« ★鍋割山で熊に遇う! | トップページ | 神流MR&W 抽選結果 »

2014年7月10日 (木)

百名山一筆書き②

本来はテレビは見ない派(録って見るタイプ)ですが・・・最近はダラダラとTV流す日もあり…あまり良くないな tv

---            

ところで、最近、NHKの日本百名山が熱い。

アドベンチャーレーサーの田中陽希さんの「歩いて日本百名山を踏破する」という企画、今年4月から九州からのスタートしてきたのは知っていたけど、これまで順調に登頂を重ねて南・北アルプスも経て、群馬にも入ったぞ!fuji

 

『グレートトラバース』 ~日本百名山一筆書き踏破~

第2集 7月12日(土)午後7時から午後8時29分

「紀伊半島・大峰山から南アルプス・北岳」

http://www.nhk.or.jp/greattraverse/  ↓の報道用資料もわかりやすい

http://www9.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2014/04/008.pdf

Pic_profile01

名著として名高い深田久弥の「日本百名山」が1964年に出版されてから、ちょうど50年。日本を代表するアドベンチャーレーサー、田中陽希(タナカヨウキ・30)が、前人未踏の挑戦を始めた。4月1日に屋久島の宮之浦岳をスタートし、10月下旬に北海道利尻島の利尻山まで、210日(7か月)以内で、全ての「日本百名山」を踏破するというのだ。この壮大なチャレンジが5月24日(第1回放送)から、5回シリーズでNHK BSスペシャルにてシリーズ放送される。 移動手段は、交通機関を一切使わず、自分の脚とカヤックだけ。移動距離は実に7,800km、累積標高は100,000mにのぼる。 番組では、登山愛好家なら誰もが夢見る「百名山を一気に歩き切る」夢の挑戦に密着しながら、山の魅力だけでなく、旅の行程で出会った登山者や市井の人々との触れ合いや、訪れた土地やその季節ならではの食や風景も取り混ぜていくことで、改めて「山国日本」の豊かな自然と四季のうつろいを、歩く目線から見つめ直す。さらに、アルプス縦断レース(TJAR)などでも活躍したトップアスリートがハンディカメラを持つ「アスリートカメラマン」らが、田中を徹底して密着取材。また、田中自身も小型ムービーカメラを持って、210日間の挑戦を収録。

----------------------------------

こちら↓の公式サイトでは行程や日記も見ることができてなかなか参考になる。Twitter・Facebookも充実しているmobilephone

http://www.greattraverse.com/

Logo_header

 

さて、四阿山を雨の中を登り、ちょうど50座目は浅間山、そして、いよいよ本拠地群馬の赤城・谷川・日光白根・皇海山・・・などに続くのかと思いきや、再度長野県に戻ってしばらくは山梨・埼玉方面へと回る様子。

で、そうこうしているうちに、再度群馬に入るのが7/23頃のようだ。赤城・谷川・・・・・ネットで得られる情報を頼りに応援するのも面白いかもしれない。

平日になる可能性が高いけど、日程を見て探してみようか?せめて、歩いている姿だけでも面白いかもしれない。

きっと自分にとっても面白い旅になる・・・good

 

<おまけ>

第三集は8月2日の放送、第四集・第五集へと続く。第一集は本放送・再放送と終了してしまったけど、この手のシリーズは必ず再放送がある。

カメラマンは田中正人さんはじめ、そうそうたるメンバーらしい。歩くご本人もさることながら、サポートスタッフにも脱帽。

自分はテレビを見ていることくらいしかできないけど、ブログやFBを通じて、多少PRできればいいかな・・・と思います、頑張ってください。

http://www.greattraverse.com/support.html#Sns

 

|
|

« ★鍋割山で熊に遇う! | トップページ | 神流MR&W 抽選結果 »

山の参考書・映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★鍋割山で熊に遇う! | トップページ | 神流MR&W 抽選結果 »