« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月24日 (日)

雲取山原三角測點

8/17(日)~18(月)、新潟県境の丹後山・大水上山へ1泊計画するも、日曜日が雨予報で延期となり、残念。大詰めを迎えた「ぐんま百名山」巡りもなかなか進まない・・・。

今日は気を取り直して晴れていそうな山域を調べて南へ…

筑波?丹沢?富士山?・・・と思いめぐらして、最終的に東京で唯一の百名山「雲取山(2017m)」へ。

熱血おじさんも未踏とのことで丁度よい。自分は5年ぶり=前回はデジカメを無くした思い出の山。

【参考】 三峰神社から雲取山 2009.11.6

朝7時に三峰神社駐車場からスタート。自分は相変わらず睡眠不足、出足不調は毎度のこと。ガスが立ち込めるが思ったより展望あり、山頂からの富士山も期待、夢弾む。

Cimg6353_2

三峰神社からの往復は片道10.7km、天気もちょうど良くて涼しい。

Cimg6362Cimg6359Cimg6357_2Cimg6369

霧藻ヶ峰(秩父宮レリーフ)まではウオーミングアップ。ここまで来ると展望もあって両神山~雁坂峠方面まで見渡せる。虹も出ていた。

Cimg6379Cimg6382Cimg6373

お清平・前白岩・白岩山・芋ノ木ドッケ(鹿)・雲取山荘と順調に進む。林間で展望は少ない。白岩山への登りがネックになるが、それ以外は概ねなだらか・・・。

お清平あたりは残雪期に登ったことがあり、懐かしいところだった。

【参考】 三峰神社から大血川林道 2010.4.16

Cimg6398Cimg6400Cimg6422Cimg6503

400人収容の雲取山荘までくれば山頂も近い。

Cimg6433Cimg6434Cimg6487Cimg6489

平日のためか、天気が良くないためか、途中ですれ違うハイカーもそれほど多くなかった感じ。

Cimg6444

雲取山荘からもうひと踏ん張りして、10時45分に山頂に建つ。3時間45分はまずまずのペース。天気も支えられて良い練習になった。

期待していた富士山展望は・・・・ガスに隠れて見えず!これは非常に残念。

Cimg6448Cimg6482

カメラのレンズが汚れているように見えるのは「とんぼ」の仕業ですよ!

Cimg6467

少し東の尾根に行って、避難小屋と奥多摩方面の縦走路を眺めると、ガスが上がったり晴れたりでよい展望。富士山が見られたらもっとよいのに・・・。

Cimg6458Cimg6460

昼食休憩30分のあと、お目当ての「原三角点」を目に焼き付ける。

明治初期の遺物、現存するのは白髪岩(群馬県神流町)と米山(新潟)とここ雲取山の3か所(らしい)で、マニアには有名・・・。

【参考】 白髪岩原三角測點 2011.5.9

Cimg6470Cimg6479Cimg6452

山頂の位置図を調べずに来たので、原三角点が見つからなかったらどうしようかと一瞬思ったりしたけど、それは杞憂・・・

↓のようにわかりやすい個所に説明碑と一緒に存在感十分だった。レンズが汚れているようにみえるのは「蜻蛉」ですよ。

Cimg6469

11時半、三峰神社に向けて下山する。基本的には高度差-1,000M、10kmの稜線下りなので快調に進み、花や鹿の写真を撮りながら進む。

シラヒゲソウきれい、鹿かわいいが・・・・多くて微妙

Cimg6493Cimg6505Cimg6508

午後2時過ぎに無事に駐車場に戻り、三峰神社参拝と興雲閣入浴で疲れを癒してお疲れ様となる。

Cimg6521Cimg6525Cimg6532_2Cimg6533

いつもお世話になっている三峰の神様、最近は超パワースポットとしてマスコミ紹介の機会が多いらしい。

二瀬ダム脇に新しい道が走り、名物の隧道が廃止されて1年、便利になったものの、大雪・大雨による付近の車道の崩落が多いのは相変わらず・・・自然の力は厳しい。

Cimg6539

<所要時間> 自分用備忘

三峰神社駐車場7:05→霧藻ケ峰8:00→お清平8:20→前白岩山9:00→白岩山9:30→芋ノ木ドッケ9:40→雲取山荘10:30-35→山頂10:45-11:20→雲取山荘11:40→前白岩山12:50→霧藻ケ峰13:25→三峰神社14:05

<おまけ>

①何度行ってもこのコースは適度なアップダウンで練習には非常に良いコース。しかし、エスケープルートはないので進むか戻るか・・・気を付けて。

②白岩山あたりは例のごとく鹿が多くて人に慣れている。近づいてくる鹿・・・。

③再来週は雁坂峠クリスタルトレイルがあり、同じような山の雰囲気で楽しみです。

→と言っていたら、驚いたことにクリスタルトレイルは急きょ中止になった!楽しみにしていただけに、残念。まぁ、こういうこともある。

④それにしても、丹後山と大水上山の「ぐんま百名山」二座は今年中に行きたいと思っているのですが・・・あと残り、平が岳・景鶴山は来年か・・・

 

---

この記事は個人的な山行・ランニング記録としてまとめています。特にコースタイムやルート状況の記載には個人差や主観がかなり含まれますのであまり参考になりません。

エスケープルートの確認、最低一晩は夜をこせる装備(衣類・ヘッドランプ・食料ほか)の持参が必要な山が多く含まれています。

気象条件や目的・個人の力量・経験にあわせて必ずご自身で綿密な計画を立ててください。最近、ネット情報に頼りすぎて遭難に至るケースが増えているようです。(『山で死んではいけない』74ページ,山と渓谷社,2009.9)

| | コメント (1)
|

2014年8月22日 (金)

雁坂クリスタルは中止

ネットで急に「中止」 sign02 の情報が入り、翌日にはスポーツエイドジャパンより丁寧なメール便が届いて確実となった・・・。

8/31(日)に参加予定だった「第2回雁坂2000m級稜線クリスタルトレイルラン22km」は、「予期もしない問題発生のため」中止、残念!!

先日、ホームページにもようやく掲載されていたので、自分も問題提起として少し転載させていただきましょう、そうしましょう。

詳細はこちら(リンク:PDF)のとおり。リンク切れに備えてJPEGを下記に載せます(無断で転載失礼します)sweat01

140819message_02_2

これ読むと、現地の山の許可・理解が得られなくなっている現状・・・

雁坂の大会には一度も出たことがないので、これまでがどうだったのか言える立場になく、自分としては残念なばかり。

それにしても、参加費の扱いについて、それなりに事前費用がかかっているにもかかわらず、 「①全額返金 / ②ウォークの部参加と相殺精算 / ③他の主催大会参加費に充当可能」などの対応は素晴らしいと思う。

山を愛する人たち、大会運営経験豊かな団体、ナイスな対応に感謝。

旧大滝村・三峰神社をはじめ、奥秩父には頻繁に出掛けるので、近いうち、大会とは別に「雁坂峠越え」をのんびり楽しみたい。秋の紅葉だな・・・ maple

 

<おまけのような「本題」>

実は、例のTBS「噂の東京マガジン」のように、トレイルランニングとか山をよく分かっていない人がたいした取材をせずに、「反トレイルランニング」を煽ってしまうのも問題。

【青梅市トライアスロン協会】 TBS「噂の!東京マガジン」に苦言を呈す

http://www.kfctriathlon.jp/html/reports_2014_TBS.html

自分も番組を見ましたが、あの程度のレポート構成は、最初から反対ありき・・・スタジオタレントのコメントもただの庶民感覚に過ぎない。

 

本気の討論はこっち(下のリンク)のほうが真剣で読み応えある。山西哲郎先生が登場して、思想家ルソーを掲げて反論している、いいぞぉ!fuji

【産経ニュース:金曜討論】 トレイルランに指針 「踏み荒らしの発生も危惧」「やめろと言うのはおかしい」 浦添嘉徳、山西哲郎両氏が激論

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140207/trd14020713460012-n2.htm   

 

---

先日も朝のNHKニュースで雲取山にトレイルランニングに出掛けた単独女性が遭難のニュース(※翌日無事下山)があり、「トレイル」名指しの流れが多い。

非難の対象にならないように、楽しく安全に行きましょう、そうしましょう!

| | コメント (2)
|

2014年8月14日 (木)

一筆書き 再々放送★

先日赤城山で声援を送った田中陽希さんの百名山一筆書きの企画・・・
 
【参考】 赤城山で陽希さん応援  2014.7.27
 
あの後、皇海山→男体山→日光白根→武尊山と調子よく巡って、第二(第三だったかな?)の故郷、みなかみ町に戻ってきて数日間じっくりと休養した模様・・・。
 
次の谷川岳に向けて慎重に様子をうかがっていた様子、公式サイトやFacebookで動向を気にしていたファンは少しやきもき?ひやひや?してしまった・・・
 
みなかみでゆっくり休めたみたいで何よりですね。
 
NHKで来週再放送もあるので、1~3回、見逃した方にはおすすめしたい特番です、どうぞ!
 
-----------以下、サイトより引用失礼-------------
 
いつも応援ありがとうございます。
 
来週、8月18・19・20日 NHK BSプレミアム PM11:45~ 三夜連続で「グレートトラバース 日本百名山一筆書き踏破」の再放送がございます。
 
見逃してしまった方やもう一度見てみたい!という皆様、 遅い時間ではございますが、ご覧ください。 詳しくはNHKのサイトよりご確認いただけます。
 

20140831_nhk
-----------------------------------------------
 
春以降、徐々に知名度もアップして、山々で待つハイカーも多いみたい。が、差し入れとかには気をつかっている様子、ファンも気を付けたい点 ↓
 
 
東北・北海道へ残り20座、山よりも平野部の移動距離が長くなりたいへんそう。最後の利尻岳まで応援しています!     
 

| | コメント (2)
|

2014年8月10日 (日)

県庁 ぐんま山フェスタ

8/8(金)から8/10(日)まで開催の「ぐんま山フェスタ2014」・・・
 
「8/11=山の日」制定に向けてのイベント?(たぶん)、群馬県庁1階の県民ホールに昼過ぎから出かけてみた。
 
Cimg6306
 
ちょうど13時からは埼玉の高校教諭の方の講演があって、それによれば、山イベントがこんなかたちで開ける群馬県は恵まれている…との話。
 
要は、山に囲まれて、登山やハイキングに親しみやすい県は意外と少ないとか。
 
Cimg6293Cimg6301
 
なるほど、各市町村のブースには一般的なハイキングマップがたくさんあって、ぐんま百名山ほかマニアな里山情報を集めてみた。
 
「これから登山を始めたい人向けのイベント」ということもあって、登山用具店の店頭のようなコアな情報は少ないが、中之条や片品・南牧・上野村など地味な山のハイキングマップも入手。
 
Cimg6298
 
なかでも神流町はトレイルランニングコースもあって、少し異色、ニヤリ。観光マップよりも雑誌を多く並べるという手法・・・だ。 
 
見たことがあるトレラン雑誌もある!
 
Cimg6291Cimg6289
 
30分くらいでホールを離れて、2階の県民センターで書籍やチラシを覗いて、一応、32階展望ホールにあがる。
 
台風の様子と利根川を定点観測。今朝、台風の余波でかなり雨が降っていた割には水量変わらず・・・
 
Cimg6313
 
 
マイマウンテン赤城山は台風の雨雲の中…出掛けられなかったけどたまにはこんな日もあるね、また今後。
 
Cimg6309
 
 
<おまけ>
 
群馬県庁はあのK木さんの元の職場(トレーニング地)ということもあり、「聖地」とも言われる?スポット。(※現在は階段練習は歓迎されません)
 
山フェスタにかぎらず、山系情報の宝庫・群馬県庁は一度はおススメです。
 
【参考】 続・情報の宝庫★県庁 2014.2.9 
 

| | コメント (0)
|

2014年8月 9日 (土)

日本ニ百名山リスト

ふと思い立って、ブログの右サイドバーに「日本ニ百名山」のリストをまとめて、自分が登ったことがある山にリンクをはってみた fuji

◆日本ニ百名山リスト by 山系ENJOY

 

日本二百名山(にほんにひゃくめいざん)とは、深田久弥のファン組織「深田クラブ」によって、クラブ創立10周年を記念して1984年(昭和59年)に選定された日本の代表的な200の山である。

深田久弥が選んだ日本百名山に100の山を加えたものとなっている。※ウィキペディアより

 

これを見ると、仙ノ倉山・荒船山・白砂山・浅間隠山・妙義・榛名・武甲山など、「これでもか!」というくらい関東近県(=都心からのアクセス適地)が多いのがわかる。

そして、佐武流山や鳥甲山・守門・八海山など、山で会うおじさんたちに聞くと出てくる名前(=地味な名山)も多い。まだまだ登ってみたいところが多い。

 

こんな形でリスト化して自分に課題を課すと、行先選びがしやすいのは実証済み・・・貪欲に歩いていきましょう、そうしましょう。

↓上毛かるた 【の】 のぼるはるなのきゃんぷむら 登る榛名のキャンプ村

Haruna2011_401

 

<おまけ>

ちなみに、同じく右サイドバーのリストは自分用に意識して整理しているので興味がある人には便利かもしれない

特に「ぐんま百名山リスト」と「群馬県の山一覧リスト」は順調、完踏近し。

意外と進まないのが「日本百名山リスト」ですが、これは1泊・2泊の休暇が必要だったりするから今のところ進まないのは仕方ない。

トレイルランニング・マラソン系でおすすめなのは「出場(予定)レース一覧」・・・こちらも自分用で、「よくも毎月毎月出場して飽きないな」と感心する。他人に戦績が一目瞭然、ちょっと気恥ずかしい面もあるが気にしないで・・・

また宜しくお願いします!

 

| | コメント (0)
|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »