« ニューイヤー応援だ! | トップページ | 椎坂トンネル紀行にて »

2014年1月 3日 (金)

お正月☆碓氷峠ラン

お正月、2014年最初の走り初めは、もう毎年恒例、旧碓氷峠で「安政遠足侍マラソン」の練習を兼ねて熊野神社参拝する。

箱根駅伝母校の健闘を願掛けして、毎年1月3日にラジオ持参で単独行7年目・・・(よくやるなぁ・・・優勝に絡まなくなったらやめようかしらと・・・)

2013年 2012年(坂本~熊野神社~霧積周回) 2011年   2010年   2009年

Cimg3115

 

このコースの様子は詳しく書かなくても過去参照でよしとしましょう・・・

(過去の記録にはかなり細かい記載があります)

Cimg3041Cimg3055Cimg3099Cimg3110

 

今年は雪が多くて、山中のトレイルも半分以上は雪道、静かで誰にも会わず、前方から小さいイノシシが突進してきたりして楽しい。

そして、なにやら前方に視線を感じたと思ったら・・・・・・おっ!

ヒサヒブリニ キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

こういう顔文字は軽蔑して使いたくはないのですが・・・ネ

Cimg3059

 二頭もいますよ、カモシカ   カワイイ==!!! .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

Cimg3058_2

距離的には結構離れているけどジッーっと見つめる二人(頭)

Cimg3060_2Cimg3072  

雪上にはほかにも獣の足跡が無数で、冬の低山雪山の楽しみはこんなところにある。

雪で例年より時間がかかって、東洋大のゴールと同時に熊野神社に到着。境内で趣味の「足腰お守り」を買って、馴染みのお店で力餅ミックスをいただく。

Cimg3117Cimg3120Cimg3134

見晴台からの浅間山も見事な雪景色。今日も天気よく、ランニングも気持ち良い

Cimg3140Cimg3141

久しぶりの練習再開で走り足らないので、今日の復路(駅伝の話ではなくて)は侍コースではなくて、見晴台から別荘地~碓氷旧道~熊ノ平駅~めがね橋~アプトの道で峠の湯に戻った。

【参考】 碓氷峠越え(国道) 2012.9.9 ← このコースの逆パターン

Cimg3154_2Cimg3162Cimg3178Cimg3169

昨年7月末に「峠の湯」の火災が発生、3棟の建物のうち、火災現場中央も建物はそのまま、営業も依然休館中で残念。春には火災があった部分を取り壊して復旧を目指すらしい。

Cimg3023_2Cimg3027

<所要時間>

坂本「峠の湯」※火災休館中11:25→熊野神社・力餅13:20~14:00→アプトの道→峠の湯15:35

<おまけ>

①箱根駅伝、東洋大学総合優勝おめでとう。思えば、柏原君が1年で「山の神」発揮の年から始めて、草食系の設楽兄弟が入学してきてなかなかの好走、主力が卒業しても連覇が7年も続くところに選手層の厚さを見る。そして、たぶん来年正月も碓氷峠願掛けランがほぼ決定・・・今度は服部兄弟にきたいかな、頼もしい。

②碓氷峠のカモシカは2度目。安政遠足本番を含めると20回くらいは登っているが猿はともかく、カモシカは極めて少ない。場所は前回と同じで、山中茶屋手前のV字上りがだんだん緩やかになるあたり。雪上にカモシカ足跡多いので生息はそれなりにある模様。

③熊野神社にてミックス力餅旨い。復路、坂本浄水場あたりで本家玉屋ドライブインにて土産用の箱詰め(あんこのみ)を購入。

④峠の湯問題は切実。近所の人の話によると、県外からの観光客がいまでもたくさん寄るらしく、早めの再建望まれる。温泉の泉質も悪くない(と評判・らしい)が、今年の侍マラソンには間に合いそうにない。

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。
エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。
気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74

|
|

« ニューイヤー応援だ! | トップページ | 椎坂トンネル紀行にて »

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

正月早々の碓氷峠ですか、なかなかいいですね!
私も恒例の岩木山詣ででした。
http://hocke.cocolog-nifty.com/hocke/2014/01/post-a658.html#comments

投稿: Hocke | 2014年1月 6日 (月) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューイヤー応援だ! | トップページ | 椎坂トンネル紀行にて »