛名は気候も良く、薄着でも気持ちよく走れた。上りのあとに必ず下りもあるので、足腰を鍛えるには悪くないかもしれない。

交通規制はいろいろ調整難しい・・・マラソン開催日を知らないでドライブに訪れた人たちが交通規制に困惑している姿をあちこちで見る。

④実はフルマラソンは7戦目で、これまでワーストは3:51だったから10分超過は痛い。ただ、コース状況が特殊なだけに、通常のフルマラソンの「+10~20分」と考えてもよいのか?(勝手な見解)

⑤榛名山と言えば、トレイルランニングの練習で全山縦走のことが記憶に新しい。スルス岩と居鞍岳以外は踏めたと思う。落ち着いたらまた行きたい。

【参考】 榛名山全山縦走だ! 2011.6.4

そして、上州5連戦は来週11/24(日)「上州藤岡蚕(Sun)マラソン」へ続く・・・

※熱血おじさんは来週も夜勤明けで応援直行予定です、お楽しみに motorsports

Cimg2268

この応援看板の角が人に当たって危ないんじゃないかと?指摘もあったり・・・でもこれだけは譲れないそうです。裏返すと「選手の皆さん頑張れ!」と、応援も公平デス

| | コメント (2)
|

2013年11月 6日 (水)

神流応援のススメ③

神流マウンテンラン&ウオークまで3日あまり・・・sweat01

神流ネタで過去ログから引っ張り出した「応援の勧め」・・・・・・元ネタは2011年11月で、写真はその前の年の2010年のものが多い。

ある意味、とても懐かしいので興味のある方はどうぞお楽しみ下さい cat

こんなこと言って、昨年2012年の繰り返し・・・・

 

----------ここから引用------------

トレイルランニング界では噂のレースだけに、7月1日のエントリー当日に数時間で定員に達してしまったことを心に留めて、走れない人の分まで楽しんで頑張りましょう、そうしましょう!

そこで、申し込みできなかった人への応援プランをちょこっと紹介。

Kanna2010_147

真剣勝負で一瞬で駆け抜けていってしまうロードレースよりも、比較的爽やかなランナーが多く、タイムをあまり意識しないゆるいトレランレースは応援がかなり楽しかったりする。

◆例えばこんな感じ→ 神流MR&W(応援)

神流のコースはプロデューサーの鏑木さんのお言葉のとおり、家族・友人・その他観戦者もとても応援しやすいコースになっていて、(車で)要所要所に先回りできるので、非常に効率的。

<コース概要> ※公式HPから許可を得たつもりで2012版転載 詳細はサイト参照

4throotmapl


<主な観戦ポイント> ※ほとんどロングの5~7.5h Goal選手対象・・・

◆スーパーロングスタートを見る 6:00 ※あたりはまだ暗い 

物好きなスーパーな人たちは暗闇の中、「逆方向」に走っていくので、朝早いし、応援したい人はまぁご自由に・・・かな?

Kanna2010_004Kanna2010_008

◆スタート 6:45~7:05 ※なかなかの賑わい ビデオ撮影も◎

スタートの盛り上がりはすごい。坂道を下るので前方から見応え十分。脇にいる鏑木さんにも注目。そして最後尾集団(≒オレンジ組)の余裕ぶりも見所だろう。

Kanna2010_035

◆役場前メインストリート 7:10~7:30 

神流町のメインストリートを選手が駆け抜けるところ。神流町の人口の過半数が集結したかのような沿道の応援は心温かい。

ちなみに、ロングがほとんど通り過ぎた7:35くらいには6:00にスタートして父不見山10kmを巡ってきたスーパーロングのトップ選手が通過してくるのでここまで待ちたい・・・

Kanna2010_104Kanna2010_120

◆みかぼスーパー林道出合い 8:00~9:20

若御子ルートから山に入った選手が再びロードに現れるところ。桐ノ城山入口もいいが、スーパー林道丁字路のほうが駐車スペースあり観戦しやすい。

それに、ここの丁字路は西御荷鉾山へ登って下りてきた選手も応援できるため二度声援送れるのよ。これはコースを選定した方に拍手だ!西御荷鉾登山口(第1関門)で応援するとこれができない。

約10kmのこのあたりになると、選手間のタイム差が広がってくるので応援しにくくなる。対象をトップ陣とするか、一定のペースの対象者に絞るか・・・。

ちなみに、スーパーロングのトップ(昨年は横山さん&大さん)は着実にペースを上げてくるのでちょうど応援対象になった。

Kanna2010_153Kanna2010_210

◆その後は①塩沢峠②みかぼスーパー林道沿い③みかぼ森林公園あたり  9:30~10:20

選手間のタイム差がますます開くため、さらに中間点を設定すると、トップを追うことは難しくなる。(トップだけを追うなら、通過後、早めに早めに先回りするに限る。)

他の選手はオドケ山・古峠と二度山に入り、その後はしばらく林道を走るので都合良い場所で応援する。

手っ取り早いのはエイド&第二関門「みかぼ森林公園」だが、選手が歩いているダート林道を車で行ったり来たりするのが少しためらわれる・・・

Kanna2010_254Kanna2010_252

◆マイナー ④持倉 ⑤安取峠 ※基本自粛 10:40~13:20

なかなか山深い観戦ポイントとして二箇所あるが、車道アクセス困難+駐車スペース不足のため基本的には自粛が望ましいか・・・(と思う)。

しかも、持倉は車道遠回りなので時間がかかるので大会当日は厳しい・・・。

昨年は安取峠でサプライズ応援したが、ミドルスタート地点の栗木平から通じるダート林道は意外とタフで四駆車でもなかなか難儀した。※トレラン練習でよさそう。

Kanna2010_296Kanna2010_347

◆ゴール地点  13:45~最終ゴール16:00

普通の選手は安取峠から60分~80分でゴールしてくると思われる。対象選手の通過後、先回りしてゴールへ向かいたい。

Kanna2010_361_2

◆表彰式 記念撮影

ものすごくアットホームな表彰式・・・そして記念撮影。これも楽しい。

8f26d4c8_2

<おまけ>

①ミドル選手は9時に栗木平スタート後、応援者は「みかぼ森林公園」まで先回りして「東電鉄塔」まで林道を10分くらい歩いてコースに出る(はず)。結構忙しいか?ロング選手も通過するので見られる。

②翻って、スーパーロングはというと・・・基本的にロングが一段落した後にやってくるので、応援も下火になった頃・・・意外と声援少ない?(特に後半)。スーパーは人は勝手気ままな人が多そうなのでこれはこれでいいか。

そんなこんなで、神流もファイトだ!

| | コメント (0)
|

2013年11月 3日 (日)

あゝ県民マラソン・・・

「最近、めっきりブログ更新が少なくなりましたね・・・」というお言葉をたくさんいただき、誠に恐縮デス。

そして、11月になったのでブログ背景を「暖色」に切り替えて気を紛らわす作戦に出るshadow

---

11/3(日)は毎年恒例の「ぐんま県民マラソン」に参加。2007年の初出場、人生初レース以来6回目か?

2012年 2011年(実はDNS) 2010年  2009年  2008年  2007年

 

Cimg2018

群馬県庁付近~国道17号(高前バイパス)や高崎市街を通るコースは元旦の実業団駅伝コースだし、自分の職域でもあるので、いざ自分の足で走るとなるとなかなか感慨深い・・・(のに)。

コース下見なら毎日走っている(車で)から自信があった・・・(のに)down

中間点までは46分くらいで、いつものペースで普段お世話になっている知り合いの声援にもあちこちで応えて愛想良かった・・・(のに)。

熱血おじさんも井野川付近で激しく応援してくれた・・・(のに) sweat01

 

それなりに気合を入れて臨む予定だった今年の「県民」は、集中力が途切れた13km付近で急に足が重くなって周囲を見る余裕もなく、左足ふくらはぎ痛になって歩く寸前…300人くらい抜かれる。

県庁付近では後ろから来た うるさい元気な犬(けんけん)に抜かれて一気にテンションが下がり、今年ばかりは県庁で合流してくる10kmランナーとの併走に悩まされることなく、むしろ、ここぞとばかりに引き込まれてさらにペースダウンしたり・・・ wobbly

 

で、結果、昨年より12分も遅れて意識朦朧とゴール、タイム 1:46で、順位も500番ぐらい落として、700番ちょっと。

「あともう少し頑張れば700位でラッキー賞だったじゃない!」とのご指摘にも、「むしろ90人くらい抜かれて800番の方が近かった気がするのよ」・・・という超マイナスな発言をする自分。

 

なんとも残念な結果にガックリ…。                   

この苦境からなんとか「前向き思考」に切り替えられないかと帰りの駐車場までトボトボと考えたみたけれど、ランニング戦略よりも、まずは生活改善(食生活や睡眠とか)が急務です。いい加減、諸々見直さないとダメみたい。

 

<おまけ>

①今年は出場者数の増加か?単に寝坊か?「駐車場」がなかった。6:40過ぎで敷島公園付近は早々に諦めて、対岸の河川敷(幸始園ゲートボール場)あたりの広いグラウンドにいったら数台前でまさかの満車・・・

結局、グリーンドームも心配になって、県庁脇でPして歩いた。

②朝の(も)エネルギー不足。昨年好調だったエネルギー飲料は今年のブースには売っておらず、朝からエネルギーを求めてさまよい歩く。甲斐無く、未摂取のまま。

③ふくらはぎの痛みは致命的・・・靴が合わないのか?ストレッチ不足なのか?スタミナか?原因を探ってなるべく対処したい

④「あゝ」と名のつくブログ記事はその後の展開が大体読めている・・・

あゝ大田原マラソン あゝ河口湖マラソン あゝ神流MR&W  

あゝ館山若潮マラソン  あゝはるな梅マラソン

「あゝ」ばかりが続くレース展開はいい加減オサラバしたい、しなくてはいけない!

 

| | コメント (0)
|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »